ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

RR ♦ ベビーTシャツ (サイズ80)・・・③

d0289980_15284250.jpg


甥っ子次男君にも、お洋服を作りたくなってきたー!

こんな小さいサイズだと、あっという間に出来るんですね!

裁断して、その日のうちに完成しちゃうなんて、びっくり。

パターン: Rick Rack さん (ベビーTシャツ)

布 RRさん。Rick Rack オリジナルスムースニット ネイビー

あまりに、可愛いサイズなので、もっと、もっと、ひたすら同じものを作りたくなる~~!(^u^)
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-27 15:33 | お裁縫(コドモ服) | Comments(2)

RR ♦ フードスエット (メンズ M)

今週は、時間がたっぷりありましたので、先日UPした子ども服と同じパターンで父のスエットを作りました。
d0289980_14384839.jpg


パターン : Rick Rack フードスェット メンズ M

生地 : RR 幅広リブニットの裏地を表にして使用


もうすぐ父の誕生日です。 甥っ子のスエットが完成した時に、「あ!もうすぐ父の誕生日だし、お揃いで作ってあげよう!きっと、お揃い、喜ぶだろうな~♡」と閃いたのですが、出来上がりを見てびっくり(*_*;

こ、これじゃあ、ユ○クロさんで売ってるものと何ら変わらないではないか~~(*_*;(*_*;(*_*;
ちょっと、ショック・・・。

※ 出来上がる前に、気付け~!という感じですが・・・。
(← つっこんでくれていいのよ~~)



あ。でも、RRさんの布のほうが、断然、いいものを使ってるハズ! (触り比べてないから分からないんだけど・・・。でも、そう思わないと、やってられないわ~涙)

そもそもね、よくよく考えたら、甥っ子のだって、どうせ手作りにするなら、おもいっきり、派手派手なスエットにすれば良かったんだわ。どこにでも売ってるようなプレーンなものを作ってどうする?!?!と、反省点もいっぱい。

気を取り直して・・・。話題を変えます。

【生活を考える】と題して、先日、クローゼットの中を改革した話しをしたのですが、あれから、今日まで、ずーっと、整理整頓が保てています。

引き出しを、何段か、抜いて、隙間をいっぱいにしただけなのに!
全体を見渡せるということと、物の量を把握できる量に押さるということが、大切なんですね。
わたしにしては、上出来です。


そのクローゼットですが、引き戸を開けたもう一方の方はこんな感じです。

d0289980_14495473.jpg


ミシンなども収納しています。

奥が深いクローゼットなので、手前のスペースと奥のスペースを有効活用できるよう、棚を置きました。
手前に、よく取り出すミシンを置いています。
(ミシンが我が家に来た時から、このポジションは変わらない)

そのミシンの後ろには、棚を置き、一番下には、オットの趣味のもの―――工具とか、ペンキとか―――を置きました。
(滅多に登場しないので、ここの場所でも大丈夫)

2段目は、ご存知「無印」の収納BOXと、薬箱です。
初代の黒いBOXは、もう無印では、同じ品番売ってないのですが、色が統一できたので、このたび、新規の型を購入。
まだまだ、スペースがあるので、もっと、積みたいところですが、あまり、引き出しが増えると把握できなくなるので、今のところ、これでOKとしました。

そして、一番上の段に、ロックミシンを置いてます。

d0289980_14572613.jpg



ミシンに付属したコンセントや、足踏みペダル(?といっていいの?)の他、、替えの押さえ等、ミシンについていた付属品は、``masumi さん巾着’’に、ひとまとめにして、籠にいれてます。

他、スタンド式のファイルボックスには、ミシンの説明書。
その横に、ミシンに必要な油とか、噴射するスプレーとか。

さらに、その上の段(押入れでいうと2段目の段)

d0289980_1593377.jpg


大きなプラスチックの籠には、ベッドリネン関係を。
よーく目を凝らすと、やっぱり、ここでも、masumi さん巾着が大活躍しているのが分かります。
夏モノのシーツなど入れてます。

引き戸の裏に、やはり、無印のプラスチックの引き出し式の棚が。(ここに季節外の洋服を収納)
この棚の側面を利用して、リネン類の入ったプラスチックの籠の上に、つっかえ棒を5本、渡しました。そのつっかえ棒の上に、トイレットペーパーやら、ティッシュBOXを置いてみました。

