ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

カテゴリ:お裁縫(小物)( 63 )

Rick Rack ♦︎ スマイリーリュック・・・④

2週間ほど前に、衣替えをしました。
その際、袖を通さなかった夏物をバッサバッサと(?!)処分して、ついでに、ときめかない秋物&冬物も廃棄していたら(←こんまりさんが「ときめくかときめかないか」を判断基準にして物を処分することをお勧めしていた)、これから先の服を作る気力が全く失せてしまった(^_^;)。
当分、ものは増やしたくない・・・と勝手に脳が判断してしまったのだろうか。

というわけで、(←なのか?)自分服はお預けにして、在庫布の中から、従姉妹の娘ちゃんに、リュックサックを作ってあげることに。
申し訳ないが、在庫布を減らしたい・・・という気持ちもあったので。(ごめんねー)

ではあるが、一応、本人の希望を聞きました。

polka dropsさんの裾がひらひらしたショートパンツと、リュックサックどっちがいいかなぁ?と聞いたら、即答で「リュック!」とのこと。(今回使用予定の花柄の布を念頭に置いて、このどちらかのパターンがいいのでは?と思ったの)


で、完成しました。

d0289980_10472083.jpeg
パターン:Rick Rack スマイリーリュック
布:Rick Rack(表布、裏布、バイヤス、すべて)

最初、夫に、布を見せながら、「これでリュックサックを作るんだけど・・・。ムスメちゃん、『ひよっこ』好き、って言ってたし、昭和レトロな感じが可愛いよね???」とさりげなく、夫の感触を聞き出そうとしたら、「へー、この生地で作ったら、キャスキッドソンみたいだね♪」なんて言うので「だよね、だよね、小学3年生だったら、こんな感じ、好きだよね!」と、かなり肯定的に夫の発言を良好的に捉えていたのだが、翌日、また、この布を見ながら、ぽつりとこう言ったのだ。

「それさー。中国で売ってる、キャスキッドソンって感じだよね(←にっこり)」


つまり、〝バッタモン〟っぽいよねーと言ってるのと同じではないか?

辞めろ、ということか?

と、あれこれ考えて、しばし、じっと、布を見つめて固まってしまいましたが、従姉妹の娘チャンは、リュックサックが手元に来ると思ってるだろうし、母に相談したら、「そんなことない!可愛いから大丈夫!」と背中を押してくれたので、作ることにしたのであった・・・。

裏はこんな感じ。リネン生地。ポケットが2つあります。
d0289980_10515626.jpg
 背中には、リボンのタグを。
d0289980_10525763.jpeg
d0289980_11302235.jpeg
リュックのトップに引っ掛ける紐もあります。
凝ったパターンだなぁ。しみじみ・・。

若干、ラブリー過剰気味な気もするが、先日お会いしたときに、とっても「女子〜&素直〜」な感じのこだったので、喜んでくれるはず、と思いたい・・・です。。

前置き長いですが、作った感想です。

実は、このパターンの使用は4回目です。
最初は、4回目だから、楽勝だろうとタカを括っていたのですが、なかなかどうして・・・全然、上達していないことが分かりました。
まず、前3回は、「ポケットには接着芯を付けないで(開けたら見えるから)」というレシピの元、代わりに、裏地を縫い付ける、という裏技(大袈裟)をやって、割と、しっかりしたポケットにしていたのですが、今回は、そのナイスなアイデアをすっかり忘れて、表布だけで作ったら、ポケットだけ、ペラペラ感が出てしまった。他が、中厚みの接着芯で、割としっかりしたボディなのに、ポケットだけ、ぺっらぺら。今回は、ガーゼハンカチを入れて膨らませたけど、何か入れないと、多分、変・・・(涙)。

あと、縫い代をバイヤステープで包む箇所。(今回はリックラックさんで売っていたリネン・・・色はローズピンクを使用)
ハンカチやらなんやらでバイヤス訓練していたはずなのに、厚みがあってカーブもあっての今回は、綺麗にできなかった。

でも、おおらかな従姉妹なので、そんな細かいこと、気にしないと思うので、このままオッケーにしちゃおう。
喜んでもらえるといいなー!!

