「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

MPL  ♦︎ ワイドテーパードパンツ

ここ数日、ファスナー付きのパンツに挑戦して、ウッキウキ状態のわたくし。
ならば・・・と、Mパターンさんにも手を出すことにしました。

が。
ファスナー付きに挑戦だぁ〜と思っていたのに、結局、手を出したのはファスナーパンツでもなければ、ましてやゴムパンでもない、これです。

d0289980_1013460.jpg

ワイドテーパードパンツ。

前開きの部分、ボタンで閉じるタイプでして、中心線より、左前パンツが右前パンツにやや斜めに重なっており、ウエスト布は送りカンに共布を通す・・・という形になったものです。
(詳細は、HPをご覧あれ)

いやぁ・・・。自分でも、大胆だなぁって思いました。
だって、ファスナーパンツだって、まだ2パターンしか作ってないのに、そんなイレギュラーなこと、できるのか??って。難しくて、頭ちんぷんかんぷんで、投げ出さないか?って。
ボタンホールで失敗したら、泣いちゃうし・・・・とか(笑)。

でも、この布、先日載せた日暮里のモモさんで買ったヘリンボーンなのですが、
これには、どうしてもタックの入ったワイドパンツがぴったりな気がするんですよね。
Mパターンさんのこれを見たら、もう、これ以外には考えられない!!というわけで、無謀にも挑戦です。

d0289980_10165257.jpg



結果、なんら心配することなく、無事できました!
Mパターンさん、凄いです。
糸印をちゃんとつけて、慎重にやれば特に難しいところもなく初心者でもきちんと出来ることが分かりました。
完成した時には、それはもう、嬉しくって(❤︎)。


でもね、ふと、ファスナーパンツだったら、当然ある前開き部分のステッチがないので(「持ち出し」と「見返し」は、2センチほど縫い留めてあるのですが)「おお・・・。これでいいのか? 9センチ重なるようになっているから、下着は見えないと仕様書にはあるけど、本当にいいのか?私、どこか抜けてないか???」と不安になってしまい、もしや、「裏地を縫い付けないからと、説明書をどこか、すっ飛ばしちゃってるのでは??裏地と共に、ステッチをかける・・・とかあったのでは?」と急に不安になってしまいました。

そこで、Mパターンさんに、勇気を出してお電話でお問い合わせしてしまいました。

お電話に出てくださった方が「大丈夫ですよー。ステッチは要らないですよー」と言ってくださったので、ホッとした次第です。

その際、ここはこうなってますが、大丈夫ですか?的な質問を1つさせて頂いたのですが、「ちゃんと、読んで、きちんと作業を進めていらっしゃいますねー。きちんと理解されているし、大丈夫」と言われたことが、もう、嬉しくて、嬉しくて。

なんか、久々に、人に褒められた気がするー(涙)と、感激しました。

そうそう。10ページの一番下にある《裏地無しにする場合》に書いてある右前持ち出しのロックの場所が左右逆になってます。「もしかして、逆ですか?」ってお聞きしたら、「あ、本当ですね!! 気がついてくださってありがとうございますー。お知らせしてくださって嬉しいです」とおっしゃってくださったの!

超初心者の私でも気がついたー!!って嬉しくって、嬉っくてここに書いちゃいますね(笑)
ちなみに、このお電話の主、私の中では、勝手に丸山さんご本人なのかな?ってことになっていて、とても清潔感のある、綺麗なお声と喋り方で、それもちょっと、感動でした(^一^)。


d0289980_1046403.jpg

ただ、サイズに関しては、やっぱり、私の「体型を測定しないで、適当に4号を注文」っていうのは、ちょっと無謀だったかもしれません。
こちらのパターンは、ウエストベルト布で少々調整できるみたいですし、テキトーで、いいかぁ〜。Mサイズが5号なら、ちょっと小さめの4号でいいかなーと、4号を選んだわけですが、もしかしたら、3号くらいの方が良かったのかも。
というのは、2つのボタンで前開きをしっかり、留めているとはいえ、座ると、重なり部分が、パカパカ浮いちゃうの。あと1センチ、ボタンをずらそう・・・、あと5ミリずらそう・・・と色々やって、浮かないように頑張ったのですが(← この調整に一番苦労した)やっぱり、立った時は、全然、浮かないのに、座ると、少し浮いちゃうんですよね。(って、言っても、「床に」座った時、です。犬と遊ぶ時とか・・・)

