ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

「シルエットのきれいなメンズパンツ」より「サーフショーツ」

先日、「夫用にパンツのトレースをした」けれど、生地不向きのため、作成しないで自分用の服にしちゃいました・・・と、書いていたのですが、あれは、そう、今日のこの日のための、前振りです(笑)。

あれから、このパンツ(トレースしたパターン)に向いている生地は何だろう?とネット徘徊しまして、また、生地を新たに購入してしまったのです!

そうです。「生地は、今後半年は買わない」宣言をしていたのですが、敢え無く、その約束も反故にされ、サクサク、布買ってますから!!しかも、この他にも、翌週、C&Sさんで、お買い物してるし!!(← 汗)


で。 作ったのがこちらです。

d0289980_11563408.jpeg
初の夫用

パターン: 「シルエットのきれいなメンズパンツ」(杉本善英)より「サーフショーツ」

生地 : ソレイユさんのコーマ ヴィンテージワッシャー オレンジ

ここまで鮮やかなオレンジは、確か、C&Sの力織機シリーズにもあったはず!と思って、どちらを買うか相当迷いましたが、お安かったソレイユさんに決定。
半額くらい違うんじゃないかな? (ちなみに、ミシン糸は、C&SさんのLー73です。この糸の色は、ぴったりでした)
この生地にして大満足です!!

さて、作った際の、またしてもの「あんなこと」や「こんなこと」。聞いてやってください・・・。

パンツといえば、数枚は作ったことあるし、シームポケットもやったことあるし・・・問題は、「ハトメ」だわ!でも、これさへ、乗り越えたら、楽勝なはず!と思って手を出したのですが、これが、なかなかの難関でした。(私にとっては・・・。あくまでも、初心者にとっては・・・のレベルです)

まず。

ハトメ。

本では、材料のところに、直径1センチのものが必要・・・とあります。
ここ、要注意でして、「内径7ミリ」と「内径10ミリ」どちらを買うのか、一瞬迷います。
が。
内径7ミリの方がいいです。(たまたま、図書館で借りた本を持ったままお店にGOしたので、その場でパターンを広げて確認しちゃいました。内径10ミリの方だと、明らかに、大きいです。ベルト正面にあるタグからはみ出すほどの大きさになってしまいます。)

と。エラソーに書いていますが、誰も、こんなミスはやらかさないですね!

では、本題!

d0289980_12061550.jpeg
まず、こちらのパターン。後ろのお尻のポケットに一つ目のハトメが登場します。

薄すぎる生地だと、綺麗にハトメがつかないとのことでしたので、(←オカダヤの店員さん情報)当初予定のインド綿にしなくて正解だなぁ・・・と思いつつ、作業開始です。
(念には念を・・・で、この生地にも、いつも私が使用しているC&Sで売っている接着芯より、厚みのある接着芯を使用しています。)

あ。話は、また、逸れますが、100円ショップでハトメを取り付ける器具も売っているそうですね。でも、オカダヤの店員さんにご相談したら、あまりお勧めしないとのことでした。理由もあれこれおっしゃっていましたが、途中から「要するに、ここで、ここにあるものを買えばいいのね!」と、完全に頭がフリーズして、内容が入ってきませんでした(汗)

なので、素直に、こちらで、ハトメと、ハトメを打ち付ける時の台みたいなものを購入。

(←でも、多分、使い道によっては、100円ショップのもので事足りるんだと思う。実際、綺麗に付けて、なんの問題もない方もたくさんいらっしゃるし!)


話は、元に戻ります。

ハトメそのものは、ネットで検索した通りにやれば、綺麗に簡単に付けられました。

ただ、洋裁の手順ミスをやってしまいました。(いつものこと)

ベルト正面のハトメをつけるタグ部分。裏生地と表生地を縫いつけて、合体させたものに、ハトメをつけなきゃいけないのに、裏生地に2つ、表生地にも2つとハトメを開けてから、両面を縫いつけようとしてしまいましたーーー!! 強引にこれで進めようかな?とも思いましたが、ハトメの厚みで縫うのが難しそうだし、第一、不要に重みが出てしまうし、ここは、素直に、やり直そうと気分新たに、ハトメを買いに出かけたら(←失敗した分、足りなくなったので)色を間違えて帰って来てしまったーーー!!・・・という、サザエさん的な失敗も、追加オプションでやらかしています・・・(涙)。

