ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

カテゴリ:お裁縫(コドモ服)( 46 )

パターンレーベル本 ♦︎ クロスショルダー(120と100)


プレゼント・・・と言えば、こちらも出来上がりました。
こちらは、失敗もないので、差し上げるのは確定しています。


甥っ子ちゃん兄に、120で。
d0289980_10050221.jpeg

甥っ子ちゃん(次男くん)にサイズ100で。(いよいよ、90から卒業!)
d0289980_10053114.jpeg
生地 :ともにjack&bean



クロスショルダーって女の子っぽいかな?と思いましたが(特に長男くんの年齢には)普通のボートネックを綺麗に縫える自身がなかったので、こちらにしました。
ボートネックって、ロックミシンをかけたあと2つ折りでしょ?(←首のところ)下手だと目立つかなぁと思って。

一方のこちらは、バイヤスで包むだけだから、簡単かなぁと思ったの。

d0289980_10073664.jpeg
なんとか、合格ライン?!

長男くんは、弟の小さい頃にそっくりです。 そっくりすぎて、笑ってしまいます。入学式の写真を見せてもらったのですが、瓜二つすぎです!
一方の次男くんは、やんちゃそうな顔が私にそっくり! これは、義理の妹にいうと感じ悪いかもしれないから、我慢して言ってませんが、
うちの母にも父にも、「私に似てない?」って聞くと「そうだねー。誰に似てる?って言ったら、やっぱり、chocottoかもねー」なんて言います。
なので、お兄ちゃんより、ついつい、次男くんを構ってしまうー(^一^)


来週は、三男坊くんのベビ服に取り掛かろうと思います。
オーガニックの生地を購入しました。



[PR]
by chocotto-san | 2017-04-22 10:12 | お裁縫(コドモ服) | Comments(3)

ラ・スーラ ♦︎ オーバーオール (70)


写真アプリ(?)メンテナンス終了しました! やっと、やっと、アップできます!

それでは、作った記録の始まり、はじまり〜。

どすこい三男坊にオーバーオール。 お兄ちゃんたちと同じ生地なので「初のお揃い服」です。


d0289980_19291679.jpg

こんな風に(↓ ↓ ↓ )肩のところで調整できるパターンです。



d0289980_19321440.jpg
成長著しい時に、背がぐんぐん伸びても、大丈夫!・・・な秀逸パターンですが、
どすこい君みたいに、横とかお腹周りがパツンパツンに成長しそうな子は、肩での調整をする前に、先にサイズアウトしそうな予感・・・。


d0289980_19285391.jpeg
 後ろ姿。こんな風に、モンキーパンツちっくに、お尻部分にはマチがあります。

お兄ちゃん達と同じように、付属布はsmileさんのヒッコリーデニム(リバーシブル)を使いました。
せっかくの「リバーシブル」なので、裾は、ヒッコリー。お尻は、裏(表?)のデニム部分を使用。

d0289980_19311516.jpeg
見返しも、お兄ちゃん達を倣って、ヒッコリーにしました。
前身頃の見返しと、後ろ身頃の見返しが脇で繋がって1周しているので、
先日作ったお兄ちゃん服と違って脇部分、「縫い目に負い目」を感じなくて済む。
(ダジャレではありません)


綺麗に一周縫えて気持ちいいくらい!

ところで。
このスナップボタン(ホチキスみたいなのでかしめる)。
非力ぶってるわけではありませんが
手の握力がないらしく、毎回、夫の手を借りねば付けることが
できないのが悲しいところ。
皆さんは楽勝なのでしょうか?

d0289980_20354794.jpeg
こうやって、プレゼントします。
(わたしがプレゼントするものは、グレーとかブルーが多いですが、このスタイの裏はレモン色です*)

そうそう。
昨日は、やっと、完成した甥っ子3兄弟服を持って、実家に行ってまいりました。
その帰りに、実家近くで売っていて、ずーっと気になていたアレを買ってきました。


d0289980_20143231.jpeg
「カルテット」(TBS)とコラボしているという「はらドーナッツ」の期間限定商品

d0289980_20160456.jpeg
豆乳とおからで出来ているという「プレーン」を自分用に。
我が家のもう一人の方には、「黒糖」を。

そしたら、昨日、ドラマの中でも「ドーナツ」食べてた。
久々に食べると美味しいね。


今、高橋一生君が熱いらしいですが、わたしは、数ヶ月前に、近所で撮影していると聞きつけて
観てきました!(そのドラマはもう、とっくに終わってます)

