ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

キャミソール(誰のでしょう?)

先日の「グロテスク」のところ、少し、感想を追記しました。よかったら 見てね。でも、ネタばれ傾向があるのでそこのところよろしく~

さて。。

これは、誰のキャミソールでしょう?!

d0289980_10144195.jpg


先日作ったリバティ(ローズ・ザンジー)の大人服の余りで、こんなものも作ってみました。

誰のか分かりますか~(^-^)

d0289980_200331.jpg


ハーイ。ふうちゃんのキャミソールでした~❤

d0289980_1016507.jpg


着画撮るから、こっち見て~~(※ なぜか、この時は、ずーっとおすまし。)


でも・・・

d0289980_10172333.jpg


着画、飽きた~~~(by ふうちゃん)

やっぱりね!
[PR]
by chocotto-san | 2015-07-31 10:18 | お裁縫(小物) | Comments(8)

Rick Rack ♦ バニティ ポーチ

久々に、作品が完成しました。

実は、捻挫をし、足を痛め、まったくやる気が喪失していました。
幸い、予後のいい場所ですよ、とお医者様には言われた場所ですので、ご心配なさらないでくださいね。


d0289980_20383181.jpg


先日の「ジャスミンのブラウス」で、疲労した(?)のか、「気分転換に、お次は、小物でも作りましょう!」という気になって、先日、義理の妹ちゃんにつくったリバティのポーチの余りでリックラックさんのバニティポーチを作ることにしました。





(写真で、大きさ、おわかりになりますか?比較対象物が、いつものお裁縫箱。。これじゃあ、わからないですよね?汗)


裏生地は帆布11号にしました。裏がしっかりした布の方が、ぺちゃんとならなくて済むかな?と思ったのです。
d0289980_20435273.jpg


ところが、この生地同士の相性が悪かったのか、最初は、ミシンで縫っているとカーブに差し掛かる度に、否、カーブどころか、直線すらも、表布と裏布がずれてきて、イライラ・・・。

押さえの強度を調整して、なんとかなったのですが、ぴったりのところを探し当てるまでがなんだか、大変だったように記憶しています。
d0289980_20484621.jpg


こんな感じで、旅行の時の基礎化粧品は全て入ります。
他、まだまだ空いたスペースがあるので、チークブラシや、アイシャドー系やらマスカラなんかも、がんがん容れられそうですよね?

こちらのパターンは「小」サイズのパターンも一緒に入っています。
個人的には小サイズの方が好みなのですが、生地を使いきるために、「大」にしました。
ああ、使いきった。すっきり!

いつか「小」を作ろうかな?と思いますが、その時は、ビニコ&帆布ではなく、キルティングが何かで作ってみたいと思った次第です。(小物もなかなか、大変だ~)

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-29 20:57 | お裁縫(小物) | Comments(10)

「グロテスク」 桐野夏生

d0289980_13315292.jpg




この本は、先日、日経新聞で鈴木砂羽さんが好きな本として推していたものです。あとで知ったのですが、光浦やすこさんも、アメトークで勧めていた本の1冊。

とても考えさせられる本でもあり、且つ、タイトルにあるように「グロテスク」な描写の為、わたしは、人には勧めないと思います。でも、読んだことのある人を捕まえて、感想を言い合いたいような気になる本なのです。


東電OLをモデルにした話しです。

しかし、最初は名もなき「姉」の独白から語るように仕掛けたあたり、作者の‘しかけ’を感じずにはいられません。その「姉」の、ややひねくれていると思われる「視点」故に、読み始めたばかりの頃は、「ちょっとこの本、無理・・・」と思わずにはいられないのですが、これは、あくまでも、この話しを効果的にするための‘しかけ’であると、途中から気付かされます。
ラストスパートで、どんどん、東電OLの声なき声に肉薄していくのですが、そこのところが圧巻だと思いました。そして、また、「姉」の場面で締めくくられます。 この姉の行く末、結末は何を物語っているのか?
女の価値観を問いつづけていった、そんな4人の女性の物語です。
なぜ、そんな風に、つき詰めてしまったのか?問い続けてしまったのか?
もっと楽に生きていけばいいのに、と個人的には思いました。

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-29 19:15 | | Comments(6)

簡単ひとり飯!

