ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

2017年 04月 13日 ( 1 )

パターンレーベル ♦︎ コンフォートレディースシャツ

「春になるとブラウスが作りたくなりますねー」、とはお裁縫界の女王fujikoさんの名言です★(←メールでおっしゃってたのだ)
おそらく、昨年までのわたしなら、お裁縫のやる気モードに季節が関係するとは、思いもしない発想だったのですが、今年はとってもよく分かります。
日本の冬は、当然ながら、シャツ一枚で暮らせるはずもなくニットに頼りがちなのは、私だけではないはず。
ウールのセーターやら、なんやかんやは既製品に思いっきり頼ることを前提に書きますが、それらの服からひっそりと顔を出すインナーを作りましょう、という殊勝な発想は甚だ持ち合わせておらず、
下手ながらも、それ一枚で、どうにかこうにか存在感を出せるパンツにターゲットを絞り、この冬は、そればかり縫ってました。

ボトムスにはまっていたのは、パンツの前ファスナー技術覚え立てだったから、ってのも、もちろん、大きな要因ではありました。

それはともかく、春の兆しが見え始めると、厚いコートやらニットを脱ぎ捨てて、脱皮する生物のごとく、綺麗なシャツでもお披露目させたいなぁ〜となるんですねー。
パンツ&甥っ子服に関わってた期間が長かった分、オトナトップスに餓えてます。

で。前置き長かったのですが、そういう、溜まり溜まった「トップス〜!」の気持ちが、何を血迷ったか初心者のくせに、リバティにて襟付きのシャツ作りに果敢にも臨んでしまいました。
d0289980_20403455.jpeg

パターンはパターンレーベルさんの「コンフォートレディースシャツ」。
こちら以前、こね太郎さんにお会いした時に「シャツ作りなら、パターンレーベルさんの仕様書、大変、分かりやすいですよ!裏地も綺麗に仕上がるしオススメです!」と太鼓判を押されたので、買ってみました!

ホント、すごいです。 めちゃくちゃ丁寧な説明です。たくさんの図柄が入っていてとても分かりやすいです。
しかも、たくさんのノッチの印があるのも有り難かった!いつ何時も「ノッチ!ぷりーず!」と思う質なので。
裏は袋縫やら、折り伏せ縫いで、とっても綺麗だし!

襟付けも、仮縫い箇所が数箇所あって、小分け(?)作戦で縫い進めるので、失敗がないようになってるんですねー。

以前、uteさんが「パタレ教科書」とブログ内に書かれていた時は、まだパターンレーベルさんの存在すら知らないわたしは、「教科書」の意味がとっさには分からなかったのですが、そうね、これ、教科書だよね!
とものすごく納得したのでした。


が。しかし。偉そーに書いてますが、お袖の剣ボロは自信がなくて、お教室に行った際に縫いました。
d0289980_21005196.jpeg
上の三角(?家型)のところ。シワシワって、生地が寄っちゃった・・・の図。
その時は、どーにかならないものか・・・とひどく気落ちしたものだけど、完成しちゃうと、もう気にならない。
もっと気にしなくちゃいけないトコとかいっぱいだし。

例えば、ボタンホール。(△ ちなみに、パネルフロントにしました。こちらのパターンはパネルフロントと、フレンチフロントが選べます)
d0289980_21030437.jpeg

ボタンホール縫うと、どうしても生地がシワシワってなっちゃう。 
先生にお聞きしたところによると、リバティでボタンホールをやるとどうしても、こうなりがちなんですって。
だからこそ、本来なら、ここは、芯地を貼ることをお勧めします・・・とのことでした。
(パタレさんも、さすがに「リバティ使う方は、ここ、芯地貼ってね」とは書いてませんでしたので、どなたかの参考になれば幸いです、笑)。

先ほど、「わー、教科書的存在だ」的なことを書きましたが、実は、カフスなどのカーブを縫って、ひっくり返す時の縫い代の始末の仕方などは、逆に、前回のfktkさんのやり方が教科書でした。
カーブを2ミリほどのカットする・・・の箇所。そこに小さくハサミで三角の切り込みを入れました。
あっちのパターンの仕様書とこっちのパターンの仕様書のいいところ採りができるようになれたら、それは理想だなぁ・・・(今回は、続けて布帛のトップスだったから覚えていられただけでありますが。)
まだまだ経験値が少ないけど、どんどん、そういう域に達したいものでありましたー。

先日、「うちのこのやる気スイッチは、どうやって探せばいいのでしょうか」と、夕方のNHKのニュース(しぶ5時)で質問しているお母様がいらっしゃいました。
専門家さんが「やる気スイッチなんて、ないんですよー。やる気スイッチを押すから、やるのではなくて、やっているうちにやる気スイッチがつくんです」とおっしゃっていたことが
よーく分かる! お裁縫も、やってるうちに、次のやる気に繋がるものね!

そういうわけで、トップス縫いのやる気スイッチが入ってしまったみたいです!引き続き、トップスにいく予定です。

そそ。大事なこと、書き忘れた!このパターン、店主さんがおっしゃる通り、シャツが苦手な方でも抵抗なく着ることができる形だと思います!
私の持っている市販のどのシャツよりも、自分に合っているような気がしました!!(あくまでも、自分比)。
最後になりましたが、この ド派手なシャツを白髪頭で着こなせるようなオバちゃんになるのが私の夢!
でも、綺麗な白髪な方って滅多にいないんですって。
&&& これ、縫ってるうちに、鯔背な和柄に見えてきます・・・。 お江戸な感じ?







[PR]
by chocotto-san | 2017-04-13 21:31 | お裁縫(おとな) | Comments(14)