こういうとき、犬がいると便利!
さも、「犬の散歩だもーん」という顔をして、覗きに行く。
決して、ミーハーで行くのではない。
たまたま犬の散歩コースなのだ。
そういう顔して。

でも、冬の夕方は、日が落ちるのが早く、実は、お顔、全く見えませんでした・・・。











[PR]
by chocotto-san | 2017-03-15 20:22 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

ちゃきちゃきステッチ ♦︎ サルエルサロペット(120&100)

甥っ子(長男くん&次男くん)服、作りました。

d0289980_20393274.jpeg
パターン: ちゃきちゃきステッチさんのサルエルサロペット
生地:Basic plus さん 

d0289980_20401292.jpeg
見返しはSmileさんのヒッコリーデニムを使用。

d0289980_20405253.jpeg

お尻がぷっくり垂れ下がっている。
そのお尻より、下に大きなポッケ。

材料はDカンだけで、肩ひもは自分で結んで調整できるようです。

結構、好きキライの分かれるパターンかな?と思って、パターンを購入する前に、義理の妹に確認しました。

彼女は、「すっごく可愛いです!絶対、これ、作って欲しいです!」って言ってました。

果たして、気に入ってくれるかな?

三男坊(生後4ヶ月め)にも同じ生地で「オーバーオール」を作る予定です。
明日、パターンが届く頃かな?

完成したら、初の3兄弟お揃い服だぁ。

にしても。甥っ子服。
3人に・・・ってなると、
パターン代もバカにならないし、もちろん、生地代も決して安くはない。
おばちゃん、破産しちゃうよ・・・(汗)。
(蛇足ですが、甥っ子たちには「おばちゃん」ではなく「●●ちゃん」って言われてます〜。っていうか、最初に覚えさせた(笑))


そろそろ、ゆるりと卒業の方向で行く…?!?!

d0289980_18404059.jpeg
はなし変わりますが、最近ハマっているフランスぱん生地のアンパン。
うまうま〜。


[PR]
by chocotto-san | 2017-03-05 22:26 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

ラ・スーラ ♦︎ ベビーアフガン(Mサイズ)

たいしたことのない食べ物を写した翌日は、大抵、洋裁記事だと気づかれた方、鋭いです(^^:)恥ずかしいので、いつまでもトップ画面にしておくわけには参りません。

風邪をひく前の週に、ちょこちょこ縫い進めていたもの。

d0289980_19363411.jpg


パターン: ラ・スーラさん ベビーアフガン (M)&スタイ
生地:キルトニット・・・ smileさん 
   内布・・・Rick Rackさん ヴィンテージネイビー

これで甥っ子三男坊君への出産祝いは終わり。 既にプレゼントしているカバーオールと、今回のこれで、完結です。 こんな五月雨式なプレゼントの仕方、絶対よくないよね( ✌︎'ω')✌︎
まとめてデデンといっぺんにプレゼント出来るよう、次回はもっと早めに準備しよう!
(っていうか、次回ーーー四男坊ーーーとかあるのか? !)


今回、生地選びで「ナルホド〜」と思ったことを一つ。

当初、私の中では、グレーのキルトニットは防寒にもなるし、内布をデニムにしたらどうだろう?色の組み合わせが私の好みだし(弟家族の好みを無視しているがナンですが・・・)とっても男の子っぽいアフガンが出来るのでは?! と、ホクホクな気分でおりました。ところが、念のために・・・とsmileさんに「貴店の裏毛デニムの厚みが「厚い」とあり、キルトニットも当然、「厚い」のですが、この組み合わせって、縫いにくいですか?と聞いてみたところ・・・とても的確なアドバイスを頂きました。

「縫いにくさ云々・・・よりも、厚みのある生地を重ねることで、かなりの重みが出てしまいますよ。ベビーアフガンを床置きするためだけに使うなら、それでもいいかもしれませんが、ベビーカーなどの持ち運びアイテムに使用するなら、軽さを重視した方がいいと思います。例えば・・・・(以下省略)・・・」とおっしゃるのです。

これは、もう、目から鱗というか、ナルホドーと唸ってしまいました。

私はお子ちゃまがいないので、そういう大事な点に気がつかなかったのですが、確かに、重量を考えてあげるべきです。

ということで、結果、天竺か、接結がいいのでは?となって、家にたまたまありましたRick Rack さんの天竺/ヴィンテージネイビーというものを使用しました。


いやぁ、ホント、勉強になりました!

