ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

大人のワイドパンツ(C&Sさんのおまけレシピ)

皆様のところは、夏休み、終わりましたか?
我が家は、次の日曜日までたっぷりお休み。まだまだ、やっと、中盤戦が終わったところ・・・。

この「夫夏休み」の10日間、ぜったいミシンに辿り着けないと思っていたのに、夫くんが、最近、ハマりにハマってる10キロコースのランに出かけている隙に出来てしまいました!

C&Sさんのおまけレシピ「大人のワイドパンツ」

d0289980_17463236.jpg


こちら、先日の甥っ子ちゃん服に引き続き、「パターン1枚」でできちゃう優れものでした。
しかも、形が綺麗!さすが、大人気のパターン!もっと早く作ればよかったー!

身長160センチ(もしかしたら、159センチかも?)、昭和体型。股上も股下もデフォルト通りで、気持ちよく履けました!!
これ履いてたら、よく行く商店街のお店の人にも褒められたー!!

頑張ったパターンだからと言って褒められる訳でもなく・・・
簡単パターンだからと言って、褒められない訳でもなく・・・
そんなものなんですねー(^一^;)



布はナチュラルコットンHolidayのキャラメルブラウンです。
綺麗な色で、トップスを選ばない最強のブラウンなので、大変気に入りました!


さて。夏休みなのですが、前半は・・・




d0289980_15310823.jpeg




座間市にある「ひまわり畑」に行ってきました。
ここ、至るところ、向日葵畑で、お見事!って感じで、あらゆる角度のひまわり畑の写真を撮ったのに、あまりの広さに、全部、同じ処で写真撮ったかと思われる~。
ま、写真の腕もあるんですが(笑)(^_^;)





地味に都内&近場で夏休みを堪能する我々。

続いては、日本橋ぶらぶらの日、とか。
d0289980_17032056.jpeg
ここ。以前働いていた会社は目と鼻の先。
会社の人に会ってしまわないかしら?とドキドキ。




夏休み中盤は甥っ子家族が帰省してきて、八景島シーパラダイスにお出かけしてまいりました。
長くなりましたので、その模様は、またの機会に。

明日からは義母がやってきます。
夏休みの終盤戦は、この「お義母さん、来たる!」に尽きます。

ちょいちょい・・・と準備を進めてまいりました。
(お義母さん来るから・・・・の名目で、『器』新調したり〜、って感じです、笑← 自分、がんばれ、の前ご褒美)。
ほぼほぼ、夫何もせず、わたし、あたふた・・・でちょっと疲れてますが・・・。
その中休みのブログ更新。

明日からがいよいよ本番です!
日曜日まで、お義母さんに楽しく&心地よく過ごしてもらえるよう頑張ります!!








[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-17 17:55 | お裁縫(おとな) | Comments(2)

佐藤かなさんの本から「Bー3 肩リボン結びチュニック」



帰省の時期ですね!
昨日、親友が弘前から、こちらに、帰省してきました。ご主人の実家と、ご自分の実家にそれぞれ数泊づつするそうです。

「帰省」憧れますー!
娘ちゃんと共に親に会う前の友達の顔。なんだか幸せそうだった♡



私も、子供の頃は岐阜県に住んでいて、8月は東京に住んでいる祖父母の家と、西宮市に住む祖母の家、両方に行くのが毎年の恒例行事でした。
普段は田んぼばかりの田舎から、都会に出向くのですから、もう、楽しくないはずがありません!
東京のおばあちゃんは、この日にこそ・・・と、東京でしかやっていない演劇やらミュージカルの観劇に必ず1つは連れて行ってくれましたし、東京の名所、デパートは言わずもがな、です。西宮のおばあちゃんも、ご近所商店街の皆さんに「長女の娘なの」と自慢げに(?)練り歩いてくれましたっけ(笑)。


絵日記は題材に困らないほど行事にあふれていました。

道中も楽しい思い出です。


もう、「帰省」は、楽しいものと刷り込まれてしまうのも無理はありません(笑)。


そして、私は、というと、従姉妹達に会える貴重な数日間です。

親戚全員で旅行に行ったり、別荘に出向いたり、我々親族、仲のいい方だったと思います。

しかし、結婚してからは疎遠になっていました。
電車で数駅しか離れていない一番近い従姉妹にすら、ここ10年ほど会っていません。

その一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに洋服を作ってプレゼントしたら?と母から提案がありました。

前置きが長くなりました。


今回はその、一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに、プレゼント服です。

d0289980_10455201.jpeg


デザインは、従姉妹に電話で相談しました。
「普通のワンピースにする?ノースリーブのワンピースにする?それとも、肩におリボンがあるチュニック丈にする?どれがいい?水泳の授業で、肩ひもの服を着ていけないから、それだけは、パスかな?」って。

