ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

「松浦弥太郎の仕事術」

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

松浦弥太郎/朝日新聞出版

undefined

仕事に悩みまして、手に取りました。
すごいなぁ、松浦弥太郎さん。



わたしの仕事のこと。
[PR]
# by chocotto-san | 2017-05-25 22:09

C&S本 ♦︎ ギャザーヨークのブラウス

先日、リバティの台襟のシャツが完成したとき、「コツを忘れないうちに、また台襟シャツに挑戦だー!!」とハリキッテしまいまして、こちらのブラウスに取り掛かってみました。

ところが、GWを挟み、甥っ子服に追われ、やがて、親友の誕生日が迫ってきて、約束していた娘ちゃん服を作り、ついでと言ってはなんですが姪っ子服にまで取り掛かり・・・。

あちこちで「わたし、いま、ブラウス作ってまーす!」なんて吹聴しておりました分、早く、自分服を完成させねば、ホラ吹き女になってしまうではないか〜!!と勝手に焦っておりましたが、どうやらこうやら、完成です。

d0289980_20441226.jpeg

C&S 本 「ヨークギャザーのブラウス」 
生地 C&Sさんのバンビーノ(?!)っていう名前だったはず。なんて、可憐なネーミング。

こちらの生地は、写真では分かりにくいかもしれませんが、細かいチェック柄です。
大きなチェック柄は、わたし、似合わないんですよね。
でも、爽やかにチェックを着こなしている人を見ると、密かに羨望の眼差しで見てしまう。
そんなチェック似合わない系の女が着ても、これは、大丈夫そうです。

ついでに、「丸襟似合わない女」が、この丸いカーブの襟のブラウスを着ても、なぜか、全く、違和感なく大丈夫(だと思いたい)。

というわけで、丸襟も、チェックも、「自分らしくないもの」ではあるのですが、そのてんこ盛りのこの服がどうやら、お気に入り服になりそうで、びっくりしている次第です。

手を広げると

d0289980_20491644.jpeg

こんな感じ。
ドルマン型で、袖付けがない分、難易度が下がりますし、可愛らしさも満載です。

d0289980_20504331.jpeg
でねでね。
着て、横から見るとね。

この写真みたいに、前身頃の裾と、後ろ身頃の裾の繋がり部分が、見事なカーブを描いており、ここが、すっごく可愛いのであった。

ーーうう。「可愛い、可愛いと、アラフィフ女が何を言ってる?!」という感じですが。
ボキャブラリーの少なさをお許しあれ。
(ついに白状しました!わたし、アラフィフと言われる年齢よ・・・)

d0289980_20525280.jpg
真横から見たら、こんな感じなる。
まさか、こんなに、お腹も出てないであろに、背中も、こんなに飛び出していないだろうに・・・(笑)という感じですが、
まぁ、ここまで見え見えではないけれど、着ると綺麗な裾カーブもはっきりと見えて、それがまた、足長効果を生むような、生んでないような。。(苦笑)。
(こんな体型の人がいたら、妖怪ですね、笑。)

おそらく、このバンビーノという生地が正解だったと思われます。
写真では分からないかもしれないけれど、すごく薄地で、柔らかいの!
だから、ギャザーたっぷりであっても、広がりすぎないまま、自然に綺麗に寄ってくれるし(下手だから見ないでー、ですが)
この薄さが、これからの季節にぴったりかな、なんて思ってます。

d0289980_21002974.jpg
最近、買ったばかりのリネン入りのジーンズと。
最強のジーンズで、着心地が抜群だし、形もトップスを選ばないし、ついつい朝、悩むとこれを手にとってしまう。
C&Sの美月先生と、吉祥寺店の店長さんとお揃いなのよ❤︎(蛇足でしたー)