キルトニットのアフガンは来冬まで使えるようMサイズにしました。もし、夏にもアフガンが必要だったら、簡単ですし、別の生地でまた作ってあげようかな?なんて思ってます。


スタイは・・・

d0289980_207075.jpg


捨てるに捨てられなかった生地。ここで日の目を見た。

真ん中の車の柄は、Rick Rackさんのもの。

まだお裁縫1年生の時に、甥っ子に作った中でも、割と初期の初期で使用しました。

怖いもの見たさが優った方はここ()、見てください。

ね。ズタボロ。 こんなのをよくプレゼントしたと思います。(あ。写真ではよく伝わらないですね。)

まだロックミシンで円に縫うやり方とか、全然、できてないのー。最後の終着点がめちゃくちゃ・・・だったのだった。

懐かしいなぁ・・・。 この生地、あともう一枚くらいスタイが出来そうなほど残っています。

捨てられない懐かしい思い出の生地です。

生地 
(スター柄) × (生成り) : C&Sさんと、smileさんの粗挽きMIX天竺/生成り
 ( 車柄) : Rick Rack さん
  (スター柄)× (ネイビー): 上に同じくC&Sさん、Rick Rackさんの天竺ヴィンテージネイビー

 

[PR]
by chocotto-san | 2017-02-04 20:18 | お裁縫(コドモ服) | Comments(9)

toco. ♦️ rough raglan(90)と(120)

続けて更新します!

d0289980_191926.jpg


甥っ子長男くんのお誕生日プレゼント、1ヶ月遅れで完成しました。
(ついでに次男くんにも同じトレーナーを作成)
年末って、あれもやらなきゃ、これもやりたい・・・と本当にせわしないですよね・・・・。
三男くんの出産祝いのことも重なって、一人で頭パンパンになってました。

まず、次男くん用に襟と裾、お袖をネイビーにした時点で「長男くんにもネイビーにするのは、芸がないっ!グレーにしよう!」と思ってしまってからが長かった・・・。

ぴったりなグレーがないのである。我が家の在庫布を見ても、微妙に「何か違う・・・」と言う感じ。
いろんなお店にお問い合わせもいっぱいして、それだけで、充分疲れ果てたまま年を越しまして。

一周回って、元のネイビー案に落ち着いたのが今朝です。

明日から、怒涛の(?)新年会やら、あれやこれやの予定が入っているので、急がねば!!と思ったのが運の尽き。

またしても、(← ホント、もう、このフレーズ、書きたくない・・・涙)失敗しています。

なんとまぁ、本体は、サイズ120で作っていたのですが、年を新たにして、続きを作り始めたら、うっかり、「サイズ140」のパターンで、襟と、裾と、袖口生地をカットし、縫い合わせてしまいました。
先ほど、部屋を片付けなきゃーと、パターンをクリアファイルに入れている時点で気がついた。

「どうして、サイズ140が机の上に出ているのか?」と。

もう・・・(T_T)であります。

明日には、母が送る小包に同封してもらう算段も出来ているので、勝手にこれでヨシとしました・・・。

ごめんよー。襟ぐり、締まりがないよねー。裾もねー。お袖口もね・・・・(大泣き)。


ひとまず、着てもらって、襟ぐりなどが大きすぎるかどうか意見を聞き、ダメなら作り直そうと思います。

(前身頃の生地、一人分くらいなら残ってるから!!。でも、お袖のとてもいい生地は、もう売り切れていてないんだけど・・・!!。問題ないといいなぁ・・・・ハァ・・・。なんだか、新年早々、失敗続き。 大丈夫かなぁ、私・・・。

(追記) 今見たら、また販売されてました!! そして、いつ、甥っ子に作り直してと言われてもいいよう、先程、買い足しました。イエーイ!