 逆かなぁ・・・。お腹が出てるってことかなぁ?  サイズを大きめにするべきだったのかなぁ。
ウエストに対して、お腹出てるってことはあり得ます、私の場合。 なので、ちょっと、そのあたりが、不安要素。


それにしても、パンツ縫いがこんなに楽しいなんて!!
MPLさんの5000円以上買ったら、パターン1つプレゼント企画。
当初は、「こういうのに、乗っかると、無駄な買い物しちゃいそうだし、私は自粛しよう・・・」って思っていたのですが、ファスナー付きのパンツ、漏れなく買いたくなっちゃいました(笑)。
せめて、廃盤になってしまうものは、買っておきたい・・・。

でも、上に書いた通り、まだ4号なのか3号なのか、はたまた5号なのか、不安要素いっぱい。
じゃあ、ちゃんと、測定しろよーという感じですかね(苦笑)。

どうも面倒くさがりでいけません・・・。



迷う・・・・
[PR]
# by chocotto-san | 2017-02-20 10:57 | お裁縫(おとな) | Comments(12)

快晴堂さん  と  snappy life さん 

快晴堂さんをご存知ですか。(本日、いつも以上に長文です・・・読みづらいこと、このうえなし。

恥ずかしながら、私は存じ上げなかったのですが、ある時、「こね太郎さん」のブログを読んでいたら、こちらのお店の訪問記事がのっておりまして、ネットで調べたら、「こりゃあもう、気になる! 気になる!!」 、アンテナにぴーんと来ました!

「snappy life」さんも、こね太郎さんのブログで知り、とっても気になっていたパターンやさん。
気になって、こね太郎さんのブログにお邪魔するようになった私は、ガンガン、コメントで「いいな、いいな、素敵、素敵」を連発しておりましたら・・・・

なんと、こね太郎さんより「アトリエセール、また行われますよー。snappy lifeの玉井さんもいらっしゃる日に、ご一緒しませんか」と嬉しいお誘いをいただきました。

とはいえ、私、こう見えても(? どう見えてるんだ?) 知らない方と「はじめまして〜」でお買い物できるのかなぁ?と、かなり、ドキドキだったんです。

ですが。ですが。 こね太郎さんのブログは長いあいだ、こっそり読ませて頂いておりますし、信頼できる方とお見受けした! それに、こんなチャンスめったにないのでは?と、レッツゴーすることにしました!

では、その模様を少し・・・ (*詳細は、こね太郎さんのブログ「」をご覧下さいませ、ね。)

快晴堂さんのアトリエ。
渋谷の明治通り沿いから少し入ったところにあります。
d0289980_12293612.jpg

なに? これ? 可愛いー!! 入る前から、テンション上がる店構え!!

お店の前にも、可愛い八百屋さんがあって、この一角だけ、パリのモンマルトルみたい。

では、アトリエに入ってみよう!
d0289980_1237489.jpg



写真下手でごめんなさい・・・、なんだけど・・・・

快晴堂さんの商品で使ったものと同じ生地が、期間限定ですが、売られている。(写真の右後ろの方の壁にもたれるように置いてあるものが、それ、です)

左後ろに見えるのは、商品です❤︎。

入るなり、テンションマックスの私たちに、オーナーの杉田さんが「まぁまぁ、お茶でも飲んで」って、お茶を出してくださったの(驚)。これが、その写真(↑↑↑)。
なんなんだ、この親切な対応! 
こね太郎さんのお友達だから?!