簡単であることしか、とりえのない、わたしの‘ひとり飯’。

さきほど、koko さんのオイシイ食材紹介を見たあとでは、申し訳ない内容なのですが・・・。


d0289980_6543129.jpg


‘‘バナナサンド’’(←ちょっと、ドラえもんが、ポケットから出す時風に、言ってみました。え?聞こえない?残念・・・)


 (1)食パンを軽くトーストする(写真の時は、トーストの仕方が甘いですね。カリカリが好きな人は、もっと)

 (2)マーマレードを塗る

 (3)胡麻ペーストを塗る(塩もお好みでパラリ)

 (4)バナナの輪切りを置く

 (5)1で用意した食パンで挟んで出来上がり!

こちらは、西野椰季子さんのレシピです。美味しいです(あ、前にもご紹介してる・・・汗。時々、このブームがやってくるのですね)

わたしは、これを3つに切り分けて、朝1つ。残り2つをお昼に食べたりしていまーす。 

近所のF&Fの店員さんに「お店にあるものだけで作るこのサンドイッチおすすめー」ってお教えしたら「えーー(*_*;。 あんまり、美味しそうじゃないー」ってハッキリ言われた~~(爆笑です!)

胡麻とバナナとオレンジって~~(*_*;ってことらしい。 でも、でも、度胸があったら試してね。

お次。

とある日のわたしの、お昼。
d0289980_74309.jpg


‘‘冷や汁(風)’’ぶっかけご飯と、カリフラワーのフリット

これ、夫のお弁当の残り、カリフラワーのフリットと、

‘‘冷や汁風’’(あくまでも、冷や汁風)ぶっかけご飯です。

本当の冷や汁は、鯵の干物を使うんですよね? しかしながら、こちらは、もっと簡単。牛蒡の輪切りを、じーーーっくり炒めて、灰汁を旨味に変えて、そのあと、えのきだけも投入して、よくよく炒めたあと、好きな野菜を1㌢角にカットし、最後に、少々の鷹の爪も一緒に炒めたあと、出汁をいれて、野菜を煮ます。最後に、麦みそを容れて、豆乳をいれてみました。(豆乳をいれてからは、煮立てない)
好きな野菜とは、その時々によって替えてみる。南瓜だと甘くなるし、茄子でも悪くはない。本来なら、キュウリの輪切りとか茗荷を添えて食べるのでしょうか?
もう、これ、ホントに、適当料理なので、お恥ずかしい・・・。
しかし、しかし、ute さんが、冷や汁を食べたその日、わたしも、この‘‘なんちゃって冷や汁飯’’で、ウキウキ、ウマウマと言っていた時で嬉しくて、載せちゃいます。
そのまま、夫のお弁当の残り、冷えたままのご飯、2口分程を容れて食べましたが、そんな少量のご飯でも満足感があってよかった・・・・。

そうそう。鷹の爪もいれて、ちょい辛にしている上に、最後の最後に七味唐辛子もパラパラしたのだった。
甘いと辛いがミックスされて、夏仕様?!?!


こっちより、
カリフラワーのフリットが気になりますか?

これは、カノウユミコさんのレシピです。

たまごを使わず、長芋で、ふわふわ感を出します。

白胡麻のプチプチもはいっているの。本来は、黒胡麻との両刀使いがレシピ本に載ってましたが、ちょうど切らしていたので、白胡麻のみ。

そうそう、この日のお弁当では
らっきょうもこの衣をまとわせて揚げてみたら好評でした。

たくさん食べるものではないですが、1~2個、そんな変化球があってもいいのかな~~。

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-23 07:20 | ひとりご飯 | Comments(8)

C&S ♦ シンプルパンツ・・・②

こんにちは。先日の、‘‘ジャスミンのブラウス’’でボタンホールを開けにお教室に行った際に、こちらのボタンホールもあけました。



d0289980_1248201.jpg


パターン * C&S 「てづくりでボンボヤージュ」の「シンプルパンツ」
布 * C&S コットントゥージューー グレー???(← 色の名前、忘れました。今度、聞いておきます。