d0289980_9505053.jpg


生地: 長男くんの裾、襟など・・・smileさん TOP 杢ベアフライス/幅広/ネイビー杢
次男くんの裾、襟など・・・不明
前身頃・・・smileさん「ローゲージ鬼裏毛/ハンバーガー/ネイビー」
袖と後ろ身ごろ・・・smileさんの「ローゲージ鬼裏毛/グレー杢」

鬼裏毛、さすがにふわっふわで、気持ち良さそうないい生地でした。

何はともあれ、本当は年末までにやらねばならない幾つかのこと、形になって良かったです。

[PR]
by chocotto-san | 2017-01-16 19:15 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

ラ・スーラ ♦️ カバーオール(60)・・・①、②

お正月休みが終わったと思ったら、また三連休。我が家は、昨日、久々に箱根まで日帰り温泉に行きました。
今日は、おそらく、これから、実家の両親の顔を見に、ワンを連れて行く予定でいます。

昨年暮れに弟家族に三男坊✨が誕生しまして、ベビちゃんにカバーオールを作りました。

パターンは「ラ・スーラ」さん。 サイズは、まだ60なの!!小さい✨

d0289980_13184683.jpg

こちらは、「smile」さんの生地。お腹に男の子の赤ちゃんがいるよーと分かった時に、これでカバーオールを作ってみたい!とぴんと来て買った生地です。

カバーオールは、実はこっそり覗かせていただいていた「こね太郎」さんのブログで拝見し、「わー、こんな可愛いプレゼントを差し上げるなんて、素敵!!!私も真似したい!」と心ときめかせてしまいまして、私も作ることにしました。同じ生地で作りたかったのですが、季節が違うせいか、売り切れていたので、違う生地なんですけどね。
d0289980_13235870.jpg

C&Sさんのワッペン。(私の幼稚性故に、くまさんつけました。)
ワッペンの話でもして、誤魔化そうと思ったのですが(笑)、そう!見る人が見たら、すぐに分かってしまう・・・水玉模様の柄合わせ・・・全く、デキてないっ!!!(汗)。
あはは・・・。うっかりしました・・・。



d0289980_13254933.jpg

2着目は オカダヤさんの姉妹店(?)「マーノクレアール」さんで買った生地です。

d0289980_1328366.jpg

冬っぽい柄。色合いがとっても好みです♪

特に難しいところもなく初心者の私でもできました。
今までは甥っ子ちゃん服をある程度作ると自分服に取り掛かりたくてしょうがなくなる・・・という感じだったのですが、なんだか、ベビちゃん服が楽しくて、このまま3着目、4着目・・・と職人さんのごとく、作り続けたい衝動に駆られています(笑)。

昨日、出かけた箱根。この電車を見ると「わー、箱根湯本まできたー」って思いますよね。
d0289980_13345382.jpg


箱根の山をドライブしながら、箱根駅伝の皆さんの脚力に驚いたり・・・山々に囲まれて車を走らせると気持ちいい!

まずは、すっごくベタですが、箱根小涌園 ユネッサンに行ってきました(笑)。
関東の人にはお馴染みの場所で、なぜなら、テレビCMはもとより、ポスターも年がら年中、新宿駅や小田急線内に貼ってあります!(^一^)
その割には、私、一度も行ったことがなくて・・・。今回が初。
ワイン風呂や酒風呂などの水着エリアのプールみたいな場所と、普通の露店風呂などもあるお風呂がありまして、中年二人なので、普通の露店風呂系の方に行きましたー。(こういう時だけ、中年と言い切る。)

そして、今回のメインイベントは・・・

d0289980_13444451.jpg

箱根神社。

若かりし頃、「箱根神社はパワースポットだよ」「お相手が見つからない人は行くといいらしい」と聞きかじり、行きたい、行きたい・・・と思いつつ、ご縁がなくて行ってなかったのですが・・・

d0289980_13455646.jpg

今回、やっと行けました!!

芦ノ湖をバッグにした鳥居。

これで、パワーをチャージしてきました!
実は、年末頃から、「私、楽しい、楽しいでお裁縫ばかりしていたけど、他の人から見たら、ものすごい勢いでガツガツ作ってるわー。おバカさんねー」と思われてるのでは・・・、お裁縫熱をセーブせねば・・・と思わなくもなかったのですが、楽しいから作る! それでいいではないか! と、ちょっと前向きになれました。

それに、楽しい、楽しいの積み重ねで、その先に、別のもっと何か違う新たな世界が見えるかも!!なんて思ったり。

やっぱり、箱根神社、パワースポットなのかな!

