ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

2017年 10月 19日 ( 1 )

Rick Rack ♦︎ スマイリーリュック・・・④

2週間ほど前に、衣替えをしました。
その際、袖を通さなかった夏物をバッサバッサと(?!)処分して、ついでに、ときめかない秋物&冬物も廃棄していたら(←こんまりさんが「ときめくかときめかないか」を判断基準にして物を処分することをお勧めしていた)、これから先の服を作る気力が全く失せてしまった(^_^;)。
当分、ものは増やしたくない・・・と勝手に脳が判断してしまったのだろうか。

というわけで、(←なのか?)自分服はお預けにして、在庫布の中から、従姉妹の娘ちゃんに、リュックサックを作ってあげることに。
申し訳ないが、在庫布を減らしたい・・・という気持ちもあったので。(ごめんねー)

ではあるが、一応、本人の希望を聞きました。

polka dropsさんの裾がひらひらしたショートパンツと、リュックサックどっちがいいかなぁ?と聞いたら、即答で「リュック!」とのこと。(今回使用予定の花柄の布を念頭に置いて、このどちらかのパターンがいいのでは?と思ったの)


で、完成しました。

d0289980_10472083.jpeg
パターン:Rick Rack スマイリーリュック
布:Rick Rack(表布、裏布、バイヤス、すべて)

最初、夫に、布を見せながら、「これでリュックサックを作るんだけど・・・。ムスメちゃん、『ひよっこ』好き、って言ってたし、昭和レトロな感じが可愛いよね???」とさりげなく、夫の感触を聞き出そうとしたら、「へー、この生地で作ったら、キャスキッドソンみたいだね♪」なんて言うので「だよね、だよね、小学3年生だったら、こんな感じ、好きだよね!」と、かなり肯定的に夫の発言を良好的に捉えていたのだが、翌日、また、この布を見ながら、ぽつりとこう言ったのだ。

「それさー。中国で売ってる、キャスキッドソンって感じだよね(←にっこり)」


つまり、〝バッタモン〟っぽいよねーと言ってるのと同じではないか?

辞めろ、ということか?

と、あれこれ考えて、しばし、じっと、布を見つめて固まってしまいましたが、従姉妹の娘チャンは、リュックサックが手元に来ると思ってるだろうし、母に相談したら、「そんなことない!可愛いから大丈夫!」と背中を押してくれたので、作ることにしたのであった・・・。

裏はこんな感じ。リネン生地。ポケットが2つあります。
d0289980_10515626.jpg
 背中には、リボンのタグを。
d0289980_10525763.jpeg
d0289980_11302235.jpeg
リュックのトップに引っ掛ける紐もあります。
凝ったパターンだなぁ。しみじみ・・。

若干、ラブリー過剰気味な気もするが、先日お会いしたときに、とっても「女子〜&素直〜」な感じのこだったので、喜んでくれるはず、と思いたい・・・です。。

前置き長いですが、作った感想です。

実は、このパターンの使用は4回目です。
最初は、4回目だから、楽勝だろうとタカを括っていたのですが、なかなかどうして・・・全然、上達していないことが分かりました。
まず、前3回は、「ポケットには接着芯を付けないで(開けたら見えるから)」というレシピの元、代わりに、裏地を縫い付ける、という裏技(大袈裟)をやって、割と、しっかりしたポケットにしていたのですが、今回は、そのナイスなアイデアをすっかり忘れて、表布だけで作ったら、ポケットだけ、ペラペラ感が出てしまった。他が、中厚みの接着芯で、割としっかりしたボディなのに、ポケットだけ、ぺっらぺら。今回は、ガーゼハンカチを入れて膨らませたけど、何か入れないと、多分、変・・・(涙)。

あと、縫い代をバイヤステープで包む箇所。(今回はリックラックさんで売っていたリネン・・・色はローズピンクを使用)
ハンカチやらなんやらでバイヤス訓練していたはずなのに、厚みがあってカーブもあっての今回は、綺麗にできなかった。

でも、おおらかな従姉妹なので、そんな細かいこと、気にしないと思うので、このままオッケーにしちゃおう。
喜んでもらえるといいなー!!

そして、何より、またあの、ムスメちゃんに会えるのが楽しみだったりします。
ーーー 次回も、自分服ではなくて、自分雑貨(小物?)の予定です。洋服、なぜか、今は、作る気湧かず・・・。






[PR]
by chocotto-san | 2017-10-19 11:08 | お裁縫(小物) | Comments(10)