そもそも、「苦手意識」が強すぎて、「コツを覚えてるうちに、ハトメ、全部、開けちゃおう!」って一気にやったのがいけませんでした。
苦手だからこそ、「一気じゃなくて、丁寧に本を読めー!!」って感じですね(笑)。

お次はシームポケットのところ。
d0289980_13195274.jpeg

ポケットに見返し布と向こう布がちゃんとあって、「本格的なポケットねー!」と、ウキウキ取り掛かったのはいいのですが、(私は全部、共布にしました)袋状に完成されたポケットを本体につけるやり方をイマイチ理解していない為に、悩む、悩む・・・。

本では「●ページ参照」とあるのだけれど、それは、袋状に完成したポケットではなくて、まだ、ぺらぺらの1枚のままで縫いつけて、最後に、合体させロックミシンをかけるタイプ。私が縫ってるものは、袋縫いで完成したポケットを合体させるタイプ。となると、図の通り、絵の通り・・・っていうわけにも行かなくて、ただでさへ、文字数が少ない解説書なのに、「この袋縫いのポケットの‘裏’って、どっち?表って、どっち? ねーねー、どっちがどっち?」と、一人混乱して、なんども縫っては、ほどき、縫っては、ほどき、ポケットをひっくり返してみたり、あーだ、こーだで、なんだか、たくさん、縫い直しました、涙。(言ってる意味、分からないですね。スルーしてください・・・笑)。

シャカシャカ布ゆえに、生地に、ミシン針の目がいっぱい開くし、「大丈夫、洗濯すれば、穴は塞がる」と言い聞かせながらの作業となり、最初のウキウキ感も何処へやら・・・。 結構な苦行でした(^一^;)

ーーーで、今思うと、シームポケットのこのやり方(見返し布とかもあり・・・の形でのこのやり方)は、お初だったのです。一度、経験したことがあれば、あまり悩まなかったかも…です。にしても、本当に、いつまで経っても、初心者です。洋裁って、色んなやり方があるし、結果は一つなんだけど、そこまでの過程は、本によって本当に違うし、まだまだ、「お、このやり方のいいところは・・・」と語ることも出来ず・・・。とにかく、私にとっては、見知らぬ先生のご本は、とても、ハードルが高いことを知ってしまったのでした。 なんども「Mパターンさんだったら、もっと、解説丁寧なはず・・・」「パタレさんだったら、もっと、分かりやすいはず」と、頭をよぎりましたー(苦笑)。




で。また、ハトメタグ(正面ベルトのところ)に戻ります。
d0289980_14571780.jpeg

ベルト布にゴムを通してから、「タグ(ハトメの箇所)」を縫い付ける・・・と本にはありますが、それだと、のちのち、ウエストゴムの調整の時厄介だから・・・と、ゴムを入れる前にベルト布にタグを縫いつけました。われながらいいアイデアだと思ったのですが・・・。

そこには、大きな落とし穴が。

先に縫いつけてしまったタグが邪魔して、ベルト布が本体に付けられない・・!!!
つまり、やっぱり、本の手順通りに、ベルト布は先に、本体に付けなければいけないわけだー!!
と、また、糸を解く・・・。

で、あーだこーだ、やっていたら、タグにも、飾りステッチが必要だったことに気がついたのですが、もうハトメ作業をしたあとだし!
抑えを変えたら、縫えなくもないだろうけれど、なんだか、この服とは、私自身、相性が悪いような気がしてきて、もう、早々と、ステッチ諦めました・・・。

なにしろ、糸を解く作業も、考える作業も、失敗故に倍、倍に増える作業量もさほど堪えないのですが、生地にポツポツ穴が開くのが、一番堪えたのですーー(涙)



それなのに、ったら、それなのに・・・。

夫氏。履いてみたら・・・・「もう1サイズ上が良かったかもー」ですって!!
事前に、ちゃんと、本を見せて「どのサイズ?」って聞いてたんですよ。 (「夫にサプライズ♡」とかして、サイズ間違えたら、嫌だったから・・・)
それなのに、サイズが小さいですって?!?!

