ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

「寡黙な死骸 みだらな弔い」 小川洋子

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)

小川 洋子/中央公論新社

undefined

常にこれは何のメタファなんだろう?と考えながら読み進めた。
ぞくぞくして、ひんやりして、美しくて、狂気的で、乾いていた。


この人の作品は、「博士の愛した数式」と、「アンネフランクの記憶」しか読んだことなかったのだが、もっと読んでみたいと思いました。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-08-01 10:29 | Comments(0)

「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

伊坂 幸太郎/新潮社

undefined

久々に伊坂孝太郎を読みました。
以前、立て続けに読んだのですが、休憩・・・と思っていたら、すっかり、遠のいていました。

やっぱり、面白い!!




[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-28 11:20 | | Comments(2)

「ずっと好きな服」よりギャザースカート

俺んちパンツ、じゃなくて、オレンジパンツを作ったあとは、なんだか、全ての精気を吸い取られたようなかんじで、ミシン触りたくない、見たくもない・・・という気持ちになって結構、落ちていたのですが、金曜日あたりに持ち直して、どうにか、これならば・・・と簡単そうな自分服に取り掛かって見ました。

C&Sさんの「やさしいリネン」を購入して、「おまけレシピ」から「たっぷりギャザースカートをマキシ丈で」と思っていたのですが、当初の予定から、大幅変更。

d0289980_18343614.jpg
こちらの本から、右のモデルさんが着ているスカートをチョイス。
ゴムの位置をウエストより少し下げて、フリルが立ち上がるギャザーフリルになっています・・・(← 本の文章そのままです)
(わたし、この右のモデルさんが、どうも好きなタイプであるらしく、この方が着てるもの、全て作りたくなって、思わず、こちらの本を購入してしまいました)

d0289980_18371528.jpeg
黒Tシャツとも合うかな?

d0289980_18374221.jpeg
やっぱり、白かな?と鏡の前でモデルさんごっこをしていたら、夫が・・・ 

「なんか、そのウエスト見てるとサァ・・・。今からフラダンス踊り出しそうだよ」と(涙)。「腰蓑っていうのかなぁ?そんな感じ?」とまで言うではないかー!!
こんなひどいこと、さらっと言える夫をどお思います?!?!

d0289980_18455524.jpg
もしかして、ユニクロと、ひらひら系の手作り服の組み合わせって安っぽく見せちゃったのかしら???(モデル体型さんなら、美しく着こなせると思うのですが、わたしだからね・・・)と思い、Tシャツやめて布帛の既製服を合わせてみた。

まだ、夫の感想は聞いてない・・・。 

しかし、わたしが、「えええ・・・」とかなりショックを受けていたのを見てしまったので、もう本音は引き出せないかも?

「失礼なことを言うやっちゃなぁー」という気もするが、実は、有難い貴重な感想だったりもする。
家族じゃないと、本音言ってくれないし!

話は、変わりますが夫の「オレンジパンツ」は、週末、一緒に郊外にぷらぷらお出かけした時に、着用してくれましたー。家に帰ったら、ソッコー脱いでいたから、はき心地はやっぱり、少々キツイんだと思うんだけど、端から見たら全然、そんなこともなく、一人で後ろ姿見ながら「ウンウン、いいの縫えたー」って満足しました。
ハトメ効いてました〜。(uteさん、オススメよー!!)

[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-24 19:03 | Comments(12)

大橋睦さんの小さな塩つぼ

半年くらい前になるでしょうか。塩つぼを買い換えました。
大変気に入ってます。

大橋睦さんの塩つぼです。

d0289980_10272441.jpg
この器は釉薬をかけていない、土を薪で焼いただけ、
の器なので呼吸をしています。

それまでは、塩つぼの中で、塩が固まってしまうので、辟易していたのですが、こちらに変えてから、そんなことは全くありません!


最近、塩つぼの場所を変えて見ました。それまでは、料理をする台の背中側の棚に置いていたのですが、いちいち後ろを振り向くのは作業効率が劣る・・・と思い、
おもいきって、作業台の引き出しに入れてみました。
d0289980_10234775.jpeg
これ1週間前の写真。

そのあと、生姜のすりおろし器を他の場所に移動させ、ここに、軽量スプーンを持ってきたら、より、作業効率がよくなりました♪
あーだこーだと考えるのは楽しいですね。

お見苦しい引き出しの中、見せちゃってごめんなさーい!
※ 新聞紙を引き出しに敷く、ってどーなのよ?! おばあちゃん的? 


[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-23 10:33 | Comments(6)

「シルエットのきれいなメンズパンツ」より「サーフショーツ」

先日、「夫用にパンツのトレースをした」けれど、生地不向きのため、作成しないで自分用の服にしちゃいました・・・と、書いていたのですが、あれは、そう、今日のこの日のための、前振りです(笑)。

あれから、このパンツ(トレースしたパターン)に向いている生地は何だろう?とネット徘徊しまして、また、生地を新たに購入してしまったのです!