そして、その杉田さん。

d0289980_12423240.jpg

可愛すぎるーーー!!!!!何かの天使みたい!! (← 失礼?! でも 褒めてます!) 
一緒に写ってるダンボール。この中にあるハギレ布が、袋詰め放題で購入できます。
その話は、のちほど・・・。


では、この日の模様を順を追って振り返ってみよう。
d0289980_1248196.jpg

まずは、アトリエのお手伝いにいらっしゃっているsnappy lifeの玉井さんの「くるくるback pack」 ーー防水生地バージョンーーーを見せていただきました。

内布は、ニットのコーティング生地なんですって! 
可愛いー!うきゃー、うきゃーと、猿状態になる。

写真にはありませんが、こね太郎さんのsnappy lifeさんの作品もこちらで、お披露目!!
あまりの完成度の高さにびっくり!。杉田さんにも、「うちの工場より上手に縫ってるねー」って褒められていました!!


まだ、「snappy life」さんを知って、日が浅い私。
こね太郎さんの完成したHIP BAGを見て、「こんなに可愛いキットが売ってたんだー!!(今は、もうsold out)」と叫んでしまった。
snappy lifeの玉井さん。彼女のセンスが素敵すぎるから、わたしも「キット」に乗っかるべきだ、と思った。 そして、家に帰ってから、今、販売されているキットを即行で、ポチったのは言うまでもありません・・・。

では、いよいよ買ったものなどをご紹介。よろしければお付き合いください。



その前に、まず、こちらのアトリエの説明を。
アトリエ内には、商品であるお洋服やバッグがいくつか売っています。(通常運営)

そんな中、本日は、セールにつき、かなりお買い得なお品もいっぱいありました。
(2000円コーナー、3000円コーナー、半額コーナーが特設)


d0289980_13935100.jpg

布買いの前に、私は2000円コーナーからこのセーターを発掘し、購入決定。
この商品もそうだけど、快晴堂さんのお品は、すべて裏にも手を抜かないものばかり。
それどころか、そこに遊びココロ&こだわりを感じる。
大人が着るからこそ、こういう可愛さが活きてくるんだろうなぁ、なんて思う。


これに合わせて、ネイビーのガウチョパンツ(ワイドパンツ?)を作ることにした。
いい買い物をすると、次に作りたいもののイメージが自然と湧くから不思議。


d0289980_1324634.jpg

も一つ。こちらのバッグを購入。
これまた2000円。
内布全面を利用してポケットがいっぱい! 
d0289980_15542676.jpg

パッチワークされたフラップ部分も裏返すとファスナー付きで、小物が入るようになっている。

すごく丁寧な作りに感激。



ではでは、いよいよ。手作り応援セール(?)で買ったお品物をご覧くださいませ。

【ボタンの掴み取りコーナー】
d0289980_13205092.jpg

「掴み取り」と言っても、選べるのよ!!
私は、こね太郎さんのありがたーいアドバイスを受け、くるみボタンばかりを重点的に選びました(笑)。

d0289980_13221730.jpg


これだけ買って100円!! 
一つだけトグルも買ったよ。トグルバッグを作ろうかなーって思ってます。

【 ハギレお買い得セール品】

d0289980_13295184.jpg

先ほど、オーナーの杉田さんと一緒に写っていたダンボールに、このようなハギレがたくさん入っておりまして、ビニール袋のサイズごとに値段が違うのですが、詰め放題で売られています。

私は、一番小さい1000円サイズを選びました。


この、レンガ色のコットン生地で、パンツを作りたいな! 今からパターンをトレースするつもり。
錨マークは「快晴堂」の文字も入っている。この布は、見返しやポケットの内布にするつもり。

【反物からカットしてもらって購入したもの】
d0289980_13342868.jpg


ストライプの方は、わざと裏が見えるように写真を撮ったんだけど、わかりますか?
裏がベージュになっています。
接結みたいに、表布と裏布の2枚、くっついているのかなぁ?と思ったら、 これ、接結ではなくて、ジャガード織りになってるんですって!! (織り方まで詳しく説明してくださるのですが、頭が追いつかない・・・)
かなり、ふわふわして暖かそう。トップス用限定かな?と思ったら、オーナーの杉田さんに言わせると、ボトムスでもどちらでも、大丈夫なんだって!何作ろう!! ワクワクする!