***********話は変わりますが***********
昨日、夫が休日出勤を余儀なくさせられまして、ぽっかりと空いた一人休日には・・・と、光浦靖子さんの羊毛フエルト展を観に行って来ましたー!!
噂には聞いていたけど、完成度がすごかった。
細かい作業にも、惚れ惚れだし
何より観ていて楽しかった。
一人で行ってるのに、一人でほほーっとか、ニヤリとか、顔面がうごきそうになる。無表情では見てられない。思わず、隣の人と顔を見合わせてしまいそうな感じ(笑)。
例えば、三枚肉というタイトルの肉の羊毛フェルト作品があるとしよう。
すると、その皿の中にある「あさつき」(ネギ)らしきものは、緑色のストローか何かを輪切りにして作っていたり。
そういうアイデアも面白いし、このチャームは、どこで集めたのだろう?という少女の頃、ワクワクして集めただろうものが貼り付けてあったり。

ちなみに、会場は「ほぼ日刊」持ち物の建物ということで・・・。
本館の方で これ買ってしまった。

d0289980_21173334.jpeg
お客さんが、店員さんに「オンラインで買ったカレーに入れるスパイス。あれ、ものすごく美味しかったので、買いたいんです」と聞いていたのを
耳をダンボにして盗み聞き(?)し、「ほうほう。これか。」と真似して買ってみた。
お家カレーが美味しくなるらしいです。
楽しみだな。

***********さらに、話題は変わって************

先週金曜日の「72hour 生地とボタンとわたし」 (NHK)見ましたか?
わたし、この72が好きで、でも、何曜日の何時にやっているのか、分かってなかったんだけど、
テレビをつけて、これ、やっていたら、最後まで見ちゃう・・・っていうレベルなんですけど、
先週は、オカダヤさんで72時間、張り込んでました!!
いろんなお裁縫好きの方を見ることができて楽しかった。
みなさん、個性的だったなぁ。
お裁縫を始めて、「ああ生きているんだなぁ」って気づかせてくれた、っておっしゃっている方もいました。
モノづくりって自分を解放してくれる素敵な趣味ですよね!!






[PR]
# by chocotto-san | 2017-05-21 21:28 | Comments(24)

MPL ♦︎ 149 シャーリングワンピース(大人版と子ども版の中間サイズ)

仕事がスタートして1ヶ月と3日が経ちました。
アルバイトなので、1ヶ月といっても、数える程度しか、まだ職場には行ってません。
まだまだ慣れなくて、叱られてばかり。凹むことも多いですが、なんとか、
1ヶ月が終わった。 


嬉しいな!ってことで、少し、自分のお小遣いも出来たので、お友達の娘っこと、姪っ子用にパターンを買ってお洋服作りました。

d0289980_11145052.jpeg
パターン * MPL (サンプラ) 149シャーリングワンピース(アレンジしてブラウス丈)
(左・・・現在151センチの姪っこ用。 右・・・140サイズをご希望の娘ちゃん用)

生地 * リバティ (名前・・・忘れた! 皆川さんの、だよね?!)

以前、大親友が「え?!ミナのリバティがあるの?!?!わー、それで、むすめっこに作ってーーー!!」と言っていたので、「わたしに似合うのか?ちょっと、無理してないか?」と思うほど、ラブリーなピンクのこちらの生地、大切に温存していましたが、使用することにしました。

(しかし、作ると約束してから、その娘ちゃん、トップスは、ニットしか着ない・・・という情報をのちのち聞いたのであった・・・(涙)。袖なしなら、少しは、着る可能性もあろう・・・。そう願いたい)

親友のむすめっこに作るならば、やはり、血こそ繋がってないが、夫の方の姪っ子にも作ってあげねば・・・と、なぜか、変な使命感に燃えて、姪っ子ちゃんにも同じものを。

このMさんのサンプラ。
「キッズでもない、大人でもない、その中間サイズ」ってことです。


前回、夫の意見を聞いて姪っ子ちゃんには、「地味も、地味・・・」な生地で作ってしまったので、今回は、もう、夫の意見は、聞かないことに(笑)。
(あの方に聞いたわたしが悪かった。)

