ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

May Me スタイル 「今日の大人服」より ボリューム袖のカットソー

机の輪じみが気になりますが・・・(汗)
そこは、お気になさらずに。

d0289980_12530630.jpeg
伊藤みちよさんの本からニットのトップス作りました。

伊藤みちよさんの本、お裁縫を始めたての頃にも
購入したこともあるのですが、
なぜか、数々トレースしても、作るには至らず・・・。

なんだか「ご縁のない関係」でした。

というわけで、今回、新しい本が出版された時も
きっと、作らないに違いない・・・と買うのをやめようかとも思ったのですが、

『ぷっくりお袖系のもの』に、とっても飢えてたので、
購入です!




生地は、ぽぷりさんでロイヤルブルーのニットを購入したのですが、
気が変わって、本と全く同じmaffonnさんのこの柄の布を買うことに。
(芸がない・・・)



で。
いざ裁断し始めて、急に気付いてしまったのだが、

柄物ニット・・・って、
まず自分では買うことのないアイテムだったりして、
なんだか、おばちゃんっぽいんじゃないか?ってこと。


しかし

既に、リッパなおばちゃんなので、
おばちゃんっぽくなっても致し方なし・・・

と覚悟を持って作ることに。

で。作った感想。

まずは、形。

首が詰まった服(タートルネック)が苦手で苦手で、
体質的にムリ・・・なわたしですが、
これは、全然、気にならない襟の高さ&襟の開き具合だった。

詰まり過ぎもせず、当然、開きすぎもせず、
もちろん、ババシャツも見えないし、
首回りもスッキリ。


次に心配していた布のチョイス。

maffonさんは作例にあるだけあって、布の厚みもちょうどよかった。
ギャザーの形も綺麗に出るし、
膨らみすぎることもなく、その点ではもちろん、もちろん
大満足なんだけど、やっぱり柄物がダメだったかも・・・。



父→色がいいじゃない!(ムスメに甘い)
母→ なに、その柄物!!変わったものを選んだのね。
おばさんみたいよ!(予想通りの辛口)


でした・・・(ちーん)。

お母さんにあげようかな、って思うんだけど・・・って言ってみたけど
「要らない、要らない」とか言うし(涙)。

しかし、辛口の母も、maffonさんの布は、触り心地が良く、それ自体は気に入ったみたいで
自分で柄を選ぶわ!と、なんだか、自分服を作ってもらう気、満々で
好きな柄、好きな色を必死で選んでました。


辛口言われた挙句、この年の瀬も迫ったこの時期に
宿題ひとつ増えちゃったのか・・・。
とほほ・・・。

話は変わりますが・・・。


今、小川洋子さんと、平松洋子さんの対談本を読んでいます。

洋子さんの本棚 (集英社文庫)

小川 洋子,平松 洋子/集英社

undefined


まだ途中なんだけど、これ、すっごく面白い!
幼少期に読んだ本、少女時代に読んだ本など、お二人を形作った「本」を通して、
お二人の感じていることなどを語り合う形式。

まだ、わたしは、第1章の「少女時代の本棚」と
第2章の「少女から大人になる」しか読んでいませんが、
洋子さん、素敵!って思うのはもちろん、
W洋子さんを形作った、これらの本、読んでみたい!ってメモってしまったのは
当然でしょう。

まず、幼少期の頃を読むと、先日の
福岡博士の「センスオブワンダーを探して」に通じるものがあるのかな、なんて思ったり。



少女時代になると、こんな話も出てきます。
「自分は、母親の望むような娘じゃない、と母に言いたい気持ちが大いにあった・・・」と。

母親のセリフひとつひとつから、
母親の望む娘像が透けて見えてた、とかね。

母の手作り服を嫌々着ていた・・・とかね。

嗚呼、わたしだ。
わたし、そろそろ甥っ子長男くんに、服を押し付けるのは
そろそろ卒業した方がいいのかも。

それとも、男の子はまだまだ、その辺は
幼さが残ってるのかな?

と思ってみたり

この本からしたら、こんなエピは本の一瞬で通り過ぎる話題で
もっと、もっと色々奥深〜い話が語られてます!

面白すぎて、読み終わりたくないっ!
ちまちま読んでいます・・・♡







[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-20 19:11 | お裁縫(おとな) | Comments(14)

似てる?

d0289980_13131921.jpg
ご近所の黒プーちゃんと、お茶タイム。(やぎミルク!)
名バイプレイヤーで名高い、最近、富に大活躍の、とある方のうちのボクちゃんと。

ふうちゃん、どっちか分かりますか?
d0289980_13342142.jpg
↑ 飼い主を真剣に見つめるこっちのコが、ふうちゃんです♡(モヒカンあたま)




アフロの彼↓ ↓ ↓
d0289980_13153291.jpg
黒プーちゃんは、目がテンです(笑)
飼い主同士、「そこが可愛いよね!」って言い合ってます♡


[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-16 13:18 | ふうちゃん | Comments(4)

木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)