もう一つの、力織機のブルーのギンガムは 、こね太郎さんとは別日に、また一人でお店に寄って、買い足したものです!(何故なら、買ったはずのものを持ち帰ってなかったから、後日取りに伺ったの!)

『1.5メートル買いますね、頑張ってシャツでも作りたいです!』、なんて言ったら、「シャツね・・・それじゃあ・・・・」と、20センチも、おまけしてくださって、1.7メートルでカットしてくださった!!

快晴堂ブルーと言って、快晴堂さんのイメージカラーなんですって!

シャツ作り、自信ないけど、せっかく、おまけまでしてもらったので、プルオーバーに逃げないで、頑張って形にしようと思います。






と★ 以上が、快晴堂さんでのお買い物レポでしたー。
(長文を読んでくださり、ありがとうございました)

最後になりましたが、こね太郎さん、本当に素敵な方でした。
初めてなのに、初めてじゃないみたいに、リラックスできたのは、こね太郎さんのお人柄だと思います。
とっても気を遣ってくださっているのが伝わって、申し訳ないくらい!

d0289980_1412858.jpg

手作りのヘアバンドまでくださったの! (ソレイユさんの生地なんですって!)
そして、美味しいカヌレも・・・
d0289980_142919.jpg

(2ついただいたのに、写真撮る前に、夫がパク)

布に詳しい方と一緒にお出かけされたら、もっと楽しかっただろうけど、こんなど素人の私の面倒をみてくださって、申し訳ないやら、ありがたいやらー。

わずか3時間くらいの間ですが、とても濃厚で楽しい時間でした。


布買い、楽しいですね。
今までは「在庫がーーー」と、悲鳴をあげてましたが、「もう、いいじゃん!在庫増えても!」って
ちょっと開き直りー(笑)。






[PR]
# by chocotto-san | 2017-02-13 16:25 | おでかけ | Comments(14)

ファスナーの本 ♦︎ 「タックパンツ」

ニット縫いが続いておりましたが、やっと、布帛縫いスタートしました!
ああ。やっぱり、私は布帛の方が好きかも!!と、思ったり、ああ、やっぱり不器用さが目立つのも布帛よねぇ・・なんて思ったり、思うこと色々ですが、難しい山を乗り越えるぞーという快感があるのも布帛パターンならでは、なのかも??? (もちろん、とんでもなく難しいのは、出来ませんし、手をつける気もありませんが)

ということで。作りたくてうずうずしていたファスナーのパターンに、今回も挑戦です!

こちらの本から。




ファスナーのつけ方がばっちりわかる! ファスナーの本

日本ヴォーグ社



この本は、数ヶ月前に「初の前開きファスナーパンツ」(クルールさん)に挑戦する時、教科書的に使用できるかも?と購入したものです。 実際、これと、クルールさんに元々付いていた説明書の2本立てで、自分でもパンツが縫えたので、この本いい!!とかなり気に入っていたのです。

こちらの本は、ファスナーのつけ方を丁寧に写真で説明しているだけではなく、パターンも付いています。
ファスナー付きのパターンは、これで4作品めだし、もしかして楽勝かも〜と、かなりお気楽に取りかかりました。

せっかく、C&Sのソーイングクラスが予約できたから、行きますけどー。

先生や皆さんと楽しくおしゃべりするのが目的ですから〜♪ くらいな気持ちで教室参加の日の題材はこちらにしました。
が・・・。
それは大変、甘かった。まだまだ・・・全然・・・なのを思い知る。

前置き長いですが、まずは完成品をご覧下さいませ。


d0289980_1913235.jpg


C&Sさんのツイード生地(黒)で。
d0289980_19141432.jpg

出来立てほやほやで、チャコペンの跡もまだ初々しく残っておりますが・・・
ベルトループもつけました(パターンには無し)。

こちらのパターン、「ファスナーの本」なだけあって、ポケットなどのこの際、ファスナー教本的には、「トッピング」でしかないものは、全て省かれておりまして、個人的には、後ろポッケや脇にポケット欲しかったです。
でも、「早く、要所だけ挑戦したい!」と気が急いている場合には、これもアリかも。