ジーンズに合いそうです。(ジーンズは、わたし用なので、この写真のバランス、すごく変だけど)
d0289980_11363032.jpeg

小学3年生の親友の娘ちゃんには、フィーシャーピンクの短パンなんかも可愛いと思いました。

さて。作る前は、「袖もないし、簡単だろうな!!」なんてタカをくくっていたのですが、お袖のところの、「自然にカーブして、脇に流れる」という三つ折りが、わたしは、どうも苦手。
そういう時こそ、糸しるしが、大活躍するのですが、1枚目は、「糸しるしナシ」のままで作ったら、やっぱり、却って時間がかかってしまった。
2枚目は、「やはり、Mさんの言うことに間違いはないのね・・・」と、大反省をし、きちんと、糸しるしをつけてやったら、すぐに出来ました(^一^)。

手間をかけて、きちんと、下準備をする大切さを痛感したのでしたー。

追記です。
脇の処理の仕方はソーイングポシェにあったfu-koさんパターン
に似ていました!

にしても。やっぱり、女の子の服は可愛いですねー♫
でも、でも。もう、簡単に安請け合いはしちゃいけないのかも。
「ウンウン、作るねー」と言ったものの、自分の中で、「どのパターンがいいのか?これは、変?難しい?わたしには無理?」とか、「えーっ?ニットしか着ないの?エ?でも、リバティがいいの??リバティでニットってあるの?」と、一人、混乱したりして。勝手に疲れちゃったりもした。
わたしの青春時代の大切なお友達だし、もう、この人には頭が上がらない・・家族と同じくらい好き!誰よりも尊敬する!というほど、大好き過ぎる親友なので、その辺は、ノープロブレムなのですが、やっぱり、希望に応えようとすればするほど、変なプレッシャーを自分に課してしまい、疲れたのであった。

とか言ってますが、「ありがとう!」なんて声を聞くと、また、懲りもせず、作ることもあるかもしれないです!(^ー^)
大いにあり得る・・・(笑)。



さて、自分服の続きに取り掛かろう!!😁

[PR]
# by chocotto-san | 2017-05-15 11:53 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)

つやのよる 井上荒野

つやのよる (新潮文庫)

井上 荒野/新潮社

undefined

井上荒野さん作品、2作目。読み進めていけば、つやのことを、もっと理解出来るのか?と頑張って(無理して)読み進めましたが、最後まで、理解出来ず。魅力もわからなかった私は子供でしょうか〜(-_-)
読解力が無い…ってことかも。
松生も魅力的とは思えず…。読むのに大変時間が掛かってしまった…。

キャベツ炒めに捧ぐ、があんなに面白かったから、不思議。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-05-10 18:22 | | Comments(0)

ラ・スーラ ♦︎ カバーオール (70)とちょっと前の着画



GW終わりましたねー。皆さんは「終わってしまった」でしょうか、「やっと、終わった」でしょうか〜。わたしは、ちょうどいい頃合いに終わったなぁって思ってます!これ以上長いと、ミシンできないし、結構、ストレスだったかも(笑)。

それでは、GW前にギリギリ滑り込みセーフで縫ったものですが、よかったら見てください。

d0289980_16244688.jpg
甥っ子三男坊くんに。
布は、オカダヤがセールをやっている時に買ったオーガニックの生地で。
(買った頃は、三男坊くんが、こんなに地味顔だとは思わなかったので、ベージュを選んじゃったけど・・・。地味すぎて似合わなかったかも😅)

d0289980_16275741.jpeg
こうやって、GWに、実家に遊びに来てくれた甥っ子三兄弟にプレゼントしました。
ーーーーーと。
強引に、GWでの甥っ子家族繋がりに話を持って行こうとしているのですが(笑)。


今年のGW「も」、甥っ子が来るぞーというのが、わたしの中のGWの一大イベント。ここ最近のGWは旅行に行くでもなし、毎年、こんなのばかりです。

今年は、「藤子F不二雄ミュージアム」へ行って来ましたー。(ずっと、気になっていたのだ。)