「いやいや、履けるよ。履けるんだけど、ちょっとだけ、余裕がないっていうか・・・。もう1サイズ上の方が楽かなぁ・・と思って。でも、大丈夫!俺、痩せるから!待ってて!」ですってさー。

なんなんだー。そんな、お尻が小さくなるのを、待ってられっかー!!

火曜の夜から、ずーっと履いてないけど、週末履く気あるのかしら?! なんだか、とっても嫌な予感・・・な木曜日です。

と。話の結末が、暗〜く終わるのもなんなので、話題を変えて終わりにします。


【おいしいパン屋さん】

週末は、パン食と決めてます。
で、犬の散歩がてら、夫とパン屋にお出かけして、パンを買って、ムシャムシャ・・・というのが週末の習慣です。
ところが、先日は、そのいつものパン屋がお休みだったので、早朝から開いているパン屋を探したら、
代々木八幡に「365日」というパン屋がありました。

本で見たことあるー!!とミーハー心が疼いて、犬の散歩ならぬ、「犬とドライブ」で、買いに行って見ました。

私のようなパンの素人があれこれ書くのは、恥ずかしいので、省略しますが、素敵です!おすすめです!
綺麗顔のパンから、素朴系まで色々あるし、材料が小麦だけ・・・系のものが私にとってはありがたいので、
そこらあたりも充実していて、おまけにお店もコンパクトで・・・と、良さげなお店でした。

パンに詳しい方は、すでに来訪済みかもしれませんが、お勧めです。



先週、夫の待ち時間に見たDVDメモ
[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-20 15:16 | お裁縫(おとな) | Comments(6)

「白いシャツを(以下略)・・・」より ノースリーブシャツ(フリル)

先日買った、あのmiiThaaiiマドラスチェックの生地、
こうなりました。

d0289980_13255374.jpeg
パターン「白いシャツを一枚、縫ってみませんか?」(伊藤まさこさん)より、「ノースリーブシャツ(フリル)」

皆さんのご意見を聞いているうちに、ほぼほぼ、「夫パンツ」と確定して、図書館で本を借り、トレースまでしたのに、
日に日に、夫の顔に、このマドラスチェックは小さい気がして(夫は、大きいマドラス柄か、派手な色のパンツだったら、似合うと思うの!)わたし服にしちゃいました!!

d0289980_13314967.jpeg
手持ちのタイプライター生地のキュロット(横浜のアナベルさんで購入)とも、ぴったんこで、お気に入りの一枚が出来ました。

しかーし。

ここを見て。



d0289980_14271287.jpeg

わかりますか?横に、青いラインが横切ってるように見えるでしょう? これね

アップで映すと・・・

d0289980_14075330.jpg


白い格子の2本が抜けてるの!!!(上から2本目のラインの中にあるはずの、白い線が2本です・・・)
裁断する時に、「あれ?白いラインが2本抜けてるー」って気がついたけど、なぜか、(本当に、なぜか) そこを避けることもなく、前身頃のど真ん中に、そこの部分を配置してしまったの〜

もー、ばかばかぁ、と、頭ぽこぽこ叩きたくなります・・・涙。

白い線が2本(しかも、細いのに)抜けるだけで、緑の線が強く浮き出て見えるから不思議ー。たった2本なのにー。
しかも、近くで見るより、ちょっと、離れて見る方が、より、わかりやすいのぉー。

これ、もし洋服屋さんだったら、完全に「アウト」じゃない?アウトレット行きだよー。いやいや、アウトレットでも売らないよねー。
せっかく、可愛いのができたーって思ったのに・・・(涙)

以上が、ちょっとした(?)ブルーだったこと。

お次は、またまた、なんだか、色々やらかしちゃったコト。(もー、こういうコトばっかり!)