そうです。「生地は、今後半年は買わない」宣言をしていたのですが、敢え無く、その約束も反故にされ、サクサク、布買ってますから!!しかも、この他にも、翌週、C&Sさんで、お買い物してるし!!(← 汗)


で。 作ったのがこちらです。

d0289980_11563408.jpeg
初の夫用

パターン: 「シルエットのきれいなメンズパンツ」(杉本善英)より「サーフショーツ」

生地 : ソレイユさんのコーマ ヴィンテージワッシャー オレンジ

ここまで鮮やかなオレンジは、確か、C&Sの力織機シリーズにもあったはず!と思って、どちらを買うか相当迷いましたが、お安かったソレイユさんに決定。
半額くらい違うんじゃないかな? (ちなみに、ミシン糸は、C&SさんのLー73です。この糸の色は、ぴったりでした)
この生地にして大満足です!!

さて、作った際の、またしてもの「あんなこと」や「こんなこと」。聞いてやってください・・・。

パンツといえば、数枚は作ったことあるし、シームポケットもやったことあるし・・・問題は、「ハトメ」だわ!でも、これさへ、乗り越えたら、楽勝なはず!と思って手を出したのですが、これが、なかなかの難関でした。(私にとっては・・・。あくまでも、初心者にとっては・・・のレベルです)

まず。

ハトメ。

本では、材料のところに、直径1センチのものが必要・・・とあります。
ここ、要注意でして、「内径7ミリ」と「内径10ミリ」どちらを買うのか、一瞬迷います。
が。
内径7ミリの方がいいです。(たまたま、図書館で借りた本を持ったままお店にGOしたので、その場でパターンを広げて確認しちゃいました。内径10ミリの方だと、明らかに、大きいです。ベルト正面にあるタグからはみ出すほどの大きさになってしまいます。)

と。エラソーに書いていますが、誰も、こんなミスはやらかさないですね!

では、本題!

d0289980_12061550.jpeg
まず、こちらのパターン。後ろのお尻のポケットに一つ目のハトメが登場します。

薄すぎる生地だと、綺麗にハトメがつかないとのことでしたので、(←オカダヤの店員さん情報)当初予定のインド綿にしなくて正解だなぁ・・・と思いつつ、作業開始です。
(念には念を・・・で、この生地にも、いつも私が使用しているC&Sで売っている接着芯より、厚みのある接着芯を使用しています。)

あ。話は、また、逸れますが、100円ショップでハトメを取り付ける器具も売っているそうですね。でも、オカダヤの店員さんにご相談したら、あまりお勧めしないとのことでした。理由もあれこれおっしゃっていましたが、途中から「要するに、ここで、ここにあるものを買えばいいのね!」と、完全に頭がフリーズして、内容が入ってきませんでした(汗)

なので、素直に、こちらで、ハトメと、ハトメを打ち付ける時の台みたいなものを購入。

(←でも、多分、使い道によっては、100円ショップのもので事足りるんだと思う。実際、綺麗に付けて、なんの問題もない方もたくさんいらっしゃるし!)


話は、元に戻ります。

ハトメそのものは、ネットで検索した通りにやれば、綺麗に簡単に付けられました。

ただ、洋裁の手順ミスをやってしまいました。(いつものこと)

ベルト正面のハトメをつけるタグ部分。裏生地と表生地を縫いつけて、合体させたものに、ハトメをつけなきゃいけないのに、裏生地に2つ、表生地にも2つとハトメを開けてから、両面を縫いつけようとしてしまいましたーーー!! 強引にこれで進めようかな?とも思いましたが、ハトメの厚みで縫うのが難しそうだし、第一、不要に重みが出てしまうし、ここは、素直に、やり直そうと気分新たに、ハトメを買いに出かけたら(←失敗した分、足りなくなったので)色を間違えて帰って来てしまったーーー!!・・・という、サザエさん的な失敗も、追加オプションでやらかしています・・・(涙)。

そもそも、「苦手意識」が強すぎて、「コツを覚えてるうちに、ハトメ、全部、開けちゃおう!」って一気にやったのがいけませんでした。
苦手だからこそ、「一気じゃなくて、丁寧に本を読めー!!」って感じですね(笑)。

お次はシームポケットのところ。
d0289980_13195274.jpeg

ポケットに見返し布と向こう布がちゃんとあって、「本格的なポケットねー!」と、ウキウキ取り掛かったのはいいのですが、(私は全部、共布にしました)袋状に完成されたポケットを本体につけるやり方をイマイチ理解していない為に、悩む、悩む・・・。