つっかえ棒でも、支えられる軽いものを置いてみたというわけです。

すきまには、測ったかのようにぴったりだった犬のトイレシーツ容れを。

こんな感じで、我が家は、無印だらけです。
そして、要所、要所、masumi さん巾着が大活躍。

まだまだ、masumi さん巾着は、他の場所でも活躍してくれています。
特に旅行中など役立ちました。

今後、生活を考えるシリーズ(?)食器の処分なども、もうすこし進めないと!と思っています。
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-27 15:24 | お裁縫(おとな) | Comments(4)

RR ♦ フードスエット(size 120)

先週、完成していた甥っ子(長男4歳)の「フードスエット」です。

次男君に、リュックサックを作ってあげたので、あわてて「お兄ちゃんにも何か・・・」と作りました。

d0289980_20405641.jpg


※ 写真では、隠れちゃっていますが、正面に両手をいれることのできるポケット付き。
そして、写真では、ネイビーって感じですが、実物は「深めの紺色」です。


生地 * 幅広リブニット (コットン96% スパン4%)(RRさん)

わたしには、子どもがいないので、あまり、小さいコのパターンやさんを知らないのです。
あまり・・・というか、ホント、RRさん以外何も知らない。

ということならば、探せばいいものを、探す気力もなく(汗)いつものRRさんで。

スエットに使った「紐」は、先日の台湾旅行で買った紐です。(→ 
わーい、さっそく、役だちました!

フロッキープリントを左胸のあたりと、背中にやってみました。

d0289980_2044398.jpg


生地は「裏表を逆で」使用しています。

本来の「表」を使うと、ちょっと、年配の人のスエットっぽいかな?と思ったので。
「裏」のほうが、断然、既製品っぽいです。
これは、お店にお見本があって、そのまま真似しました(^一^)

まだ、ニットの名前(天竺、とか、接結とか・・・)を言われても、どんな生地のことを言ってるのかイメージが掴めなくて、本店でお買いものしてきました。

そうそう。

我が義理の妹ちゃんは、「U太のサイズは?」とおこちゃまのサイズを聞くと、必ずといっていいほど、大き目を言ってきます。
聞けば、「長く着られるように」と思って、大き目を言ってくれていたらしいのですが、やっぱり、せっかくだし「ぴったり」を着てほしいし、これから、いくらでも作るので、ぴったりを言って!とお願いすることにしました。
このブログを見てくださっている人のなかには「え?4歳で、こんなに大きいのを着るの?」と思ってた方がいらしたかも・・・(苦笑)。

今回は、お店の人に「来月5歳の小さめのコ」といったら、このサイズを勧めて下さったので120にしました。

ちょうどいいといいな~。


☆☆☆ 3連休で ☆☆☆

三連休のうちの1日は雨が降りそうだったこともあり、映画館に行きました。
観てきた映画は「恋人たち」(橋口亮輔監督)。
とてもいい映画、だと思う。

(ネタばれ・・・になるといけないので、詳しい感想はやめておきましょう!)


観終わったあと、夫婦で、「あれって、どう思った?」「あの台詞って、こういうことだよね・・・」なんて会話が弾みましたよ。

そして。その映画のエンディングで流れていたakeboshi 。




akeboshi 自体がとても気に入ってしまった。
気に入り過ぎて、ずーっと、聞いている。

綺麗な英語を歌う日本人の曲です。
ライブに行きたくなってしまった。
名古屋でやるんですって。
ああ、ちょっと、遠いかな・・・。
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-25 21:04 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

都内のいきもの&自然

都内もまんざらではありません。自然、いきものいっぱいいます。

d0289980_22111842.jpg


まずは、家から代官山に向かってあるきます。

あ。ざりがに発見。

d0289980_2212433.jpg


秋だなぁ。

d0289980_22122160.jpg


カモ??もいるよ。

d0289980_22125960.jpg


むらさき式部っていうんでしたっけ? 可愛い実だな

d0289980_22134779.jpg


可憐なお花

d0289980_2214860.jpg


小鳥も水浴び

d0289980_2215298.jpg


ひとりで飼い主さんを待ってました。おりこうさん。

d0289980_22155689.jpg


しっとりとした秋の気配。
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-23 22:22 | おでかけ | Comments(2)

masumi さん巾着

masumi さんに、またまた素敵な巾着を頂きました。

d0289980_1851768.jpg


みてください!ミナペルホネン×リバティ(スカーレット)のコラボ作品を!!