コットントゥージュー。初めて、使いました!
これ、いいですね~。

このパンツは、実は2本目で、冬にフレンチフランネルのホワイトで作ったのですが、パンツ縫いは、ほぼ初めてか2着目か?という程度だったこともあって、縫いにくいとか縫いやすいとか、あまり考えてもみなかったのですが、この布を使ってみて、「ああ、パンツに向き、不向きってあるんだなぁ~」と、しみじみ思いました。 これは、ホントに、パンツ向けなんですね!!

これは、ガンガン着てお出掛け出来そうです。

①の反省点を活かして(?)丈は5㌢長めに。(これで、裾を折れる・・・と思ったのですが折るつもりだったら、もっと、もっと長くするべきでした・・・。3回目に向けての反省点です)


d0289980_1374026.jpg


コーデは、ざっと思いついたのが、先日つくった「アリウムのチュニック」と。 どうかな?

この裂き織風(?)のバッグ。カンペールのものです。先の6月のお誕生日に、夫からのプレゼントなんですよ。
たぶん、お誕生日プレゼント。 たぶん・・・。
ふいに買ってくれたんですよね。
おいおい、選ばせて~~と思ったけれど、まぁ、買ってくれたんだし、文句は言うまい。
なかなか、周りの人からも好評です。ありがとよ~。


d0289980_1312543.jpg


チビTとは? 家の中だったら、こんな感じで着ちゃうと思います。



さて。たいしたコーデも思いつかなかったことですし、以前、「今度お見せしまーす!」といっていたBox&Needleで買ったお裁縫箱をば・・・・。

じゃじゃん☆ これです。
d0289980_13195572.jpg



お裁縫箱というネーミングで売っていましたが、もちろん、何を入れても自由です。

このお店。たくさんあるペーパーと、たくさんの箱の形を自由に好きな組み合わせでオーダーで作っていただけます。 わたしは、この鹿児島さんのデザインに一目ぼれ!!

鹿児島さんのデザインだ、って知らなかったのですが、この柄で、このピンクと組み合わせてくださーい!とオーダーしたら、「鹿児島さんのデザイン」と知りました。


、‘‘好き’’は‘‘いつも好き’’なんですよね。
(我が家には、鹿児島さんのハンカチが2枚あります)



持ち歩き裁縫箱はこれで、落ち着いているのですが、一緒に買った、こちらのBOXは、実は、中身がなかなか決まらなかった・・・。(で、載せるのが、随分、遅くなった・・・)
d0289980_13214271.jpg


ミシン糸を入れてみました。封(セロファン)を開けてないものは立たせて、使いかけのものは横に倒しています。。。。が、つい先日までは、タグ容れでした。(あれこれ、悩み中・・・)

そして、今までのタグは、こちらに・・・

d0289980_13254843.jpg

d0289980_13304283.jpg

鉢植えを置いていたのに、こうなった。

そして、この中に納まっていた鉢植えは、すべてベランダに・・・(笑)。

中身が増えると、ずっと同じ容れ物というわけにもいかず・・・。

なかなか、定位置が決まらないゾ~~。

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-17 13:57 | お裁縫(おとな) | Comments(11)

{追記} ♦ ジャスミンのブラウスについて



ジャスミンのブラウス。まつり縫いとか、‘イッテコイ’とかタックとか、やることてんこ盛りで、楽しいのは楽しいのですが、大失敗もいっぱいやらかしました。

そして、その失敗を、先の記事に書きましたので、よかったら見て、笑ってやってくださいまし。

今回は、追記事項があったので、自分の記録としてメモ代わりに。

まずは、洗濯3回目の写真。
猛暑のおかげで、洗って1時間で乾きました(!)