そしたら、「肩におリボン・・・って着せたことがないから、それがいいな。」とのことだったので、こちらにしましたヨ。



d0289980_10465230.jpeg

本の見本では、見返し部分も共布にしていたのですが、セコセコで、別布にしたのですが、完成して、見本が共布にしていた理由がわかった!!!
おリボンを結ぶと、ひっくり返って、別布が見えちゃうのね!! これは、これで、可愛い、ってことにしちゃおう(笑)

ところで、そもそもが不器用なわたし。
おリボンが縦結びになっちゃうんですけど?と思ったら・・・

d0289980_10462789.jpeg
モデルの女の子も、肩にかけて、縦になってるから、これでいいらしい・・・、とホッとしました(笑)。



パターン: 「スタイリスト佐藤かなが作る 女の子に着せたい毎日の服」の「Bー3」タイプ。
生地は、リバティです。(それは、もう、勝手に決めてました)別布部分はC&Sさんのコットンリネンレジェール(だったような・・・)。
私の在庫布から選びました。
(わたし、これで、自分服、作る気だったんですよね、笑。いったい、こんな愛らしい生地で、何を作ろうと思っていたのだろうか・・・爆笑。
スカートだったような気もしますが、少女服にして正解でしたね。)


で。ハサミを入れて始めて気がついたのですが、どーも、これ、タナローンではないです。
もっと、ザラザラした感触です。
リネンが入ってるのかな????(「素人な目」もので、分からない)

ぺらぺらしていないので、秋までも着られるチュニックであることは間違いないです。

一度も会ったことのない従姉妹の娘ちゃん、喜んでくれますように。

ちなみに、おリボンをほどいたところ。

d0289980_10554776.jpg

この見返しを1センチで折り込んで表から縫う・・・っていうのって緊張しませんか?糸が落ちてしまうんじゃないか?って。今回は、奇跡の1回目で糸落ちーず★

d0289980_10561588.jpeg

難しいところはそのくらいです!
(きゃー、ギャザーは下手です、見ないでー)






週末、横浜中華街とボリショイサーカース
[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-09 11:04 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)

Rick Rack 「七分丈パンツ」

腹黒chocotto*でーす。
何枚も、甥っ子ちゃん達に作ってあげるなんて、優しいとか決して、決して、決して思わないでください!!
下記のコメント欄にも書いた通り、「どんどん押し付けてきて、嫌な小姑だわ」、って思われてるかもーーです〜。

でも、幸い、義理の妹ちゃん、褒め上手で、喜びを表してくれるのがお上手で、乗せておこっかなーって思ってるのかも?
だったら・・・ということで、乗せられて作ってまーす。
d0289980_12552092.jpeg
パターン : Rick Rack 七分丈パンツ (サイズ100)

こちらのパターン、洋裁を始めた頃買ったパターンで、死蔵されてましたー。
いつか使わねば・・・使わねば・・・と、思っていたのですが、ちょうど、これ幸いと、先日のmiiThaaiiさんの生地の余り布があったので、こちらの布で作ってみました。

次男君用なのですが、自分のトップスと、次男君がお揃いで、何気に、ニンマリしています。


そうそう。

なんと、これ。パターン1枚です!!私史上初めての「パターン1枚」です!
ウエストゴムを先に丸く円にしてから、ウエストに縫い付けるのが、少々面倒でしたが、とても簡単でありがたいパターンでした!

昨日の三男君のTシャツと一緒に送ってしまいたくって、猛ダッシュで裁断して縫ったので(って言い訳なんだけど)柄合わせ、なってません。(後ろ)

お手紙にも「あくまでも家着にしてね!柄合わせ出来てないからねー!」と書いておきました。

これから、猛ダッシュで、次を縫わなければいけないものが待ってるの!!
そういう意味で、これ、早々にアップしちゃった。(載せないで、写真撮り貯めておくと、次のものに、取り組む気力が沸かないのだ。)


ではでは、頑張りまーす!



[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-04 13:08 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

Rick Rack ベビーTシャツ (サイズ80)

前回、甥っ子長男くんと次男くんにだけパンツを作り、三男坊君に作ってあげられなかったことが、気になっていまして、Tシャツを作ることにしました。
d0289980_14355778.jpg
記憶に新しいかと思いますが、以前、この生地で、「3兄弟お揃い服」をプレゼントしたのですが、三男坊君だけ、早々に、サイズアウトしちゃったとか。