そして、何より、またあの、ムスメちゃんに会えるのが楽しみだったりします。
ーーー 次回も、自分服ではなくて、自分雑貨(小物?)の予定です。洋服、なぜか、今は、作る気湧かず・・・。






[PR]
by chocotto-san | 2017-10-19 11:08 | お裁縫(小物) | Comments(10)

パターンレーベル ♦︎ ツインショルダーバッグ

迷っているところなのです。
お時間を頂きますが、まずは、これを見てくださいませ。

d0289980_13492678.jpeg
私もパタレさんのツインショルダーバッグ、作りました。
SとMサイズがあり、大きい方です。

先に作られたuteさんが帆布で作られていて、「なるほどー!!そっち系がお勧め布なのね!」と思ったのですが、時すでに遅し。
布、すでに買ってました。
帆布だと、あの硬さのおかげで、底のツイン部分が活きてくるのですが、私はこんな生地を購入していたの。


d0289980_13531724.jpeg
C&Sさんのアルチザンという、なんとも男前な名前の生地で、こんな感じで、透け感があります。
透けたザクザク感のある生地のバッグを肩掛けしたいなぁ、自転車乗る時とかにいいかなぁ、なんて思ったのです。


しかし、魅力的な布でしたが、チャコペンは、シャープペンシル型の細めタイプのものを使っているので、「点」で記す箇所、チャコペンの芯が、布を突き抜けます(汗)。太いペンタイプのチャコペンを持っていれば問題なかったのでしょうが、生憎、持ち合わせていないので、もれなく、しつけ糸で糸印つける作業が発生してしまったので、若干、イラっとしました(←こういうのも楽しむ余裕が欲しいものです・・・)

でね。迷っているのは、ここからなんです。

やっぱり、地味かなぁ。。。とふと思って、こんなものをつけたらどうだろう?と思い始めました。

(A案)

d0289980_14034475.jpeg

ちょっとフォークロアな雰囲気を醸すバッグに変身させる。

(B案)

d0289980_14044695.jpeg
台湾で買ったテープ。A案がチロリアンテープなら、こっちはチロチロテープ、って感じ。(←あんまり面白くない。ダジャレ下手なおじさんレベル)
イメージは、チェンマイのバッグ(←以前、黒やぎさんが、チェンマイで購入されたものを、ほんの少し、彷彿させる・・・と、本人は思っている)。

やはり、初心に戻って、無地のままかなぁ・・・。

うーむ。どうしよう。

洋裁人なら、リッパーという心強い小道具があるのだから、A案、B案、順番に楽しむことも可能なのだけど。
せっかく、お夕飯の準備をするまで、たっぷり時間があるから、さっさと決めて縫い付けてしまいたかったのだが、
迷いに迷って、ここで一旦、ブログアップすることにしました。

皆さんは、どちらがお好き?と、もし聞いてしまっても、結局、最終判断は、自分だし。
うーむ。本当に、悩みます。




そんな時は、話題を変えて。是枝監督の「三度目の殺人」見てきました!
[PR]
by chocotto-san | 2017-09-22 14:25 | お裁縫(小物) | Comments(4)

C&Sさん (おまけレシピ) Tトート



またまた赤いものになりました。

d0289980_15065013.jpeg
C&Sさんのおまけレシピ 「Tトート」です。

実は、作ってまだ載せてない(← ボタンをつけてないので)服が1枚ありまして、「その服には、絶対、赤いバッグが必要!!」と思って、慌てて作ったものです。

「赤いバッグで、簡単そうなものなら、なんでも・・・」って感じで作ったのですが、これ、作って正解!  
可愛い!!!


d0289980_15092697.jpeg
内布をつけました。 
その内布はポランカのリネンさんです。
表はC&Sさんのオリジナル帆布です。

d0289980_15101218.jpeg
ちょっと、遊んでしまいました105.png

子供っぽくなっちゃった(汗)