なんて、可愛らしいのでしょう~。

ブラウン大好き、とくに、茶色×水色の組み合わせが大好物なので、ものすごく嬉しかったです。

※ スカーレットという柄、初めて知ったのですが、もの凄くツボな柄でした。洋服つくったら可愛いだろうな~

masumi さんから頂いた巾着は、よく「あけび」の籠バッグに合わせて持ち歩くのですが、今回も・・・

d0289980_18533366.jpg


こんな感じに。

d0289980_18535450.jpg


内布はダグラスストライプ でした。

可愛い♪


因みに、今まで頂いた巾着は、大・小、様々な形を頂いていて、このあけびにぴったりなコは、あけび用に使っていて、他、大きいサイズは、旅行の時にトランクの仕分けに大活躍だったり、小さいコはカメラ容れになっていたり、あと、棚の整頓に使っているコもいます。 本当にどれも大活躍です。

わたしも、「これを作らせたら右にでるものはいない・・・」とまではいかなくても、得意分野、得意作品が出来たら、こんな風にプレゼント出来るんだけど・・・、と、とっても羨ましく思いました。


いつも、いつも、本当にありがとうございました!
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-22 18:58 | mono語り | Comments(10)

「真相」 横山秀夫

d0289980_18301072.jpg


女性作家の、どろどろ系(?)を読んだ後は、やっぱり、男性作家がいいな~と思って、またしてもBook Off にて100円コーナーにあった横山秀夫を読むことにしました。

この方の本は「半落ち」「第3の時効」しか読んだことはないのですが、2冊とも私の好みだったので、安心して読み始めることが出来ました。 (クライマーズハイは、映画で観たのみ)

人間の心理に迫る描き方は、とても読み応えがありました。
短編集のため、助走期間が短く、すぐに、物語の世界に引き込まれ、ドキドキ、オチを想像しながら読むと、あっというまに読むことが出来ました。

女性作家の描く、内面どろどろ系より、わたしは、こういう系統のほうが好きみたいです。
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-22 18:42 | | Comments(0)

RR ♦ スマイリーリュック・・・③

d0289980_12111846.jpg


今日は、本当に、いいお天気ですね!
こんなにいいお天気の日に、家にこもってblog を書くのは、なにやら、罪悪感も伴うのですが、久々に自分ひとりの時間なので、おもいっきり、ぜいたくな気持に浸ってしまおう!と思っています♡。

(というわけで、本ネタ(↓)もあります。続けて、2つ、UPしてます)

 今回は、甥っ子(HARU)にリュックサックです。

 弟から依頼がありました。

 どうやら、「姉は暇なのではないか?なにか仕事を与えれば喜ぶであろう」と思ったらしいのですが、 「おいおい、そこそこ、姉は忙しいのであるぞ」と、ちょいと思いました。


 
d0289980_1216283.jpg


実は、長男U太、お爺ちゃん(わたしの父のこと)にも、ロンドンバスの生地でポケットをつけてます。
ゆるやかな(?)お揃いを狙っていたので、実現できてウレシイです。
(本人たちは、どう思うのか?は、ちょっと考えてませんでしたが、まだ、1歳半というお年頃なので、「よし」としました。しかし、今後、「お兄ちゃんと一緒がいい!」とか「お兄ちゃんと、一緒は嫌だ!」とか、色々出てくるのでしょうね~~。 昨日、実家で、甥っ子の成長動画を見せてもらったのですが、なぜか、次男の方が、すでに「負けん気」の強さが、顔に出てる・・・笑)



3回目の作成ともなると、わりと、簡単に出来るのですが、肩ひものところ、ひっくり返すのが大変だった・・・(汗)中厚の接着芯を貼っている故かしら?生地も、パリっとした生地だったし・・・。
菜箸を使うというなんだか、あってはならないような、反則技(?)で、なんとかひっくり返しました。


d0289980_1224659.jpg



ポケットには、今回、こんな風に、金色のプレートを。
実は、これ、わたしのハンカチについていたジムトンプソンのタグです。 洗濯機を回していたら、取れてしまったので、さっそく、このリュックに採用。

ファスナー横のタグは、手持ちのもので。
(※ これを作ったあと、知ったのですが、C&Sに、ロンドンバスやら、バッキンガム宮殿の兵隊さんやらの可愛いロンドンシリーズのタグが売ってました!ああ、あれをリュックにつけてあげたかった・・・。そしたら、どんなに可愛かっただろう~~ )