本では「●ページ参照」とあるのだけれど、それは、袋状に完成したポケットではなくて、まだ、ぺらぺらの1枚のままで縫いつけて、最後に、合体させロックミシンをかけるタイプ。私が縫ってるものは、袋縫いで完成したポケットを合体させるタイプ。となると、図の通り、絵の通り・・・っていうわけにも行かなくて、ただでさへ、文字数が少ない解説書なのに、「この袋縫いのポケットの‘裏’って、どっち?表って、どっち? ねーねー、どっちがどっち?」と、一人混乱して、なんども縫っては、ほどき、縫っては、ほどき、ポケットをひっくり返してみたり、あーだ、こーだで、なんだか、たくさん、縫い直しました、涙。(言ってる意味、分からないですね。スルーしてください・・・笑)。

シャカシャカ布ゆえに、生地に、ミシン針の目がいっぱい開くし、「大丈夫、洗濯すれば、穴は塞がる」と言い聞かせながらの作業となり、最初のウキウキ感も何処へやら・・・。 結構な苦行でした(^一^;)

ーーーで、今思うと、シームポケットのこのやり方(見返し布とかもあり・・・の形でのこのやり方)は、お初だったのです。一度、経験したことがあれば、あまり悩まなかったかも…です。にしても、本当に、いつまで経っても、初心者です。洋裁って、色んなやり方があるし、結果は一つなんだけど、そこまでの過程は、本によって本当に違うし、まだまだ、「お、このやり方のいいところは・・・」と語ることも出来ず・・・。とにかく、私にとっては、見知らぬ先生のご本は、とても、ハードルが高いことを知ってしまったのでした。 なんども「Mパターンさんだったら、もっと、解説丁寧なはず・・・」「パタレさんだったら、もっと、分かりやすいはず」と、頭をよぎりましたー(苦笑)。




で。また、ハトメタグ(正面ベルトのところ)に戻ります。
d0289980_14571780.jpeg

ベルト布にゴムを通してから、「タグ(ハトメの箇所)」を縫い付ける・・・と本にはありますが、それだと、のちのち、ウエストゴムの調整の時厄介だから・・・と、ゴムを入れる前にベルト布にタグを縫いつけました。われながらいいアイデアだと思ったのですが・・・。

そこには、大きな落とし穴が。

先に縫いつけてしまったタグが邪魔して、ベルト布が本体に付けられない・・!!!
つまり、やっぱり、本の手順通りに、ベルト布は先に、本体に付けなければいけないわけだー!!
と、また、糸を解く・・・。

で、あーだこーだ、やっていたら、タグにも、飾りステッチが必要だったことに気がついたのですが、もうハトメ作業をしたあとだし!
抑えを変えたら、縫えなくもないだろうけれど、なんだか、この服とは、私自身、相性が悪いような気がしてきて、もう、早々と、ステッチ諦めました・・・。

なにしろ、糸を解く作業も、考える作業も、失敗故に倍、倍に増える作業量もさほど堪えないのですが、生地にポツポツ穴が開くのが、一番堪えたのですーー(涙)



それなのに、ったら、それなのに・・・。

夫氏。履いてみたら・・・・「もう1サイズ上が良かったかもー」ですって!!
事前に、ちゃんと、本を見せて「どのサイズ?」って聞いてたんですよ。 (「夫にサプライズ♡」とかして、サイズ間違えたら、嫌だったから・・・)
それなのに、サイズが小さいですって?!?!

「いやいや、履けるよ。履けるんだけど、ちょっとだけ、余裕がないっていうか・・・。もう1サイズ上の方が楽かなぁ・・と思って。でも、大丈夫!俺、痩せるから!待ってて!」ですってさー。

なんなんだー。そんな、お尻が小さくなるのを、待ってられっかー!!

火曜の夜から、ずーっと履いてないけど、週末履く気あるのかしら?! なんだか、とっても嫌な予感・・・な木曜日です。

と。話の結末が、暗〜く終わるのもなんなので、話題を変えて終わりにします。


【おいしいパン屋さん】

週末は、パン食と決めてます。
で、犬の散歩がてら、夫とパン屋にお出かけして、パンを買って、ムシャムシャ・・・というのが週末の習慣です。
ところが、先日は、そのいつものパン屋がお休みだったので、早朝から開いているパン屋を探したら、
代々木八幡に「365日」というパン屋がありました。

本で見たことあるー!!とミーハー心が疼いて、犬の散歩ならぬ、「犬とドライブ」で、買いに行って見ました。

私のようなパンの素人があれこれ書くのは、恥ずかしいので、省略しますが、素敵です!おすすめです!
綺麗顔のパンから、素朴系まで色々あるし、材料が小麦だけ・・・系のものが私にとってはありがたいので、
そこらあたりも充実していて、おまけにお店もコンパクトで・・・と、良さげなお店でした。

パンに詳しい方は、すでに来訪済みかもしれませんが、お勧めです。



先週、夫の待ち時間に見たDVDメモ
[PR]
# by chocotto-san | 2017-07-20 15:16 | お裁縫(おとな) | Comments(10)