この画面を見てくださった皆様にも、チャージ、お裾分けです!

2017年、皆様にとってもいい年になりますように!!




[PR]
by chocotto-san | 2017-01-08 13:59 | お裁縫(コドモ服) | Comments(18)

toco. ♦️ rough raglan(140)と、映画「この世界の片隅に」

師走ですよー。先生も走るほど、忙しいのに、私、まだまだ縫ってます!!

先日作った姪っ子ちゃんの弟クン(小1)に作りました。
やはり、兄弟揃ってお渡ししないと・・・しかも、なるべくなら、クリスマス前に間に合わせたいなぁと、いそいそと取り掛かる。

d0289980_14245421.jpg


パターン toco.さんのrough raglan140です。
前身頃が短くて、ゆるくカーブになっている&後ろ身頃がサイドと前にまで掛かるライン・・・というところが可愛いらしいパターンです。

生地はsmileさん(身頃も、お袖も)
お袖の生地は、ローゲージ鬼裏毛です。
ひっくり返すと分かりますが、ループがモサモサしていて、さぞ、暖かいだろう、というフワッフワの生地です。

「身頃とお袖が、違う種類の生地なのは、いかがなものか?」と、作る前に、随分、悩みました。

「これは、一度、異素材で作るとおかしいのか、大丈夫なのか、試してみて、この目で確かめるしかない!」と思い切って、作ってみることに。

それが、こんな感じ。(裏にひっくり返したところ)

d0289980_15201719.jpg


もちろん、異素材であることは素人目にもよく分かるのですが、表から見た感じ、触った感じも、そんなに問題なさそ〜なので、いいことにしました。(← いいのかな)



小学一年生で140。大きいですよね。彼のママが「背は低いのに、とても太っていてー。140にしてほしいですー」と言ってました。 かなりたっぷり目の身頃だよーと再度、メールして見たけど、やっぱり「140」とのこと。春は120だった子が! 

生地は、最初、お姉ちゃんとお揃いにになる予定だった(詳細は前々回の記事をお読みください)フラミンゴの色違い&素材違い。

男女のお揃いって、難しいけど、私としては、なかなかいい案だと思っていたの。
ま、そのアイデアは流れちゃったけど、ま、いいか!

それよりー!!またやらかしたー!!

d0289980_1430329.jpg


襟の縫い目は、普通、左サイドの後ろ身頃と袖の縫い目のところに合わせる・・・ということはよくよくわかっていたつもりなのです。
が。toco.さんの型紙って、襟と、肩合わせのノッチの印がなくて、「各自ご勝手に」形式で、襟布の縫い目を左後ろの肩線に合わせて、あとは、目分量(?なんか、変な表現だな)で適当に(?)縫い合わせる・・・っていうやり方なんだけど、それよりも、後ろ身頃の中心線と前身頃の中心線に、自分で合印をつけて縫い合わせる方が確実な目安になるかなーと思って、縫い縫いし、(←この時には、後ろ側に、襟の縫い目が来ているつもりだった)ロックをかけてから、表に返したら、(後ろ側ではなく)正面に縫い目が来ているのだった・・・汗。 

ロックの際に、少々、布を切り落としているし、ロックの糸を外す暇なし!(なぜなら、夫が、半休で帰ってくる、との急な連絡!部屋を綺麗にしてお迎えしたい・・・)と、もう強行突破。
その恥ずかしい正面の縫い目に、刺繍糸で「×、×、×」と縫うことにして、さもデザインであるかのように装った(汗、汗、汗)

それが上の写真です・・・(恥ずかしー。ばればれよねー)
慌てて、茶色の刺繍糸に違和感がないよう、茶色のタグまで着けてみた。
見苦しい??? ・・・・・(あはは)

ま、男の子だし、い、いいよね・・・(ごめんよー。)

ところで★ 最近、映画づいている私です。
先日はこれを観てきました。


d0289980_14405958.jpg


何も知らないまま出掛けたのがよかったのかな。(夕方のニュースで、SNSから拡散して人気が高まった・・・というところだけ、聞きかじった)
とても良かったです。

行って良かった、と本当に思いました。

映画館を出て、すぐは、何も語れない感じ。思いが溢れ出そうで、でも、何か語ると、全て違ってしまうような気がして・・・そして、内容が重層的で、何から語っていいのか分からなくなり、声が出ない、あの感じです。