リュックの裏地も、ポケットと同じ生地にしました。

d0289980_12274121.jpg


RRさんの仕様書には「ポケットは開けた時に裏が見えてしまうので、接着芯は貼らないように」とありましたが、本体の生地の厚みと、ポケットの生地の厚みが、違いすぎるので、ポケット生地には、本体生地を裏地として貼っておきました。これで、少しは、生地感の厚みの差が解消されたかな?と思ったのですが、力不足・・・。 今思えば、裏地として本体布を貼る位なら、その間に、接着芯を挟みこめば良かったのかも。

こういうことは、書いておかないと、次回も同じことをしでかしそうなので、自分の覚書として・・・。

まぁ、とにかく☆

なんとか、無事、弟からの依頼が果たせて、ホッとしました。


あとは、お兄ちゃんが、焼き餅をやかないように、彼の分も何か作らないと~~~。

ああ、わたしの作成計画が崩れていく~~~(涙)




○ ○ ○ こんなものが・・・ ○ ○ ○

最近、メディアによく出てくるテーマとして「実家を片付ける」というのが目につきます。
年老いた両親、荷物も増えていて、なかなか、上手に片付けが出来なくなっている・・・。
生活動線を考えて、少しづつ物の場所を変えてあげるお手伝いをしなきゃ・・・と、私も動き始めたのですが、そんなとき、実家から、こんなものが出てきました。


d0289980_12485481.jpg



可愛いのか?怖い・・・と言ってしまっていいのか?

とりあえず、「要らない」というので、貰ってきました。

(要らないものは、どんどん捨てましょう!と散々、母に言ったあとで、我が家に、このような物が増えてしまうのは、いかがなものか?とも思いましたが、とりあえず、うちのコになりました、笑)

[PR]
by chocotto-san | 2015-11-17 12:55 | お裁縫(小物) | Comments(8)

「母性」 湊かなえ

d0289980_11281680.jpg


昼まっから、blog をUPしていると、なんだか、ものすごーく、時間を無駄に、ダラダラしている気もしますが、それがまた、なんだか、うれしいです。
最近、忙しかったので。(自分なりに)


で。 こちらの本。先日、「落語かよ?!」的なおもろい「一路」(浅田次郎)を読んだあとには、ちょっと、ディープなのを読んでみたいな~と思っていたら、Book off にありました、100円コーナーにこちらの本が!
なにやら、ディープな予感・・・。

湊さんの本は「告白」以来です。

正直に書くと、最初「は?」という感じです。
で、おそるおそる、Amazon のレビューで他の方の感想を読んでいたら「ミスリードされてしまいました!2回読んだら意味が分かった!」とあったので、これは、わたしも2回読むしかないだろーとなりまして、やっと、「ホントだ!ミスリードされてた!」というオチが分かった次第です。
あのAmazon のレビューを読まなければ、わたしは、「なんじゃこりゃー」と言って、作家さんの力量が分からないまま、終えていたと思います。

奥が深い作家さんなのですね。
あと、「あとがき」も、とても参考になった。
ああいうのを読まなければ「ちんぷんかんぷん」だった。

という具合に、わたしは、どうやら、読書力というものが足りないらしい・・・。

自力で読み解けないとは・・・(とほほ・・・)

[PR]
by chocotto-san | 2015-11-17 11:36 | | Comments(2)

mion ♦ スキッパーシャツ・・・④

今日は、昼過ぎから雨が降り、突然、秋めいてまいりました。

先日の文化の日は、とても暑かったし、昨日に至っては、半袖で過ごすありさま。

やっぱり、秋って、こんな風に、突然、気温が変わるから、油断がならないな、なんて思います。

本来なら、もうそろそろ、ニットに挑戦するに相応しい時期なのに、怖気づいて、まずは、ちょっと、一目ぼれしてしまったリバティでこちらを作りました。

d0289980_1811353.jpg


パターン :mion さんのスキッパーシャツ(なんと、4枚目! でも、リバティでつくるのは、お初!)