恩田 陸/文藝春秋

undefined

直木賞作家の恩田陸さん、はじめて読みました!!
賞をとった作品(「蜂蜜と遠雷」)は、発表があったその日、その時間にソッコー、図書館で予約したけど、待ち人、今日現在で、あと580人ほど・・・遠すぎる・・・・。


これは、文庫本になってたし、帯には「続きが気になりすぎて、電車を乗り過ごしました」なんてあるものだから、即、購入。
確かに、引き込まれました! 心理描写すごいな、みたいな感じで、「おお。普段私が読むジャンルと違う!」と思ってしまいました。
たまにはいいですね。これ、疲れる・・・とか合わない・・・っていう人も多いみたいですけど。

全然、話は変わりますが、次回はニットで自分のものを縫いたいなぁって思っています。

先日買った伊藤みちよさんの新作の本からと思ったり、filerさんかなぁと思ったり、子供服メインのパターンやさんが出しているレディスはどうなのかなぁと思ったり・・・。ちっとも決まらない!!




[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-15 21:26 | | Comments(0)

MUNI さん ♦︎ any ブルゾン ① ② ③

ぐっと秋らしくなってきました。

今回は、「あー、早く、ミシン踏みたい!」「プーリー作業じゃなくって、ミシン踏みたいっ!」との思いが強かったために、血気盛んにもブルゾン3兄弟に取り掛かることにしました。

少し前の私なら、「そんなアウター3着なんて、ムリムリ」と尻込みしたであろうが、snappy lifeさんのリュックを作った後は、、少々のことなら、やり遂げられるような妙な自信に取り憑かれて(?)挑戦です。(← 強気、笑)

現に、ボタンをつける最後の工程までは、すすいのスイ、です。(←表現が昭和)

気持ちが漲っていると、こうも早く手が動くのかと、感動すら覚えました。(←単純)

が★ ボタンをつけるところ(長男くん用と三男坊用)と、次男くんのファスナー付けのところで、またしても、色々やらかして、今回も、いい勉強をさせてもらいました。(ああ、一度でいいから、「楽勝でした!」と言ってみたいものです。)


まずは、こちらを見てくださいませ。(あ、すみません、もったいぶった前振りで)
長男くん
d0289980_18475143.jpeg


パターン* MUNIさん any ブルゾン(120)

生地* 全てsmileさん
身頃はキルトニット(はい、昨年、母にトレーナー作った残りです)
リブも、お袖もsmileさん


次男くん
d0289980_18505735.jpeg
同じくMUNIさんパターン(100)
ちなみに、初めてのMUNIさんパターン。
お値段、手頃でいいですね!

同じく、身頃はキルトニット。
お袖はメルトンフリース(グレージュ)です。

最初に、「このキルトニットを使い切ってしまおう、身頃は兄弟分で使い切るとして
お袖はどうしよう?」と考えたとき、
真っ先に、「グレージュがいい!」とピンときました。

しかし、これ、the chocotto*テイスト、って感じで
義理の妹ちゃんの好みじゃないかもな?と思い、
長男くんは、義理の妹ちゃんが好きそうな
(あくまでも、予想)テイストにして見ました。

三男くん
(あと数日で1歳!)

d0289980_18574445.jpeg

サイズ80。なんだかお人形さんの服を作っているみたいだった。
こちらも、身頃はキルトニット。
お袖はメルトンフリースの白。
まだまだ、おとなしくしているかな?と思いお袖は白にしちゃったけど、汚すかなぁ(笑)。
まぁ、いいよね!大いに汚したまえ!!

でね。今回の失敗の話に戻ります・・・。
長くなります。

この手のボタンホールを必要としない、パッチン式のボタンって、
ドットボタン(又の名をロットボタン)と、バネホックがあるって知ってました?
あたしゃ、何も知らなかったのですが、
これら、見た目がそっくりなの!

最初、オカダヤさんにお出かけして、
ドットボタン(ロットボタン)を前に、いざ、買おう!という段階で
店員さんが横切られたので、
「このブルゾンに(←持ち歩いた!)これでも大丈夫ですよね?」と
確認したら
「あら・・、大変!こっちのドットボタンを使うと、生地が傷むかもしれません。
これは、もっともっと厚みのある生地、例えば革製品の時に
使われるものです!!」と親切に教えてくださり、
「キルトニットだったら、まぁ、こちらのバネホックでいいんじゃないでしょうか」と、
壁の反対側のバネホックをご紹介していただきました。

とても似ているし、紛らわしいですね!なんて話して
「そーなんです、間違えないように、私が、見ていてあげますよー」という
ありがたーいお言葉の元、
`正しくバネホックの方のボタン’と、〝バネホックの方の打ち具〟を店員さんにカゴに入れてもらいレジに行ったのですが・・・。