義理の妹ちゃんが、いつも、いつも気を使って、わたしが作ったものを、着せて来てくれるんですよ!!(気の利く妹ちゃんだー)。

d0289980_16330114.jpeg
これ、以前、載せた「ちゃきちゃきステッチ」さんの「サルエルサロペット」です!
(初の着画写真ー❤︎。 後ろ姿なら・・・ということで。)

d0289980_16373119.jpg
おいおい、そこは、よじ登るところじゃないぞー(笑)。 
ポッケの位置が可愛い!と夫が言ってました。
(というか。 夫。 「3人、お揃いなんですねー」なんて義理の妹に話しかけてた。「おいおい、わたしが作ったのよー」と言ったら、めっちゃ驚いてた、笑)。
どんだけ、わたしの作ったものに、日頃、無関心なのか、よーく分かったわ。
d0289980_16542070.jpeg

やっぱり、甥っ子達は、目に入れても痛くないほど、可愛かった。
食べ物しりとりを長男くん(小1)とやっていたら、次男くん(2歳)が、ニコニコしながら、「か」のところで「カレー!!」と、言ったので、びっくり!!
お利口すぎるー!!と、おばちゃん、デレデレです。

(話は、逸れますが、「く」のところで「鯨の肉!」と私が、言ったら、長男くん、「そんなん食べられるわけないやろー!!」だって。時代だねぇ。鯨、給食に出てたんだよー、って言っても、信じて貰えなかった。)


そして、微笑ましいのが、お兄ちゃん2人とも、三男くんが大好きで、遊びの途中、途中で、三男くんのところに行っては、ほっぺチュンチュン触ったり、チュッチュしてみたり、顔を捏ねくりまわしたり、
仲良しこよし〜の兄弟愛を見せてくれましたー。

わたしが、実家から帰る時には次男くん、「chocottoちゃん。また、あしたも、来てね」って言ってくれたのー!!たどたどしい喋り方で。
翌朝も、リビングに降りて来るなり、おじいちゃんに「chocottoちゃんは、どこ?」って聞いてたんだってー。
もう、ダメだ。可愛すぎる。

残りのGWは、もう、わたし、次男くんロスもいいところで、どこに言っても、次男くんの名前だけが、耳に入って来て(実際、最近、はやりの名前なので)、頭がおかしくなったのかと思った(汗)。

そんな頭がおかしくなった私ですが、一方、夫の親戚にも会って来ました。 90近い伯母です。
英語がペラペラで、ユーモアのセンスが抜群で、外国映画に出て来るおばあちゃまみたいな方なの。お手本にしたいなぁというハイカラおばあちゃまです。
伯母も、今頃、甥っ子ロス(我が夫のことね)かな? (そんなわけないか。)

最終日は、千葉までドライブ。


d0289980_16574194.jpeg
d0289980_16572793.jpeg
鋸山(のこぎり山)です! わー、日本のグランドキャニオンだー!!みたいなところでした♪
グランドキャニオンといえば、卒業旅行で行った場所です。皆さんは、ヨーロッパ派でしたか?アメリカ派? アジア?
私たちは、アメリカ横断だーという感じで(横断というにはおこがましいですが、東海岸と西海岸両方)出かけたら、同じ大学のサッカー部の男子にばったりラスベガスで会って、
一緒に遊んだという懐かしい思い出も。


d0289980_17021835.jpeg
で。 グランドキャニオンだと思ってたら、思いの外、敦煌みたいな感じであったりもしました・・・。
(って、敦煌は、行ったことないけど。行ってみたい・・・)

GWで、脳みそトロトロ溶けてましてん。 変な日記内容で、あいすみませんでしたー。

d0289980_18384185.jpeg
d0289980_18385974.jpeg
最後に、「暗記パン」やら、何やらかんやら・・・。皆でお茶した時のもの・・・。藤子不二雄ミュージアムのお写真で、締めくくりたいと思います♪、甥っ子長男くん撮影。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-05-09 17:06 | Comments(14)