d0289980_14155521.jpg

少し、チャコが消えている気がします。

でも、身頃と袖付けの印は、もっとくっきり線が残ってますが・・・(涙)。

で、本題。

ボタンホールをつける際、一番下のボタンホールは、なかなか縫うことが出来ませんでした。

同じところを何度も、重ねて縫ってしまい、前に進まないのです。

原因はこれ。
d0289980_14191429.jpg


下手な縫い目で、恥ずかしいのですが、ブラウスの裏側から写真をとりました。

この前立ての重なりと、身頃の合体部分がかなりの厚みを持ち、押さえ金を通過してくれないのです。
じゃあ、反対側から縫おうかな?とブラウスを上下逆さにして縫うことも考えたのですが、そこで、ソーイングクラスの先生がおっしゃっていたことは「海のブロードの厚みを考えたら、前立ての表に出る方は、このままで、後ろに来る方は、3つ折りタイプにしたほうがいいですよ~。わたしはそうしました~。前立て部分だけ、凸ってなると、いかにも手作りって感じになっちゃうんですよ。でも、こうやって、片方を三つ折りにしてフラットになるようにしてあげると、美しい仕上がりになるから~」とのことでした。

あるいは、身頃に合体させる前に、ボタンホールをつけるといいのかも?!


わたしは、結局、今回、一番したのボタンは張りつけにしました。(飾りボタン風ってことです)
それを忘れて、試着後、脱ぐ時に、引きちぎりそうになりましたが(笑)

あと、通常はMで、やや細めタイプだと思うのですが、Mで作っても、少し、ピチピチしました。
(もしかして、認めたくないけれど、太った説もあります)



あと、タックの部分は、チャコペーパーが、ダメなら、チャコペンなの?太い線って結局、どこを縫っていいか分からないから嫌だな~と思っていたら、先生はヘラで印をつけますよーーとのことでした。

以上、自分の覚えの為に。

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-15 14:36 | お裁縫(おとな) | Comments(4)

C&S ♦ ジャスミンのブラウス

随分、前回の作品と今回の作品の間に時間があいておりましたが・・・。
そ、それは・・・。あろうことか、わたしには、当分、無理とおもわれていた「ジャスミンのブラウス」に挑戦していたから!であります。 



d0289980_1139137.jpg


布 * C&S 海のブロード ストロベリークリーム

こんな美味しそうな名前、よく思いつくなぁ。。。 この頃、どういうわけか、ピンク病にとりつかれています。
そんなわけで、お店で見かけた瞬間、「買います、買います!」と飛びついて購入してしまいました。

そして、必死に取り掛かったわけですが・・・・。

怖ろしい失敗をしでかしています。

< この先 、 長いです >

大きい失敗と、小さい失敗、どちらが最初に聞きたいですか?
(普通、こういう時は、「good news と、bad newsどっちを最初に聞きたい?」というのですが、どちらも、bad ニュースです。大きい失敗か、小さい失敗か、あ、あと中間ってのもあったんだった (-_-メ)

何が大きいのか、小さいのか?もーすべてが、最悪すぎるので、とりあえずテキトーに思いつくままに。

① カフスの‘いってこい’
d0289980_1146265.jpg


‘いってこい’の箇所に、全神経を注ぎ、ホッとしたあまり、次の作業を本をろくすっぽ見ないで(つまり、気を許して)取り掛かってしまった。
カフスで包む箇所だったのですが、‘いってこい’のところ、片方は裏へ折るんですよね?折らないままカフスで包んでしまいました(汗) その大きな失敗に、気がつかないで、先日、C&Sのお教室にボタンホールをつけたいです、と持ちこみ、穴を開けたところで、先生に「あらら?」と指摘された。それまで気がつかなかったなんて・・・。



② チャコペーパー

d0289980_11535722.jpg


チャコペーパーなるものを買って、「もっと早く買えばよかった!」とルンルンと使いました。
ルレットで、グリグリやって、楽チンだなぁ~~なんてご機嫌だったのですが、
なんと、なんと・・・・

洗っても、消えな―――い!!!!
(※ 因みに、この写真は、洗う前。洗ったら、すこーーーし、薄めになりました。が、もちろん、ほとんどの人が気が付くほど、くっきり残っています)


これもまた、件のボタン付けの日に先生に、「cho,cho,chocotto-sa------n。もしや、これ、チャコペーパーでやった?消えないかもよ~~~」と言われ、わたくし、目の前が真っ暗になりました。