 ● バイアスは12.8ミリ幅で ●
とあったので、超不器用なChocottoには、えらく難関だなぁ・・・と思い、自分に甘いわたしは15ミリ幅に勝手に変更し、この幅でバイアスに裁断したあと、4つ折りにしてスタンバイ。
つまり、4つ折りにした時点で3.75ミリ弱ほどの太さのバイアスになるわけです。
首回りとお袖周りを囲む際に登場するのですが、首をくるっと囲んだ後に気がついた・・・。

こちらの本としては、そんなことは微塵も言っておらず(笑)、両脇を折って12.8ミリ幅になる太さのバイヤスを用意しましょう・・・とのことだったのだー。
(つまり、この2倍幅)

ね。勝手に苦労を買って出てしまった、という、どーしようもないお話でした。


あ、あとね。「○ページを参照のこと」という誘導で作り進めるタイプの本なので、「おっとっと、もう、元のページに戻らなきゃあいけないのだった」というあたふたもアリーの、逆にいうと「バイヤスのこと」は詳細が書かれているページに誘導されていなくて、後日「ここに書いってあったんだー。誘導ページ、ここも書いてー」って思うこともあったりしました。折った状態での幅の記載っていうのは、常識だったのかな?きっと、そうよね!ホント、常識を身につけないまま、作り進めると、時々、こうやってやけどします(笑)。


そうそう。

d0289980_14030012.jpeg
後ろあきのパターンなのですが、見返しも、ロックミシンでガガーではなくて、バイアスで囲むタイプなの!!
ね。なかなか、凝ったパターンでしょう???大事に着ようって、思います!

そそ。首回りも、袖もバイヤスで囲んだ後、それを裏に折り込むというのが、こちらの本のやり方です。
ですが、私、首回りは、その方式で裏に折り込みましたが(なので、バイヤスは見えない)お袖は、裏に折り込まないで、そのままにしました。




バンク ジョブの2回目を見て・・・
[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-11 14:40 | お裁縫(おとな) | Comments(12)

おもちゃで遊び疲れたお嬢さん

d0289980_10000049.jpeg
同じおもちゃ(写真のパンボール)が、大好きすぎて10個以上持ってます。壊れた時のために・・・と、まとめ買いして、実際、壊れたら、棄てているのですが、ストックは10個をくだらない。そして、ついに「ストック」している事実に気がついたお嬢さんは、「新しいのを出して!」とジェスチャーで訴えてくるようになりました。
めんどくさいので、10個(新品も含めて)出してあげたら、狂ったように遊び、やがて、お疲れなのか、こんな表情に。

その日以降、毎日、「新しいのあるよね?」「もうないのよー」という彼女との押し問答が続いておりますーー。
毎日、新しい玩具じゃなきゃ嫌だーというなんてなんて、贅沢なお嬢なのでしょう!!

甘やかしすぎましたー。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-09 10:05 | ふうちゃん | Comments(2)

PALLETE ♦︎ クロップドサルエルパンツ(120&100)

続けて投稿失礼します✨
先週作ったもの第二弾

d0289980_09124192.jpeg
PALLETEさんの「クロップドサルエルパンツ」(120&100)
生地 : smileさんのヒッコリーデニム (この時の見返しに使ったものの、あまり)
ウエスト布と裾布は、Jack & Beans の布のマリーン色(これ、なかなか、いい色、いい生地。気に入った!)

お兄ちゃんは、ブラウンのポケット。次男くんはグリーンのポケット。お兄ちゃんは、あまーい顔立ち(弟の小さい頃にそっくり!お目目ぱっちり。まつげ長〜い)なので、洋服の色はどちらかというと渋めに。でも、本人、グリーンが好きみたいだから、グリーンにしてあげればよかったかな。

こちらのパターンは今回で3着目です。1着目は、次男くん(90サイズの時)に作りまして、わたくし、大変、気に入ってます。(→)で、時折、着用しているのを目にしていたのですが、やんちゃな次男くんが、ソファの上でぴょんぴょんするたびに、ポケットが、飛び出していたので、今回は、裏で留めました。

d0289980_09223330.jpeg
ロープ的なものって、探せばいろいろあると思うのですが、面倒だったので、一番上にあったレースの紐を使ってしまったのですが、これが、なかなか、厚みがあって、三つ折りしてから縫ってたら、針、1本、折りましたー(えーん。怖かった・・・。)