しばらくしてから、夫とポツリ、ポツリ・・・と感想を言い合い、少し歩いてから、お昼ご飯を食べに、お店に入ってからは、どこが良かったか・・・と、言い始めたら、また思い出して、涙が出そうになる。

涙は出るけど、「悲惨」とか「惨め」とか、そういう映画ではないのです。
見終わってからも、見てる時からも、「今、ここにいる身近な人」を大切にしたいな・・・と思わせてくれる、温かいものがこみ上げてくる映画でした。



d0289980_1501934.jpg


アニメだからこそ、表現できることって、あるんだねー、と夫としみじみ・・・。

実は、アニメの映画、って観たことなくて(多分、変な先入観を今まで持っていたのだと思う)アニメの力に驚きました。

原作もあるそうですね。
買ってみようと思います。

能年玲奈ちゃん改め「のん」さんの声優っぷりも、見事!
コトリンゴさんの挿入歌も素敵!

でも何より、緻密な取材に基づいた当時の風景が忠実に再現されているらしく、味わい深かった。
なんども観たい、そんな映画でした。



[PR]
by chocotto-san | 2016-12-21 15:27 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

パターンレーベル♦️キッズ(160) スタンダードプルオーバー

まずは、これを見てくれはれ。

d0289980_10505773.jpg



パターンレーベルさんのキッズカテゴリーにある「スタンダードプルオーバー」の160サイズを作りました。

滅多に登場しませんが、私には姪っ子もいます。夫方の姪っ子ちゃんで6年生。
お年頃だし、私が作ったものなんて嫌かもしれないし、好みも分からないし・・・と最近は、滅多に作らなくなっていて、確か、昨年作ったリバティのワンピ(→ これ)が最後だった。

でも、布の在庫処理も兼ねて(←内緒ね!)中学生になる前に最後にもう一枚作ろう!と思ってコレを作った。ところが、出来上がりを見て、夫が言ったのだ。「えー、可哀想じゃない??」と。

「え?え?どこが?どこが可哀想なの! すっごく素敵じゃない! いい生地なのは、触ったら分かるよ!」といってみたのだが、「エーーー。だって、鶴でしょ? 6年生が鶴って・・・」とかいう。
「鶴じゃないよー。フラミンゴだよ!」と私。「フラミンゴって言っても、鳥でしょ?鳥って、喜ばれるのかね?」と。そう言われれば、「グレー」って、キラキラ好き(だったとしたら)(←趣味が分からない)テンション下がるかなぁ?と不安になり、「致し方なし!」と布を買い足すことにした。

これでは、全く、「布の在庫処理」という目的から外れてしまっている・・・と、思わなくもなかったが、私のセンスより、夫のセンスを信じて、作り直すこととした。

で。「smile」さんと「Basic plus」さんと「puriri」さんのHPを見せて夫に全権委ねて決めもらったのが、これ。

d0289980_1105484.jpg

puririさんのランダム★(スター)。

夫いわく、「ラブリーな花柄は、嫌いな子もいるけど、星なら、誰でも好きなはず」とのことだ。
私が、リボン柄を勧めてみても、コスメ柄を勧めてみても(いずれもpuririさん)頑として首を縦に振らない。

で、縫い始めたのですが、どーも地味な気がしてならない。
フラミンゴ柄を選んだ私が言うのもなんだが、グレーより、このオリーブナンチャラ、と言う色の方が、
キッズ160の大きなトレーナーには、全体的に、地味さが増す気がする。小さい男のこの服くらいの面積だったら、可愛いとは思う。あるいは、リブの色を水色やスカイブルーみたいな色でさし色をしたらどうか?と提案してみたが、「下手に動くより、同系色がいい」との意見であった。