そのくだんのボタン付きブラウスのためのハズが、私の普段のお洋服にもコーデしやすくて、すでに何度も活躍しています。

近所だけではなく、車に乗るとき、電車で都内に行く時すらも!(「人種のるつぼ」で、色んな人がうようよ歩いている秋葉原でも、口が開いたままで緊張したけど、
全然、大丈夫)

お財布、携帯、文庫本、サングラス、ポーチは、綺麗に収まりました。

夫も「え?それ、作ったの?」とびっくりしてました。(← このリアクション、珍しい!)











[PR]
by chocotto-san | 2017-09-06 15:25 | お裁縫(小物) | Comments(2)

母に頼まれていたもの・3点

毎日暑いですね。暑いの苦手です・・・。

母に頼まれていたもの数点ありましたので、作りました。

まずは、病院に行く時に持って行くあれこれを入れるポーチ
d0289980_10352433.jpeg
Rick Rack さんのフラップポーチです。

d0289980_09543661.jpeg

d0289980_10372176.jpeg
在庫布消費のため、りんごちゃん(コットン)とかなり厚手の茶色の布(コットン)と、リネンを合わせました。りんごちゃんの部分には、接着芯を貼ったのですが、リネンの部分は、貼らなかったら、生地がタポタポしちゃいました。 家族用だし、許してもらえると信じてます✳︎
ところで、こんなところに、何かを入れるスペースがあるのですが(今、日焼け止めを挟んだスペース)、こういうスペースって便利なのでしょうか?
ファスナー部分と、この部分、上下が反転しちゃうので、ものが落っこちそう・・・などと、ちょっと、思ってしまいましたー。
(母には、何度も、このパターンでいいの?と聞いたのですが、いいよーということだった。)

続いて・・・
d0289980_11164414.jpeg


 母の趣味は刺繍です。孫(私にとっての甥っ子)が生まれた時に、名前とお誕生日と、体重、身長を書いたコレ(↑)を作って、プレゼントしていました。
刺繍までは自分でやって、あとは、専門業者の方に、表装(?)を依頼していたみたいなのですが、今回の三男坊くんのものは、私がやることに。
(って言っても、裏地をつけて、吊るし棒みたいなものが外れないように縫っただけ、です。刺繍は、母よ!人の作品に、ハサミ入れるときは、緊張しますねー。親といえども、こんなに緊張するのだから、友達に、頼まれたりしたら、ハサミ入れるだけで、丸一日悩みそうですー。)(←ここ追記しました)。

参考までに・・・と、長男くんのものと次男くんのものを預かりましたが、随分、黄ばんでいますねー。(左と真ん中のもの)
義理の妹ちゃん、ちゃんと、飾ってくれてるんだな、とこういうところで分かります。ありがとね。
気を遣ってくれて(^一^)。
姉からもお礼言いたいですー。

ちなみに、今回のは、こんな柄です。3人とも全部、ピエロで統一したみたいです(^一^)。デザイン、探してくるのも大変なんだろうなー。
d0289980_10493912.jpeg
そうそう。これを準備するにあたり、母と京橋にある刺繍趣味の方の聖地(?)みたいなお店に行ってきました。
たくさんの刺繍本やら、糸はもちろん、キット、小道具、たくさん売っていましたー。

知らないだけで、「○●に特化したお店」って、いっぱいあるんですねー。刺繍と洋裁、親戚みたいな世界だし(?)楽しかったー♡。


最後は。

d0289980_10505470.jpeg


パタレさんのボックスティッシュカバーです。(おまけレシピ)
実家用に、一つ押し付けまーす(依頼されたわけではない・・・)

在庫布、着々消費中!!