オーマイガーです。
家に帰ったら、
お約束通り、間違えたものを買っていたのだった(涙)。


決して、オカダヤの店員さんを責めるつもりはございません。

ただ、ただ、買った打ち具と、ボタンの形が合わず
「どーして???」「あの店員さんが間違えるわけないから、私の、ボタンの凹凸の組み合わせがおかしいのか?」
「そんなに図形できなかったっけ?」
と疑問符でいっぱいだったのですが、

単に間違えたボタンを買っていたのだと
分かってスッキリし、
凹凸が分からないほどのお馬鹿ではなかったらしい・・・という
その1点にホッとさへしたくらいです。

ただ、残念なのは、
ここに到達するまでに
「うーむ、うーむ」と
考えた時間がもったいなかったかも。

(* ちなみに、ドットボタンは打ち具は又、別になります。)



一方、次男くん用は
全く同じものを作るのは、
私の性格上、飽きてしまうだろうと、
前開きは、ファスナータイプをチョイス。
d0289980_19155426.jpeg
オープンファスナーって、
初めてかも?とドキドキです。
で。
ご覧になってお分かりかと思うのですが、
これまた、何も分かっちゃいない私が
ごっついファスナーを購入して帰ってきてしまったのです。

お店でも、「何やら、持ち手がデカいなぁ。しかも、かなりゴッツゴツ」と思わなくもなかったのですが
見渡せど、見渡せど、これ以外に妥当なものが見つからず
なぜか目に入るのは1本1500円もする高額ファスナーばかり。

えー、どえらい出費だよー(涙)
手作り服、ってそんなに高価になるもの?!?!と
かなり狼狽えて、
後は、もう、サイズのことが
頭から離れてしまい、必死に
その中で一番お安いもの(でも600円もしたのっ)を
見つけ出し購入。

取り付けてみるも、やっぱり
なんだか、バランスがおかしい。

後日、バネホック問題で、オカダヤさんに行った際に
冷静に店内を見てみたら、
もっともっと、子供服サイズにぴったりの
しかも、おやすーーいファスナーが
普通に、当たり前に並んでいたのだった。


d0289980_19242951.jpeg
家に帰ってから調べれば調べるほど、
この右と左の身頃の間は1センチくらいが理想と買いてあるものもあったりするなかで
堂々の2センチ超え。
(写真でアップで撮った部分)

どうしてこうなったかというと、ファスナーには3センチ幅のものと、2.5センチ幅のものなど、いろんな幅があるのも知らず、
レシピ通り、前中心にファスナーを揃えて置き、端から0.5センチのところで縫った為。
もし、自分の買ったものが、3センチ幅の大きめだという認識がちゃんとあったのなら、
前端から、0.5センチ、ファスナーを飛び出させた態で縫うのだった。。。

そんなことは知らないので、こんなブザマな形となってしまった。

今回、わかったこと。

ファスナーの幅はいろいろある。
ファスナーのエレメントは①金属 ②プラスチック ③コイルがある
ファスナーのエレメントの大きさはNo.3〜No.8まであり、
数字が大きくなるほど1つの歯が大きくなる

ファスナー幅を考慮して、レシピを読んでおくこと。

と知った次第であります。


なにはともあれ、

ファスナー縫い直そうと、新たに
小さめのエレメントのファスナーを購入したのですが、
家に帰って、妹に聞いたら、


「息子たち、アウターの前は、いつも開けっ放しです!
閉めないで着ますから、なんでも大丈夫です!」なんていうのだから、
縫い直しはナシにしましたーーーー!!


ゴッツゴツも、出来上がりをみたら、そんなに
気にならないかな?


という感じで、わちゃわちゃと、
オカダヤに行っては、
店員さん捕まえて
あーだこーだと聞いて
たっぷり、おばちゃんっぷりを
自覚した次第です!

店員さんが、優しい人でよかった!
にしても、いろいろ失敗しながら学ぶものですね!

あ。あと。身頃が同じでも、お袖や襟・裾などを
変えると、結構イメージが違うものが出来て
楽しいな、って思いました♪

覚書
● バネホック (長男くん・・・15ミリ。シルバー)
次回は13ミリで良さそう
(三男くん・・・13ミリ。ゴールド)










[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-13 20:56 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)

「天地明察」 冲方丁

天地明察(上) (角川文庫)

冲方 丁/角川書店(角川グループパブリッシング)

undefined

天地明察(下) (角川文庫)

冲方 丁/角川書店(角川グループパブリッシング)

undefined


戦国の世から、泰平の世に移行しようとする徳川家綱の時代。暦を統べることは、民を統べること。神事を司るに等しいこと。
江戸の泰平を作り出すために、暦作りが必要だった。
保科正之、酒井忠清など魅力的な人たちのエピソードや、算学の関孝和の話なども加わり、とても面白く読めました。
歴史の教科書で出てきた人たち、名前だけ知っていた人たちに、血が通った、と思いワクワクしました。
さすが碁の勝負師の家に生まれてきた者だけあって、最後は、勝負に出たのですね。
勝ちにいく、布石を打って出たのは史実でしょうか?最後まで盛り上がってよかったです。


[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-07 20:46 | | Comments(2)