確かに、冒険して、痛々しいトレーナーになるのも怖いので、リブも同系色で。

私の方の甥っ子パンツか何かだったら、私の好きなようにするのだが、夫のメンツもあるだろうから、私のセンスより夫の見立て重視。

なんだか、お爺ちゃんの股引、みたいになトーンになっているような気もする・・・と、少々落ち込んでおります・・・。




そうそう。上の「フラミンゴ柄」の方は、キッズの(160)で、私でもイケるかなー?と着てみた。
ちょっと、苦しい。160といえども、さすがにキッズは無理みたい。inにTシャツならまだしも、シャツを着たら、パツンパツンだった。
いろんな方に「細いよねー」と言ってもらうので、てっきり、私は細い人かと思っていたら、どうやら、そうでもないらしい・・・と己を知った次第であります。

一方、同じ身長(160)の母に着てもらったら、母はオッケー。大丈夫。着られる。
パツンパツン・・・ということもないし、むしろ、母のために作ったかのような感じ。ジーンズとも合いそう。

70過ぎてもジムに通う元気な母に、これをプレゼントすることにしまして、とりあえず、納まるところに納まった気がして、ホッとしました。

さて。布の違い。
フラミンゴ(Smileさん)の方が厚手の生地でした。キルトニットって、中の綿が作業中にはみ出してくるのかと思ったら、そんなこと全くなくて、縫いやすい!!
本当に、いい生地で、うっとりだった。少し余っているので、甥っ子のブルゾンを作ってみたいと、急に実力以上のものに手を出したくなるような、そんな生地。

一方puririさんのランダムスターは、それに比べれは薄手。それに、時々、中身の綿がはみ出してきて、ハサミで処理しながら作業。(特に取り扱いが難しい訳ではありません)

ちなみに、こっちも試着してみた(← おいおい。着てみたのかい?)ら、やはり、ちゃんと計算されている柄なのね、子供に相応しい柄なのね。
これ、案外、着たら、可愛いのかも。。ものすごく!
(割と、イマドキの子が着てそうーって思った。お団子頭の可愛い女の子が、似合いそう!!な柄だったのだ。
あとは、きっと、コーデ次第だよね!)

という訳で、最初は「股引っぽいかも」と、ちょっと落ち込みましたが、「ヨシ!だいじょうぶ!」って、ことにしました〜(*゚∀゚*)


それにしても、6年生で160サイズって言ってたけど、姪っ子ちゃん、大きくなったのね・・・。



[PR]
by chocotto-san | 2016-12-16 11:33 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

Rick Rack ♦︎ ベビーTシャツ・・・④

今日は、寒かったですねー。東京は、12月末ほどの気温しかなかったのだとか。
雨も降っていたし、今日は、一歩も外に出なかった。

ワンの散歩ですか? それがですね・・・・ワンには、 「雨だよ」と 言うと、なぜか、彼女、散歩の催促を一切しないのであります。


そうなのです。うちのワン、「雨」の意味を理解しているようなのです。

犬の言語理解力の話が出たついでに。こんな言葉もわかります。

それは 「ちょっと、どいてて?」 です。

お台所にやって来て、じーっと手元を見ていることがあるのですが、邪魔だなぁ・・・と思って、試しに「ちょっとどいててくれる?」と言って見たら、ササッと下がった。

まぐれかな?と思ったのですが、それ以降、何度も試すけど、やっぱり 「ちょっと、ふうちゃん、どいてて。」っていうと、下がる。 健気なくらい、聞き分けがいい。  なんなんだ? この聞き分けの良さ。

(私が犬だったら、口ごたえ、とか、言い訳、とか、一回はする、と思う)


と。 随分、お裁縫ネタとは関係ない話になってしまいましたが、今日は、そんなわけでお裁縫を黙々とやっておりました。

おかげで 甥っ子次男君に完成させることができました。

甥っ子(90サイズ)。

d0289980_113206.jpg


先日、長男くんに作ったので、次男くんにも・・・と慌てて作成。
(なぜなら、明日、遠路はるばる、実家に弟家族が来ることになったので。)


さて。作った感想。

接結の生地は、気持ちいい肌ざわりなのですが、縫うのは少し、苦手意識があり、今回も、それが払拭されたわけではありませんでした。 

それから、襟から肩に掛けてのパイピング。 これは、接結の生地に比べて、とても厚みがあり、さらに、生地を包む(4つに折る)うちに、その厚みの、さらに4倍になるわけで、「そういえば、私、ニットのパイピングって苦手だったんだった!」と思い出したのですが 明日のプレゼントに間にあわせるには、パターンの変更は不可! というわけで、強行突破。