[PR]
by chocotto-san | 2017-08-01 10:54 | お裁縫(小物) | Comments(10)

タオル de リバティ 

布の在庫が〜〜〜!!と、いつもいつも、わめいています。
でも、その割に、減らそう!という努力が足りていないわたしです。

今回は、お裁縫を始めた頃から、気になっていたタオルづくり。
満を持して、溜め込んだ(?)リバティを使って、タオルを作りました。

d0289980_13444266.jpeg
頑張れた理由。それは、恒例のマンションの女子会が予定されていたのですが、「もしかしたら、ランチの後のお茶会の会場は、そろそろ、うちの番かなぁ〜。家を綺麗にしなきゃ!それから、タオルも新しくしておかなくっちゃ!!」という目標があったから。


タオル地(ガーゼ)は、リックラックさんで、大昔(?!)セール価格で買ったもの。
四分の一サイズにカットして、そのうちの二つが形になりました。(残りの二つ分は、また、次回、気力がある時にやろう。)

【タオルA】

d0289980_13493256.jpeg
d0289980_09093246.jpeg
【タオルB】

d0289980_13495467.jpeg


d0289980_09095823.jpeg

タオル地の周り4辺にロックミシンをかけて、その後、バイヤスで囲みました。


結局、お茶会の会場にはなりませんでした。

8月に、札幌のお義母さんがいらっしゃる時まで、
大事にとっておこうと思います。

(もったいなくて、普段使いにデキナイ貧乏性のわたし、笑)


そして。

これが、わたしの大掃除と、タオルづくりの促進剤となった
「マンション女子会」の模様
d0289980_14063444.jpg
タイ料理@下北沢を食べに行きました。ここ、注文時に「ヴィーガンにしてくださーい」というと、動物性のものナシで、なんでも作り替えてくれるありがたーいお店です。
わたしだけ、ヴィーガンに変更です。

そして、斜め前にあるお茶専門店に移動。まぁ、よく、喋る、喋る。
わたしは、おそらく、この中で、一番、おっとり。(←よく言えば。)(悪く言えば、なんだか、いつも「へー、そうなの?」「えー。知りませんでした」「そうだっけ⁉」って、言いっぱなし。情けなし・・・)
もう、何も、口を挟めないほど、皆さん、元気で、次から次へと、話されるし、問題意識を持って生きていらっしゃるんだなぁって感心しっぱなし。

でも、いい刺激が貰える!


そうそう。最近、マンションの植木問題やら、なんやら、かんやらで、男子陣が家に来ることが多い。
そのあまりの回数に、悪い意味でお客様が来ることに、慣れてきてしまっていたけれど、「女子が来るかも!?!?」と思ったら、かなり、焦って、細か〜い気になる所の大掃除が捗りました。

たまに、「主人の代わりに」と奥様も来ることもありますし(←その時は、かなり、焦る)、もう少し、気を引き締めて、普段から、お掃除頑張らなくちゃ、って思いましたー。

毎回、言っている…。






[PR]
by chocotto-san | 2017-07-03 14:19 | お裁縫(小物) | Comments(6)

その後のハナシ

先日のポーチの3つ目を作りました。(← しつこい・・・。でも、綺麗なのをプレゼントしたかったのだ)

d0289980_10055051.jpeg
コメント欄で、「内側の縫い代隠れないんですね!」といただき、「そうそう、隠れないよー」とお返事を書いたのですが、「そうだ、そういう時こそ、写真でお見せするべきだ!」と思いまして、撮ってみたよ。

d0289980_10072696.jpeg
こんな感じ。
3つ作って分かったことは、なんだか、1個目も、2個目も、3個目も、たいして出来は変わらない・・・ということでした(涙)。
格段に上達したわけではない、ってことであります。

ちなみに、以前作ったリックラックさんのポーチは裏地付きです。今もガンガン使ってます。

d0289980_10121005.jpeg
中は・・・

d0289980_10123366.jpeg
バイヤスで包むタイプです。 こちらの方が、裏は綺麗だし、丈夫かも。。

なにはともあれ、ちょっと頑張ったので、今回作ったうちのどれか、(もう、どれも痛し痒しで、悪い意味で選べないんだけど)お友達に貰ってもらおうと思います。
(ごめんよ、お友達。。。)