動揺して、この日、ずっと、「どーしよ~~。消えるかもしれないよね~~、でも消えないかもしれなんだよね~~~」と、かなり落ち込んでしまいました。

結果、ご覧の通り、消えてません(涙)。
いま、よくよく読んだら 「しるしを消す前にアイロンはやらないでください」と書いてありました。
商品は悪くないのです。私の使い方が悪かった。

タック部分のみならず、袖付けとか全て、ギャザー始まりと終わりにもくっきり、チャコペンが入っております・・・。せめてもの救いは、この印がずれないで縫えていたということでしょうか?(← ちがーーーう!)

③ マスキングテープ

そして★最大の失敗・・・・。

わたしは布を裁断してから、分かりやすいように各パーツに、「ヨーク」とか「前立て」とマスキングテープに書いたものを貼り付けて作業しています。
こうすると、カフスとかバイヤスとか、誤って捨ててしまうこともないし、失敗がないような気がするからです。
もちろん、針を指す瞬間に取り外すのは、必須なのですが・・・・・・・


もう、おわかりですよね。

そうです!

ヨークとヨークの間に、マスキングテープを貼ったまま(サンドしたまま)縫いこんでしまったのだった~~~~(*_*;

もはや、ここまで、おっちょこちょいとは、誰も思うまい・・・。
もしかしたら,blog 史上、他の誰もやらないような最大ミスと言っていいのではないだろうか?

実は、出来上がっても、まだ気が付かなかったんですよ。洗って、さて干しましょう、となった時に、「透けるマスキングテープ」に気がついてしまったのであ~る。

もはや、このテープを取り出すのは、大手術が予想されます。
どこから、糸をほどけば、最小限の作業で済むというのでしょう・・・(涙、涙、涙)

乾くと、あら、不思議でマスキングテープはあまり目立たない・・・。
(と、言いたいのですが、いやいや、目立つでしょ~~。これなんだ?ってことになります~~。)

でも、背中汗でもかこうものなら、(もちろん、雨に濡れてしまえば)、背中から、くっきりマスキングテープ(「ヨーク」の文字付き)が、浮かびあがるのは必須です。

以上です。

もはや、笑いをとって、もうこのブラウスのことは忘れたいです。

でもね、作っている最初のうちは楽しかったんですよ。
「わーい、わたしも、随分、作り方理解出来るようになってる~~」とか「色んな作業がてんこ盛りで楽しいな~~」「次は、ぜったい白で作りたいなぁ~~~」と、相当、浮かれていたんですよ。

それが、最後の最後。「チャコペン消えないかもよ?」辺りから、どーんよりした空気を孕み、洗濯機から出した瞬間に、「消えてない!」。それどころか、「なんじゃこりゃーー!マスキングテープが~~~~!!!」と怖ろしい事実に、次々、打ちのめされたという次第です。


たくさん、失敗していますが、冬のセーターの下にでも着用したいと思います。(襟だけ、世の中にお披露目)

以上、長文をすみません。ご清聴(読)ありがとうございました!!!!!

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-15 12:34 | お裁縫(おとな) | Comments(7)

「もっと うつわを 楽しむ」 器SML

d0289980_1615331.jpg


今日は、器のお店 「SML」さんに行く。

家に帰ってから、ブログで知ったのですが星耕硝子の伊藤さんの展示会は終わったばかりでした。
(我が家にも伊藤さんの器はあるよ→つい、先日まで、「買い足したい」と言い続けていたのだけれど、熱が冷めたころに、ここにて販売されていたと知る。いずれにせよ、間に合いませんでしたが・・・)


常設展の日だったのですが、とても目の保養になりました。欲しい器(パスタ皿にもカレー皿にもなりそうなもの!!)もあったのですが、ぐぐっと我慢。だって、最近、散財したばかりだものー!