とはいえ、今回は、強い味方があります。

それは、段付き押え(抑え?)。


実は、最初、段付き抑えの存在を軽視しており、買ったはいいが、使わず縫って見た。 納得いか〜ず。

不承不承、リッパーで糸をほどき(接結の糸ほどきは、縫うこと以上に苦手)段付き抑えに変えて縫って見たところ、「使用しない」よりは、綺麗に縫うことができました。
あくまでも、自分レベルの話なのですが・・・。

当時、何もわからず、右1、右、1.5ミリ、右5ミリ・・・と買ったのですが、左こそ、欲しかったかなー。

なんとか1日で完成させた服は、冬服というよりは、下着みたいな、薄着のものですが、在庫布も少し減ってやれやれ・・・です。 (ところで、布はどこのかな?C&Sさんだったかしら? )

さてさて。

今日は、この引き籠りした1日のおかげで、自分用のボトムスも一つ完成させることが出来ました。

明日、お天気が良ければ、写真を撮ってアップ
したいと思います。

お時間があれば、見てやってくださいませ。
[PR]
by chocotto-san | 2016-11-12 09:39 | お裁縫(コドモ服) | Comments(0)

パターンレーベル ♦︎ クロップドパンツ(120)

d0289980_17224329.jpg

先日自分服を作った残りの布(C&S チノクロス ゴールドブラウン)が100センチほど余っていたので、甥っ子にクロップドパンツを作りました。

サイズ120の長男くんで、ちょうど使い切り!!
これが、もう少し少ない生地だったら、90サイズの次男くん用になっていた、というだけのことで、余った布の用尺で、長男くん用にしたまでのことだが、弟君、自分のがないと知ったら、悲しむだろうか・・・ 。(しかし、君の分は今回はナシだよ・・・。おばさん、自分服、作りたくてうずうずしているから・・・)

ポケットのタグ

d0289980_17265453.jpg


ステッチは、シャッペスパンの30番で。
子供服を作る方には当たり前なのかもしれないけど、皆さん、普通に30番を使われていることを知って驚愕!! (←)

子供服から洋裁趣味に入っていく人も多いと思いますが、私の場合、そうではないので、皆が知っていることでも、今さら知ることもあったりして、勉強になったりしてます・・・。

そもそも、uteさんのブログでお子様のパンツのステッチを見る度に憧れていたのだ。
「ステッチいれました」という文言に。



そして、実際、やってみて、ステッチに開眼してしまいました!楽しい!楽しすぎるのです!!

わー、これ、ストレス発散になるかも〜。モクモク・・・と、ひたすらまっすぐに縫えばいいので、気が楽なのです! 初めて、っていう緊張感もあったので、1本縫うたびに、「あたし、ステッチしてるー!!憧れのステッチーしてルーー!!」って 感じでした。

(そのうち、「ステッチ、長くてうざいわ」とか思うのかもしれませんがね・・・)

d0289980_17381880.jpg

前開きも、飾りステッチで。(これも、皆さんよく、縫われていて、さぞ、難しいことをしているのかと思ったら、普通にステッチ・・・てことで、知れば、納得)

ウエストゴムは、2本仕様。(kokoさんブログで見て、やってみたかった。ここでも「やってみたかったシリーズ」一つ達成!)


と、あれも、これも、知らないこと、やってみたいこと、を体験できて楽しかったです!!
(子供の日記か?!)

そうそう。パターンは パターンレーベルさんの本「LESSON BOOK」から。
買ったはいいが、一つも作らなかったらどうしよ〜と思っていたのですが、こちらの本から、2つ作ったし、なんとかノルマ達成! 

昨晩、遅く帰ってきた夫も、この出来上がりを見て、「既製品みたいだね」と珍しく褒めてくれました。(酔ってたからか?) でも、「作ってあげようか!」と提案して見ると 却下されました。 速攻で。


11月22日(追記)
昨日、着た写真を見せてもらいました。
くるぶしが見えてるせいなのか、ものすごく背が高く見えるというか、頭が小さく見えるというか、バランスよくお洒落にみえるパンツでした。 あの着こなしを見たら、また作ってあげたくなりました。


[PR]
by chocotto-san | 2016-11-03 17:44 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)