ところで。

先日、こんなことが・・・!

d0289980_10163848.jpeg
いつも行く自然食品のお店で、買い物をしていたら、「1・2・3・4・5」と、数字が並んでいたーー!!
お店の人に「わー、みてみて!」って喜んで言ってしまったら、「おめでとう!」と言って、お店のオレンジ(?)をプレゼントしてくださったよ。



[PR]
by chocotto-san | 2017-04-25 10:21 | お裁縫(小物) | Comments(8)

chikuchikuhappy  ♦︎ 裏も綺麗に仕上がるコスメポーチ 他

ハァ・・・
だめだ。 付け焼き刃の技術で、お友達にプレゼントするのは無謀ってことね・・・(涙・・)。

久々にビニールコーティングで小物作りに挑戦しました。
お友達へのお礼の品に、と思って。

ところが
ところがである。

「ううう・・・。ビニコって、難しいのだったー!!」と、2つ作ってみて、ようやく、そのことを思い出したのだった。

d0289980_22581666.jpeg


こちらのパターン。“形は”、可愛いんですよ!(chikuchikuhappyさん。
その名も 「裏もきれいに仕上がるコスメポーチ」)

d0289980_23030748.jpeg
正面はティッシュが入れられるポケット付きで、
マチの部分、わかりますか???ファスナー端布、という布が付いてる〜♪
(ここ、ポイント高し)

しかーし。 「裏もきれいに仕上がる」って銘打ってるから、てっきり、縫い代とか、あーだこーだやってるうちに、綺麗に隠れるのかと思ったら、
中を開けたら、全然、見えてるし!!
油断してるから、縫い代部分、汚いしっ!!

それが1個目の反省点。

気を取り直して、2個目は、縫い代にも、神経を使いつつ、糸調子も何度も、ダイヤル回して、調整して、頑張ってみた。

というのも。

普通に、今までのミシンのダイヤル調整だと、取説の言葉を借りると「上糸が弱い」状態のミシン目になるです。
で。もちろん、1個目だって、最善の注意は払ったけど、
「これは、お友達にあげるんだ。1個目より、きれいに縫わねばー!!」と、気合い十分で取り組んだけど、
なぜか、またもや、ダメダメ点が目についてしまう・・・。

糸調子に、あんなに注意を払ったし、途中までは何度も、裏を確認して「ヨシヨシ。」「しめしめ」と順調だったはずが、
完成品を見てみたら、「なんか、さっきより、糸調子おかしくねぇ???」という塩梅なのだーー!!!

どうしてだーー!!! そんなマジックみたいなことあるのかー?!?!
糸調子があやしい、ということは、カーブの辺り、使用しているうちに、ほつれそうなの〜(T_T)。
どーしましょ! 差し上げたら、怒るかなぁ? 
お願いっ。笑って! 「あはは。ホントだ。」って笑ってくれるといいんだけど。

どちらを差し上げるべきか? どちらも痛し痒し・・・状態なのだ。

っていうか、そもそも、人様に差し上げるのは、ストップすべき???

もう一つ、プレゼントとして、こちらのハンカチの中の1つもプラスする予定。

d0289980_23214126.jpeg
リバティで包んだタオル地のハンドタオル。

3つありますが、そのうち2つは、すでにお嫁に行きました。
1つは、マンションのお友達が、「実家のオレンジでマーマレードを作ったのでお裾分けー」とくださったの。(ベラボーにウマウマだった。)そのお返し。
もう1つは、「急だけど、今からお茶しない?」と誘ってくれた、これまた別のマンションの友達。
持っていけるものが、りんご1つしか家になくて、翌日、慌てて、このハンカチ持って行ったのだ。