どーでもいい情報ですが、先日、ボタンホールを縫った時も、針を折ってしまったー。
えーん。「怖い」が続いているー。 ふうちゃんがいるから、余計に「こわ〜い」のである。
(なんでも、下に落ちたのを、舐めるからー。汗。なんなら、口に咥えて、見せにくるのー。見せてるうちに、飲み込んじゃったら、大変!)
d0289980_09291174.jpeg
今回、同封してあげるのは、ドラえもんクッキー。(ママの判断で、あげるか、あげないか決めてね、と、毎回メモを入れます)


さてー。今回は、三男くんの分は、なし。
毎回、揃えてあげねば・・・と思うと、私の「楽しみ」が「負担」に変わっちゃうので、手抜きもさせてもらうね。
それに、在庫布、消費月間で、もう、ヒッコリー生地は、使い切っちゃったのだ。ごめんよー。

義理の妹ちゃんは、時々、「うーむ。私のこと、無料の洋服屋さんって思ってるのかなぁ」って思う時があります。
「お姉さん、そろそろ、70じゃあ無理です!」とか「お姉さんに作ってもらう服以外に1枚も買ってないので、そろそろ、ボロボロです」とか
嬉しいような、催促されてるような?と思わなくもないことを言ってくれる・・・(^一^:)

ま★ お礼のお電話で声が聞けることがわたしの楽しみだし、喜んでくれるのは、嬉しいよね!



最近、面白かった映画!(ビデオだけどね)
[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-04 09:55 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

タオル de リバティ 

布の在庫が〜〜〜!!と、いつもいつも、わめいています。
でも、その割に、減らそう!という努力が足りていないわたしです。

今回は、お裁縫を始めた頃から、気になっていたタオルづくり。
満を持して、溜め込んだ(?)リバティを使って、タオルを作りました。

d0289980_13444266.jpeg
頑張れた理由。それは、恒例のマンションの女子会が予定されていたのですが、「もしかしたら、ランチの後のお茶会の会場は、そろそろ、うちの番かなぁ〜。家を綺麗にしなきゃ!それから、タオルも新しくしておかなくっちゃ!!」という目標があったから。


タオル地(ガーゼ)は、リックラックさんで、大昔(?!)セール価格で買ったもの。
四分の一サイズにカットして、そのうちの二つが形になりました。(残りの二つ分は、また、次回、気力がある時にやろう。)

【タオルA】

d0289980_13493256.jpeg
d0289980_09093246.jpeg
【タオルB】

d0289980_13495467.jpeg


d0289980_09095823.jpeg

タオル地の周り4辺にロックミシンをかけて、その後、バイヤスで囲みました。


結局、お茶会の会場にはなりませんでした。

8月に、札幌のお義母さんがいらっしゃる時まで、
大事にとっておこうと思います。

(もったいなくて、普段使いにデキナイ貧乏性のわたし、笑)


そして。

これが、わたしの大掃除と、タオルづくりの促進剤となった
「マンション女子会」の模様
d0289980_14063444.jpg
タイ料理@下北沢を食べに行きました。ここ、注文時に「ヴィーガンにしてくださーい」というと、動物性のものナシで、なんでも作り替えてくれるありがたーいお店です。
わたしだけ、ヴィーガンに変更です。

そして、斜め前にあるお茶専門店に移動。まぁ、よく、喋る、喋る。
わたしは、おそらく、この中で、一番、おっとり。(←よく言えば。)(悪く言えば、なんだか、いつも「へー、そうなの?」「えー。知りませんでした」「そうだっけ⁉」って、言いっぱなし。情けなし・・・)
もう、何も、口を挟めないほど、皆さん、元気で、次から次へと、話されるし、問題意識を持って生きていらっしゃるんだなぁって感心しっぱなし。

でも、いい刺激が貰える!


そうそう。最近、マンションの植木問題やら、なんやら、かんやらで、男子陣が家に来ることが多い。
そのあまりの回数に、悪い意味でお客様が来ることに、慣れてきてしまっていたけれど、「女子が来るかも!?!?」と思ったら、かなり、焦って、細か〜い気になる所の大掃除が捗りました。

たまに、「主人の代わりに」と奥様も来ることもありますし(←その時は、かなり、焦る)、もう少し、気を引き締めて、普段から、お掃除頑張らなくちゃ、って思いましたー。

毎回、言っている…。






[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-03 14:19 | お裁縫(小物) | Comments(6)