ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

2017年 11月 07日 ( 1 )

「天地明察」 冲方丁

天地明察(上) (角川文庫)

冲方 丁/角川書店(角川グループパブリッシング)

undefined

天地明察(下) (角川文庫)

冲方 丁/角川書店(角川グループパブリッシング)

undefined


戦国の世から、泰平の世に移行しようとする徳川家綱の時代。暦を統べることは、民を統べること。神事を司るに等しいこと。
江戸の泰平を作り出すために、暦作りが必要だった。
保科正之、酒井忠清など魅力的な人たちのエピソードや、算学の関孝和の話なども加わり、とても面白く読めました。
歴史の教科書で出てきた人たち、名前だけ知っていた人たちに、血が通った、と思いワクワクしました。
さすが碁の勝負師の家に生まれてきた者だけあって、最後は、勝負に出たのですね。
勝ちにいく、布石を打って出たのは史実でしょうか?最後まで盛り上がってよかったです。


[PR]
by chocotto-san | 2017-11-07 20:46 | | Comments(2)