お二人とも、とても喜んでくださった。
「手作りっていうのが、すごく嬉しい!」と、偶然、お二人とも、そうお礼書いてくださった。

やはり、買ったものよりも、苦労がにじみ出ていたのかしらん(苦笑)。
しかし、苦労が滲み出ていればいい、というわけでもあるまい…。

どーしよ〜。






[PR]
by chocotto-san | 2017-04-21 23:29 | お裁縫(小物) | Comments(4)

polka drops ♦︎ ルームシューズ

いやぁ〜。ルームシューズまで、手作りできるなんて、知らなかったー!!
そんなパターンが売ってるなんて〜。 おもしろーい。
欲しいなぁと思ったら、きょうび、お金さへ出せば何でも手に入るこの時代。

「作ってみたい!」「パターンを探そう!」「あった!作ってみよう!」「できた!」って、この一連の流れ、とっても幸せなことだなぁ・・・なんて思いました。 





d0289980_14171882.jpeg

先日、これからの職場に研修に行ってきました。
これがまぁ、寒いこと、寒いこと。底冷えするとは、このことだ!と思いまして。

「ルームシューズと、膝掛け、次回、持ってきてね!」とのことだったのです。

その時、「はい。」と返事しながら、「わー、ルームシューズかぁ。作りたいなぁ。帰ったらパターン探そう!」って、もう、帰宅後の自分を夢想してました(笑)
(もう、立派な洋裁バカになっている、と自覚した瞬間です、笑)。

パターン ♦︎ pola dropsさんの「ルームシューズ」
生地: この時の余り布
かかと部分は、J&Bさんの天竺。(いま、シャツを途中まで作ってるのですが、それが、終わったら、着手する予定の天竺)

作り方も面白かった。わー、「靴の表布と裏布を合体させてからの、どんでん返し」ってこうやるんだー!!ってちょっとばかり、興奮しました。

難しいところも、特にないし、縫うのも、難しい箇所なし。

裏地のメルトンフリースが縫いづらいかなぁというのは杞憂に終わりました。

ただ。 よくある、「ここは、最後に、手縫いするので、開けておいてー(つまり、どんでん返しする出入り口)」の箇所ですが、セコセコで、
少しでも手縫いする部分を短くしようゼと、狭〜く、したら、当然ながら、ひっくり返す時、「うう・・・キッツキツ。。。中身が出ないではないかぁ・・・」と、
産みの苦しむを味わうことになりました(笑)。

そうそう。お遊びで、片方だけ、アップルちゃん、かかとにつけちゃいました。 
ここで、ちょっとばかり、手作り感をアピール。

あ。あと。底は、滑りにくい生地で・・・と仕様書にはあったのですが、どんなものが滑りにくいのか、家にそんなものないよーとなりまして

d0289980_14424691.jpeg
普通に、裏毛の布にしました。これ、以前、smileさんで買ったフラミンゴ柄の生地なのですが、布の端(耳ちかく)は、フラミンゴがプリントされてなくて、その、無地の部分です。
そんな布端部分さへも使い切った自分、褒めてあげたい(笑)。


さぁて。本当は、もっと、時間を効率的に動かなければならない。
お天道サマが出ているうちに、シャツを縫ったり、予約している本を取りに図書館に行ったりして、暗くなってから、ブログをアップすればよかった・・・。

これからは、こういう時間管理をしっかりせねば・・・。だらけて暮らしていたツケと言いましょうか、今は、もう、一つやったら、はい、休憩・・・って感じで
まだ、まだ、効率的には動けません・・・。 







[PR]
by chocotto-san | 2017-04-04 15:00 | お裁縫(小物) | Comments(12)