生地 : リバティ メドゥ

こちらのリバティ、くすんだ地の色が、なんとも秋めいていて、わたし的には、「作るのは、いつ? 今でしょ!」(← 古い・中途半端に古い・・・・どうせ、古いなら、とことん、寝かせたものを使うべしである。)と思い、思わず、即、購入、即、仕事にとりかかりました。

d0289980_1853060.jpg


ボタンは、黒蝶貝。まわりがギザギザ。

そして、 ‘‘けいたんさん’’のマネっこをして、初のお洋服に「タグ」をつけてみました。

d0289980_1863523.jpg


裁断してから、すぐに、タグを縫いつければ良かったのだけど、身頃に襟を縫いつけている途中で、「あ!タグをつけててみよう」と思ったものだから、ちょっと、よれよれ・・・っていうか、アイロンが足りてないような・・・(汗)
ま、いつも、どこか失敗なので、この位は良しとしよう、という感じです(笑)。

さすがに、4着目だと、少々進歩したような気もします。
でも、『つづけて4枚縫う』位の気概がないので、進歩といっても微々たるものです・・・。

そして、そして~~!!!

こんなことをつらつらと書くよりも!!

このパターン、やっぱり、薄い生地で作るのが正解だと思う。
③は、生地が厚めだったので、なんだか、もっさりしてしまい、そっこー母にあげました。

一番のお気に入りは①.


生地って、本当に大切!

あと。

今って、もう、チュニックの時代は過ぎ去ったのでしょうね。

なんとなく、この丈を着ると、「お腹まわり隠したいんでしょう~感」が、漂ってしまいます。

時代がチュニックだった時は、そうでもなかったハズなのですが、今は、明らかに「隠したいのですね」「そういうお年頃ですね」と言ってるようです。

なのに、なのに。 時代遅れになりつつあるのかもしれないのに。

やっぱり、気に入ったことには間違いないので、これは、バンバン着ると思います。

さて・・・。ute さんや、fujiko さんみたいに、お洋服ネタの下に、少し、今の自分を顕すようなことを書き足してみたくなりまして、真似してやってみます・・・。

d0289980_18173471.jpg


蕪が美味しい時期になると、毎年、必ず1度は作る、蕪のポタージュ。
今年もついに登場。
玉ねぎ1個と蕪5~6個(スライス)をオリーブオイルと塩でよーーーーーーーーく炒めて、見た目が、半量くらいになったら、お水をひたひたになるまで入れて、蓋をして、30分。

あとは、ミキサーにかければ、出来上がりです。

そして、先日も、少しふれましたが、2階に本棚を買いました。
キッチンにあるレシピ本で、使わないものは、2階に持って行こうと思うのですが、もう、すでに、かなり厳選されていて、持って行くものがない!と、ダダをこねたのですが、やはり、夫てきには「いや、もっと、減らせ」と。

で。見なおしたところありました、ありました。
d0289980_18193371.jpg


ヴィーガンになって、今まで持っていた普通のレシピ本は、全て、ごっそり、売ったのに、これは手放せなかった・・・。

ウー先生の本。 なぜ、手放せなかったのか?

それは、 ○○さんへ、とわたしの名前つきサイン入り(^^;)

その昔、私は、ウーちゃんのところで、中華を習ってました。
粉もの教室とか、旅クラスとか当時はありましたっけ。
しかも、最後まで受けたあと、さらに、2周目にはいるほどの熱の入れようだったのですよ。
まだ、独身だったのですが、せっせと復習して、毎週末は中華パーティだった(笑)。
ホント、懐かしい~~。

というわけで、名前つきサイン入りという理由だけでなく、やっぱり、懐かしさや思い出なんかもあるのかも~。
それに、ウーちゃんの本って、参考になることいっぱいあるしね!

[PR]
by chocotto-san | 2015-11-07 18:29 | お裁縫(おとな) | Comments(14)

一路 by 浅田次郎

d0289980_2129152.jpg


おもしろかった。
江戸時代の風景が頭に浮かぶ。まるで、落語を聞いているような、楽しさがありました。

でも、楽しい、楽しいだけではなく、そこに、日本人ならではの美意識というか、「心」というか「人情」を感じることが出来ました。

実は、井伊直弼殺害の翌年の頃なので、ついこの間の(?!)日本人を描いているのです。
我々が失いつつあるものだと思いました。

そして、これが、Eテレあたりで、アニメーションになれば、楽しいだろうになぁ~と思ったのですが、(一話、一話が単純明快なのです)なんと、ドラマ化していたのですよね。

しっかり、録画してあったので、これから、ゆっくり見てみたいです!

(追記)
そうそう。この物語に出てくるお殿様がすっごく、キュート!
どんどん、お殿様が好きになっちゃう。 
主人公は一路のハズなのにね!
[PR]
by chocotto-san | 2015-11-05 21:36 | | Comments(0)