でも、でも。本は購入。

見ていてとても面白い。 SMLさんが作ったの2冊目の本なんだそうです。1冊目は窯元さんの説明、ご紹介だったりするけれど、これは、テーブルごとの器の提案みたいなお写真が多くて、全てカラ―。美味しそうなテーブルに、ごっくん。

各地の窯元や作家さんから買い付けた民藝品や道具が並ぶSMLさん、お勧めです~♡
[PR]
by chocotto-san | 2015-07-11 16:31 | | Comments(4)

久々に服を、買う。

2年位前に、お裁縫に少し興味を持って、それ以降、なんとなーく、時折、ソーイング教室に通っているわけですが、出来上がりの中で、本当に気に入ったものって、案外少ない。 作れればそれでよし!作ることに意義がある!みたいな感じになりつつある。

でもって、既製服も(特にトップス)あまり買わなくなって久しいのですが、そうなってくると、昔よく着ていたテイストと、今の服のテイストが若干、ずれている・・・と思わなくも無い。
着ていて、ちょっと、居心地が悪いような。 


こんな状況に「それでいいのか?自分?」と思わなくもないまま日々過ごしていました。

で☆久々に、無償に服が買いたくなって、ついに買ってしまいました~~。

d0289980_2043413.jpg


西荻のpoefu さんで。ああ、ここ、本当に、素敵な場所だった。
オーナーの趣味の良さに、うっとり。品揃えがいいのだ。
HPを見てくだされ。(→ 

試着しまくって、テンションが上げ上げになってました。1時間くらい、ファッションショーして楽しんだ。
友達3人と出掛けたのですが、3人ともソーイング教室で知り合った仲間。
「これが似合う!」「こっちがいいよ!」と客観的な意見を聞き、自分の趣味と一致したので、こちらを買うことに。黒のアイリッシュリネン。 

ハンガーに掛けているより、分かりやすいかな?と平置き写真をば。こちら。

d0289980_209654.jpg


これはね、着ると、本当に素敵な形なの~。何色もあったのですが、全員一致で、「chocotto*-sanには、この色でしょ!!」ということでしたし、この色をお買い上げ。


お裁縫をしてから学んだことの一つは「アイリッシュリネンは、高い!」だったので(?!)、納得のいいお買い物。
背中にヨークがあって、ギャザーもいっぱいで、着ると立体的で美しいです。

お次は、前々から気になっていたn100のパンツ。
d0289980_20112827.jpg

お尻がだぼつかず、綺麗な形。

この形のネイビーも、本当に綺麗な色で、随分迷ったのだけど。

次回は、ぜったいネイビーを買うのだ。

そして・・・。

これは、先週買ったもの。(べつの店デス)
d0289980_20173551.jpg


昔大好きだった120%LINOの服。ホントに服を買っていなかったんだなぁ・・・とつくづく思ったのは、お店が少し、拡大していたのを知らなくて、聞いてみたら2年前から、とのことだった。
懐かしさもあって、思わず、財布の紐が緩む。
それにね、タックがいっぱいで、自分では作らないしーーと、あれこれ言い訳したり・・・。

しかし、買った2日後に「セールのお知らせ」が来たのは、なんだか、イタかった・・・。

と、こんな感じで、小規模な(非常に小規模な!)爆買いをしてしまったのは、やっぱり、欲しい服を作ることが出来ていない証拠とも言える・・・。

西荻ショッピングのあと、3人が3人とも「ああ・・・。結局、買った方が、可愛かったりするよね・・・。あれだけ時間もお金も投資しても納得いかない作品だったりするもんね・・・。危険な賭けを孕んでいたりするよねー。なんで、ソーイングやってるんだろう~、ってちょっと、落ち込みそう~~」と、半分笑ってはいたものの、自分の限界を痛感しました・・・・(涙)。


ま、時々、いいお店で、いいものを見て、いいもの買って、そうやりつつ、また、お裁縫をボチボチ続ければいいわよね~。

[PR]
by chocotto-san | 2015-07-10 20:55 | ひとりごと | Comments(14)

「火花」 (by 又吉直樹)

d0289980_21344781.jpg


父が、買った本を借りて読んでみました。

以下、ネタばれ注意・・・
[PR]
by chocotto-san | 2015-07-03 21:47 | | Comments(10)