甥っ子ちゃん通学準備いろいろ

甥っ子長男くんに小学校の通学準備あれこれを頼まれていたもの、完成しました。
d0289980_10150743.jpeg


まずは、通学用のサブバッグ。(A)

echinoさんの生地をメインに。
底布は、先日、快晴堂さんにあった掘り出しセールのもの
持ち手のテープもechinoさんのもの。

d0289980_10143173.jpeg

ちなみに、なんでも揃っているイメージのokadaya@新宿では、この新作柄のテープは売っていませんが、
(売り場面積、めちゃ狭い)ユザワヤ@下北沢では、売っています。(2017年3月現在)
裏地は、シーチング(ブルー)にしました。

d0289980_10211132.jpeg
通学サブバッグ(B)
こちらは、キルティグです。

そもそもは、こちらを最初に作りましてね。

ここに辿り着くまでに、それはそれは悩みました。

「なになに?うそ〜っ!キルティングが軽くてオススメなの??」と通学バッグ情報を集めてみたり・・・。
「ストライプが希望と言ってるけれど、切り替えで、他の布を登場させたらイヤかしら?
本人に聞いてみなくっちゃ」とか。

あれこれ調べたり、本人と打ち合わせしたり・・・。

出来たはいいが、なんとなく、わたし的に、気に食わなくて(← 汗)
甥っ子に電話でこうも聞いてみたわけです。

「1つ完成したんだけど(Bの方)、もしかしたら、気に入らないかもだよ?予備として、もう1個作る? 」と。

すると・・・。

笑っちゃうのですが、

「はい、作ってくだちゃい!作ってくだちゃい!ほしいでしゅ!」と、
およそ、長男くんとは違うであろう、幼い声が割り込んできて・・・

はたと気がつく。「もしかして●●君???(次男)」

「そうでしゅ。僕にも作ってくだしゃい。お願いしましゅ。にいにと同じものが欲しいでしゅ。」と、もう必死。

おいおい、長男君は、どこ行った?
次男君は、何ゆえ、話に割り込んでくる(笑)。



長男君は「あれでいいよ!カッコイイ! もう作らなくていいからね!」って
優しいことを言ってくれるのですが、
次男君は、聞いてもないのに、横から
自分を思いっきりアピールです(笑)。

結局、(B)はやや大きすぎた気もしたので、2つ目の(A)は、一回り小さめです。
マチも(B)は10センチ。(A)は5センチです。

ところで、わたしが一番気にした点は、軽さ。
だって、通学路って、走ったりするよね!?
わたしが子供の頃は、ランドセル持ったまま、ものすごく、走り回った。
あの時間が、わたしの小学校低学年時代の全てだった・・・といっても過言ではない。






さて。このとき、長男君が「それよりね・・・。前に、お寿司の形をした飴をくれたでしょ?
それ、また欲しいの」と言ってきたので、
おばさん、築地(にあると踏んで)行って、探してきましたよーー。

それがこれ。

d0289980_10320647.jpeg
京都の職人さんが作ったものらしい。
観光地値段で、ネットで拝見したものより、ずいぶんお高かったし、食べ過ぎは良くないし、1つしか買わなかったわけです。
それで、電話で長男君に「皆んなと分け分けしてね!」と伝えたら・・・

いつの間にか、電話は次男君にすり替わり・・・

「ハイ! にいにと、パパと、ママと分け分けしましゅ!絶対、しましゅ!
絶対、分け分けしましゅ!だから、くだしゃい!」と
またもや、猛烈な勢いで話に入ってきた(笑)。

なんか、すごい。
生命力を感じる。
どこでも生きていけそう(笑)。

いいわー、このガツガツぶり(笑)。

お喋りが楽しいお年頃らしく(2歳)、なぜか、わたしと
電話で話しているのに、
「あ!マコちゃんだ!おかえりなさーい。おかえりなさい、マコちゃん!」と
空想の世界に途中で、飛んでましたけど。

あれはなんだったんだ?


