ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

2017年 04月 09日 ( 1 )

「落葉」 朝井まかて

落陽

朝井 まかて/祥伝社

undefined

またまた 朝井まかてさん。題材に惹かれて読み始めた。
今回の主題は、明治神宮の森。この森は、「作られた森」である。これは、数年前にNスペでやっていたので、ご存知の方も多いであろう。


明治天皇が崩御された頃、今でこそ、東京の若者の中心地である原宿も、東京の外れであり、畑はあるものの、人もまばら。ほとんどが沼地だったという。
そこに、豊かな森を作りたい。天皇を祀る鎮守の森を作ろうという計画が立てられた。
神座としての風格は、針葉樹林でなくてならない、という考えが主流ではあったが、関東ローム層には不向きであったため、現在のような広葉樹林(どんぐり、樫、椎)の森を作る事とした。
それはこういうことだ。『目指すは、藪のごとき原生林だ、天然更新される森でなくてなならない・・・放っておいても、枯れない永遠に続く森でなくては・・・』という着想のもとに
“デザインされた森”を作ろう、ということなのだ。
150年後の完成を目指してデザインする、というのは、当時としては、ものすごい賭けだったと思う。
実際、まだ100年ちょっとしか経っていないのだが、どうだろう、もう、立派な森にしか見えないではないか。

さて。この神宮の森が、メインかというと、どうもそうでもないような気もする。(読解力なし。)
明治天皇の想いみたいなことも書かれていたし。
ともかく、明治が終わって、富国強兵・・・欧米に追いつけ、追い越せみたいな時代の雰囲気と新聞が庶民に広まりつつある時代の雰囲気みたいなのが
面白かったかな。

少し、話が脱線しますが、そのNスペ。
2年ほど前だったろうか。ぼーっと見ていたら、会社でお世話になった方が出てきたの!!!!いやぁ。嬉々として、森を探索しているあの笑顔。
会社を辞めて研究に没頭したい・・・という決断を聞いた時は、驚いたけど、やっぱり、ここでも、活躍してる!!
見つけた時は、笑っちゃいました。
楽しそうで、何よりー、って年賀状にコメント書いたのはいうまでもありません(^一^)





[PR]
by chocotto-san | 2017-04-09 19:51 | | Comments(6)