ポケット無しの物足りなさを補うべく、ベルトループをつけたら、グッと雰囲気が変わったので、そこは大変気に入っております。

d0289980_20172038.jpg

【後ろのベルトループ】

着用の感想は、足の短い私でさへ、丈が少し短いように感じました。9分丈のクロップドパンツ?足の長い人なら七分丈になっちゃうかもです。なので、丈問題は、要注意ですが、股上深いし、はき心地は良さげでした。

でも、ですね・・・。 「ああ、C&Sのお教室に行ったからこそ、救われた」的なことも幾つか。

⑴ファスナー前開きのところ(「持ち出し」をつける部分)に伸び止めテープを貼るような指示はないのですが、ファスナーを縫い付けている時に、生地が伸びてしまった故、ベルトを縫い付ける箇所に左右で段差ができてしまった。もし一人でやってたら、「なんじゃこりゃあ」と思いつつも、軽くスルーして、出来上がり雑!となったかと思うのですが、先生の「あ、そこは、伸び止めテープをつけて縫い直してみたらいいですよー」のアドバイスで、段差の原因が分かってスッキリ!
⑵股上の縫い代。こちらの本では、左右とも縫い代1センチなのですが、1.5センチにした方がいいですよー 
とか
⑶ ファスナーを持ち出しに縫い付ける時はミシンではなく手縫いでギザギザに縫うといいですよー
とか、
要所要所、「やっててよかった公文式」的に「行っててよかったお教室」と思うこと満載でした。
(追記***縫い代の件。ここでは説明不足ですみません。下記のkokoさんとのコメント欄のところでこれよりは詳細に書きました。)
授業はこういう為になるアドバイスもたくさんなのですが、楽しい世間話も・・・。
その中で・・・

な、なんと!! うぎゃーなのですが、先生に「●●さん、ブログやってる???見つけちゃったー」と言われてしまったのだー。

うぎゃー、うぎゃー、やめてくれー、その話題はやめてくれー、はいはい、やってます、もう、その話は終わりにしよっ!って思わなくもなかったのですが、先生が、かなりのウテさんマニアと知って大笑いしてしまった。

そもそも検索をかけてたら、uteさんのブログに出会ってしまったんですって。
面白くって、すっかり、ハマって愛読者になって、たまには、コメントを書いている人のところにも飛んでみるかーとクリックしたら、それが私のブログだったんだそう。

いやぁ・・・やっぱり、uteさんすごいですよ。
何を検索しても、uteさんのブログにぶつかりますし。

で、先生と、(自分のブログはさておいて、)過去の数々の楽しいuteさんエピで盛り上がっちゃった。

「テレビに出たこともあったよねぇ」とか「イヤミ部長の布屋さんで買い物したいー」とか「ついにイヤミさん、顔が出ちゃったねー」とか(笑)。

他の生徒さんも巻き込んでの大爆笑でありました。(←失礼しました・・・)

そして、先生の発したもう一声も忘れもしないものでした。

「uteさんブログに集ってくる人たちが、これまた個性的よねぇ。 ぷふふ・・・黒やぎさんとか・・・」

ほーらきた! 黒やぎさん、お名前出ましたー!!

ということで、その大御所二人と仲良くしていただいているのが誇らしくもあり、今まで何書いてたっけ?と恥ずかしくもあり。 でも、開き直って、これからも、長ったらしいブログになるかと思いますが、今後もお見知り置き願います❤︎

最後に・・・

d0289980_217223.jpg

ブローチもいいけど、最近はスカーフよね・・・なんて思いながら、過去に買ったものを引っ張りだしてきたら・・・


d0289980_2121266.jpg

どれどれと覗きにきた子が・・・

d0289980_2183712.jpg

私より似合ってる!!