で。 体操服入れ、シューズ入れ、給食袋・・・のあれこれは、
巾着の神、masumiさんが作ってくださるとのことなので、
楽しみにしているのですが、
次男坊の分までは、さすがに頼めないので、わたし、作ってみました。



d0289980_10533244.jpeg
お好みの通り、ストライプで。(次男君が飽きたら、おそらく、お兄ちゃんが使うから学校の指定サイズで!。)
全て家にある布です!
わー、在庫が有意義に使えてる!(喜)

えっとね、一番小さいサイズは、「給食袋」
d0289980_10544870.jpeg
ストライプとボーダーで替えてみました。
あと、紐もね、私にしてはチャレンジのグリーンを採用。

d0289980_10560644.jpeg
2つ目のサイズは、シューズ入れ。(体育館用と上履き用)
紐はホワイトと茶色です。
こちらの生地は全て、C&Sさんだったかな?!

d0289980_10572188.jpeg


一番大きいサイズは、体操服入れです。
紐はオーソドックスな「生成色」です。
横に「白」の紐巾着(シューズ入れ)を並べてみました。
紐の色が違うんダァ・って気がつくかな?(← どーでもいい、笑)

d0289980_10591125.jpeg

こんな感じです★
masumiさんが、今朝、巾着を送ってくださったとの連絡がありましたので、
一緒に送ってあげようと思います!
(また、後日、masumiさんの作品もご紹介させてくださいね)

そうそう。
d0289980_11181634.jpeg
今は、こんなのがあるんですね!
ネームタグ。名前を書いて、アイロンしてつけられるんですって!
アイロンだから、最初に縫い付ける手間も省けました!
右のサマーな感じのは、C&Sさんで購入。
左はユザワヤさんで売ってましたー。
名前書き*アイロンはママにしてもらおうね!!
好きな方を使ってね!

はー、これで、頼まれものは終わり!!!

私はお洋服作りの方が、やっぱり好きだなー!
だって、小物作りって、すごく悩むんだもの!
形を考えるまでに、何日も掛かったし、
(切り替えの配分とか、布の構成とか、持ち手の長さとか・・・)
ネットと実店舗をなんども行ったり来たり・・・。

洋服のようにパターンがある方がやっぱり
私には向いていますね!(^一^)

[PR]
by chocotto-san | 2017-03-21 11:13 | お裁縫(小物) | Comments(14)

パッチワークのおやつマット

おやつマット作ってみました。


こんな感じです。


d0289980_1242427.jpg

※ テーブル、汚いのは、勘弁してください・・・。


以下、自己満足の世界なので、すっ飛ばしてください。

d0289980_1253532.jpg

こんな雰囲気になるのかなぁ・・・

とか

d0289980_126256.jpg


アイスを入れたら、こんな感じ?とか(←妄想中・・・の写真。おままごとか?!笑)

d0289980_1265360.jpg

今、我が家にあるのが、洋菓子ばかりで、なんなんですが、おせんべいを置くのを想像してみたり・・・

d0289980_12475951.jpg


スープや、グラノーラだけの朝ごはんにも使えるかも?!?!

d0289980_1273199.jpg


お客様が多くて、おやつマットが足りない・・・なんて日には、急須マットとして、さりげなく(?)登場させちゃおうかなー、なんて妄想したり(^一^)。

ーーーーーーーーーーと、「妄想おままごと」して遊んでしまいました★




ところで、これ、

全部、全部、柄の組み合わせが違うの、分かりますか??

この時()使ったadmiの生地以外は、全て、ポランカのリネンさんの布を使ってます!(これで、また少し、在庫布が減った!?)。

いやいや、在庫量は大して、減った気がしないんだけど、お気に入りの布が、押し入れにいつまでも仕舞われるより、形になって、手元で見られるのが嬉しい限り❤︎

生地の配分、これでよかったのかなぁ・・・・とか、色々あるけど、でも、柄の組み合わせを考えるのは楽しかったな。

そうそう。 このおやつマット、キルト芯を挟んでいます。
石川ゆみさんの本を真似して、フリーステッチで、裏布に縫いつけました。

d0289980_12215676.jpg


裏返すと、こんな感じ。

d0289980_12224538.jpg


これはこれで結構、雰囲気ある?!?!

以上、長々と妄想お付き合いくださいまして、ありがとうございます。失礼しました〜(^_^;) 

[PR]
by chocotto-san | 2017-02-28 12:31 | お裁縫(小物) | Comments(10)