どうしても3人のお揃い姿を見たい・・・と思ったわたくし、残り布を駆使して(というのもオーバーですが)こちらを作りました。

d0289980_10125909.jpeg

これで、また3人お揃いで着られるかな?。


d0289980_14415267.jpeg
あとオーガニックの生地で、同じ形のTシャツを。
地味な顔だちなので、赤いポイントを持ってきました。



長男くんと次男君は、我が家の血が濃厚なのですが、三男君は、どうみても義理の妹ちゃんにそっくり。コピペしたみたいに、そっくり。優しそうな、ほっこり顔。

なにしろ、三兄弟には、見えないの(^ω^)
DNAがここまで、パッキリ分かれて出てくるなんて、おもしろいなあ。

もうすぐ会えます。楽しみです。


● またまた覚書 ●

先日「フォレスト・ガンプ」を久々に観ました。(←先日観た「キャスト アウェイ」と、同じ監督&主演の組み合わせだったもので)
当時は、ここまで面白いと思っただろうか?と思ってしまうほど、今回、やけに心に響いた。
つまり20年経っても色褪せてないってこと。普通、「なんか、古さを感じる」ってことも多いんだけど。
フォレスト・ガンプ自体がアメリカを体現しているのかなぁって思った。
前へ前へと振り返ることなく走り続けるガンプ。なんだか通じるものがあるのかな。

他「アンノウン」・・・記憶喪失になった男の話。これもなかなか面白かった。ドイツが舞台。脇役ではあるが、とある老人が出てきて、どこかで観たことのある人だなぁと思って、最後に調べたら先日観たヒトラーの役をやった人であり、数ヶ月前に友達と観た「手紙は憶えている」に出てきた老人役の人でもあった。

1年に3度もこの人の作品を見るなんて!ブルーノ・ガンツというらしい。覚えておこう。
(いやはや。もう2年ほど前に観た「リスボンに誘われて」にも出ていたらしい!ちょっとしたファンみたいだ・・・)












[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-03 21:34 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

母に頼まれていたもの・3点

毎日暑いですね。暑いの苦手です・・・。

母に頼まれていたもの数点ありましたので、作りました。

まずは、病院に行く時に持って行くあれこれを入れるポーチ
d0289980_10352433.jpeg
Rick Rack さんのフラップポーチです。

d0289980_09543661.jpeg

d0289980_10372176.jpeg
在庫布消費のため、りんごちゃん(コットン)とかなり厚手の茶色の布(コットン)と、リネンを合わせました。りんごちゃんの部分には、接着芯を貼ったのですが、リネンの部分は、貼らなかったら、生地がタポタポしちゃいました。 家族用だし、許してもらえると信じてます✳︎
ところで、こんなところに、何かを入れるスペースがあるのですが(今、日焼け止めを挟んだスペース)、こういうスペースって便利なのでしょうか?
ファスナー部分と、この部分、上下が反転しちゃうので、ものが落っこちそう・・・などと、ちょっと、思ってしまいましたー。
(母には、何度も、このパターンでいいの?と聞いたのですが、いいよーということだった。)

続いて・・・
d0289980_11164414.jpeg


 母の趣味は刺繍です。孫(私にとっての甥っ子)が生まれた時に、名前とお誕生日と、体重、身長を書いたコレ(↑)を作って、プレゼントしていました。
刺繍までは自分でやって、あとは、専門業者の方に、表装(?)を依頼していたみたいなのですが、今回の三男坊くんのものは、私がやることに。
(って言っても、裏地をつけて、吊るし棒みたいなものが外れないように縫っただけ、です。刺繍は、母よ!人の作品に、ハサミ入れるときは、緊張しますねー。親といえども、こんなに緊張するのだから、友達に、頼まれたりしたら、ハサミ入れるだけで、丸一日悩みそうですー。)(←ここ追記しました)。

参考までに・・・と、長男くんのものと次男くんのものを預かりましたが、随分、黄ばんでいますねー。(左と真ん中のもの)
義理の妹ちゃん、ちゃんと、飾ってくれてるんだな、とこういうところで分かります。ありがとね。
気を遣ってくれて(^一^)。
姉からもお礼言いたいですー。

ちなみに、今回のは、こんな柄です。3人とも全部、ピエロで統一したみたいです(^一^)。デザイン、探してくるのも大変なんだろうなー。
d0289980_10493912.jpeg
そうそう。これを準備するにあたり、母と京橋にある刺繍趣味の方の聖地(?)みたいなお店に行ってきました。
たくさんの刺繍本やら、糸はもちろん、キット、小道具、たくさん売っていましたー。

知らないだけで、「○●に特化したお店」って、いっぱいあるんですねー。刺繍と洋裁、親戚みたいな世界だし(?)楽しかったー♡。


最後は。

d0289980_10505470.jpeg


パタレさんのボックスティッシュカバーです。(おまけレシピ)
実家用に、一つ押し付けまーす(依頼されたわけではない・・・)

在庫布、着々消費中!!



[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-01 10:54 | お裁縫(小物) | Comments(10)