[PR]
# by chocotto-san | 2017-02-09 21:12 | お裁縫(おとな) | Comments(10)

polka drops ♦︎ ふゆタートル  (Lサイズ)

d0289980_17163635.jpg


kokoさんのところで知った「冬タートル」作ってみました。

袖のリブがどうしても綺麗につけられなくて、断念しました。よって、切りっぱなしもとい、ロックミシンかけて、そのまま。母にプレゼントするかもしれないので、渡してから長さを調整し、好みであれば、二つ折りにでもしようと思います。

しかし、どうして、袖とリブの長さが合わないのだ。引っ張って見ても、たるんだ長さがあまりに長くて、引っ張る生地にも限界があるというもの。どこか間違えたのかなぁ。
それとも布の特性?テンションが低めとか?うーむ・・・。

d0289980_1725351.jpg


今は、自分自身に「大丈夫、Lで正解、Lでも大丈夫。Lならではの着こなしをすればいいんだ」と言い聞かせていますが、本当はMあたりがやっぱり妥当な線だったのかもしれないなぁ・・・と思わなくもありません・・・。
Lで着るなら、クルールさんのところで見たレギパンとか、スキニーパンあたりを作って合わせたいなぁ、なんて思うけど。
とりあえず、ジーンズで平置き。(ワンの散歩シーン)

かと言って、Lでも身幅はスッキリで
皆さんが絶賛されているように、なんだか女性的なライン。
そして、襟周りも、タートルによくありがちな圧迫感もなく、程よい感じ。
ただし、やはり、生地がちょっと違ったのだろうか、裾のリブのあたりが、かなり、もたつきます。
しかし、それを差し引けば、
着る人が私じゃなかったら、「家で気軽にホームパーティ!」な時に奥様が着る、あの感じ(爆)。
あ。でも「それを差し引けば」なんて書いちゃってますが、差し引かなければ成立しないというのは、いかがなものなのか?やはり生地が失敗なんだろうなぁ。


しかし「ぽぷり」さんのこの生地。
生地自体はとてもいいです。アンゴラ&ウールで、とても暖か。全くチクチクもしないし、軽やかなので、着ていて気持ちがいいのです。


もう一枚色違いで買っているのですが、「ふゆタートル」には不向きと感じたので、また新たなニットパターンを探す旅に出ます・・・(^一^)。

そうそう。先日、fujikoさんに教えていただいたテク。
ウールのコートだけでは、心許ないくらい極寒の日で、でも、ダウンコートを着るのは、ちょっとTPO的に違うなぁ・・・という時はユニクロで大量販売されている、あの、薄いダウンジャケットをウールコートの下に忍ばせるといいそうです。ユニクロのダウンジャケットは、薄いので、外から見ても、決して、コート下がモコモコしていなくて、スッキリ!私も、真似したいなぁと思っていますが、まずは、今回のコーデで使ったダウンベスト(@ユニクロ)があるので、これで代用し、とりあえず、今季は乗り越えたいと思います。fujikoさん、いい案をありがとうございます!


[PR]
# by chocotto-san | 2017-02-08 17:51 | お裁縫(おとな) | Comments(12)

「キャベツ炒めに捧ぐ」   井上荒野

キャベツ炒めに捧ぐ (ハルキ文庫 い 19-1)

井上 荒野 / 角川春樹事務所



uteさんにお勧めしていただいた本! これ、胸がヒリヒリします。
最初は、女60ね・・酸いも甘いも知ったお年頃だし、そりゃあ、味のあるキャラクターになるわよねぇ・・・設定がいいわよねぇ・・・なんて3人の女子を連想しながら楽しく読んでいたのですが、酸いも甘いも知ったお年頃、っていうより・・・むしろ・・・。

「むしろ」であります。

この年齢になっても、やっぱり、ドキドキもするし、抱えた傷は癒えることなく、うじうじすることもあるんだ・・・と知ったら、もう、とても、この人たちが愛おしくって。そして、キャラクターに寄り添って、自分も同じように、胸がヒリヒリしたりなんかして・・・。
読書ってこうじゃなきゃなぁ・・・っていうくらいこの世界に入り込めました。
[PR]
# by chocotto-san | 2017-02-08 09:48 | | Comments(3)