ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

婚約のあとで 阿川佐和子

婚約のあとで (新潮文庫)

阿川 佐和子/新潮社

undefined

先日、福岡先生との対談集を読んだので、阿川さんの本がとても読みたくなりました。そんな折、タイムリーに、ブックオフで見つけたので購入。

阿川さんの本、前に読んだ本も(←タイトル失念)漫画みたいにすらすら読めるなぁと思ったけど、これもそう。
読みやすかったです。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-09-29 20:14 | | Comments(0)

新しいカット

ソフトモヒカンにしました。

d0289980_10104949.jpg
横から見たところ♡
d0289980_10174127.jpg
もう少ししたら、もっとサマになると美容師さんが言ってました。
黒豆みたいなふうすけです。

[PR]
# by chocotto-san | 2017-09-26 09:21 | ふうちゃん | Comments(4)

「路」 吉田修一

吉田修一さんの「路」読みました。

台湾新幹線開通に尽力したビジネスをメインとした話、(言って見れば半沢直樹系)・・・かと思っていたら、全く違いました。
春香とエリックという現在(といっても新幹線開通の2007年頃まで)の若い二人を通してみる台湾と日本を横軸とするなら、
勝一郎と中野赳夫こと呂耀宗を通してみる、戦前、戦後の台湾と日本の関係を縦軸にして、物語が構成されているように感じました。戦後の台湾からの引き揚げ者のことは、わたしは、全く知らなかったのですが、引き上げ者の勝一郎がずっと、引きずっていた想い。そして、残された中野の想い。一見、個人的な想いとして描かれていますが、実は台湾が、日本をどう受け止めていたのか、どう思っているのか、この本の最後の章にある勝一郎と呂耀宗の会話に集約されているのかなと思いましたし、吉田さんが一番言いたかったことは、これなのかな、とも思いました。
作者の吉田さん、台湾をものすごく取材されたと思うのですが、単に、このテーマで書くから・・・というだけで取材されたのではなく、もともと、台湾がとてもお好きな方のように感じました。 春香(主役の一人)を通してみる台湾の町の姿、景色が、ここ数年で2回ほど訪れた台湾の風景をものすごくリアルに表現されており、一度行った人なら、あの景色に自分も行った気になって楽しめると思います。(それほどリアル)
ああ、また行きたくなった、台湾・・・。新幹線も乗っておいてよかった。 

[PR]
# by chocotto-san | 2017-09-24 16:28 | | Comments(2)

パターンレーベル ♦︎ ツインショルダーバッグ

迷っているところなのです。
お時間を頂きますが、まずは、これを見てくださいませ。

d0289980_13492678.jpeg
私もパタレさんのツインショルダーバッグ、作りました。
SとMサイズがあり、大きい方です。

先に作られたuteさんが帆布で作られていて、「なるほどー!!そっち系がお勧め布なのね!」と思ったのですが、時すでに遅し。
布、すでに買ってました。
帆布だと、あの硬さのおかげで、底のツイン部分が活きてくるのですが、私はこんな生地を購入していたの。


d0289980_13531724.jpeg
C&Sさんのアルチザンという、なんとも男前な名前の生地で、こんな感じで、透け感があります。
透けたザクザク感のある生地のバッグを肩掛けしたいなぁ、自転車乗る時とかにいいかなぁ、なんて思ったのです。


しかし、魅力的な布でしたが、チャコペンは、シャープペンシル型の細めタイプのものを使っているので、「点」で記す箇所、チャコペンの芯が、布を突き抜けます(汗)。太いペンタイプのチャコペンを持っていれば問題なかったのでしょうが、生憎、持ち合わせていないので、もれなく、しつけ糸で糸印つける作業が発生してしまったので、若干、イラっとしました(←こういうのも楽しむ余裕が欲しいものです・・・)

でね。迷っているのは、ここからなんです。

やっぱり、地味かなぁ。。。とふと思って、こんなものをつけたらどうだろう?と思い始めました。

(A案)

d0289980_14034475.jpeg

ちょっとフォークロアな雰囲気を醸すバッグに変身させる。

(B案)

d0289980_14044695.jpeg
台湾で買ったテープ。A案がチロリアンテープなら、こっちはチロチロテープ、って感じ。(←あんまり面白くない。ダジャレ下手なおじさんレベル)
イメージは、チェンマイのバッグ(←以前、黒やぎさんが、チェンマイで購入されたものを、ほんの少し、彷彿させる・・・と、本人は思っている)。

やはり、初心に戻って、無地のままかなぁ・・・。

うーむ。どうしよう。

洋裁人なら、リッパーという心強い小道具があるのだから、A案、B案、順番に楽しむことも可能なのだけど。
せっかく、お夕飯の準備をするまで、たっぷり時間があるから、さっさと決めて縫い付けてしまいたかったのだが、
迷いに迷って、ここで一旦、ブログアップすることにしました。

皆さんは、どちらがお好き?と、もし聞いてしまっても、結局、最終判断は、自分だし。
うーむ。本当に、悩みます。




そんな時は、話題を変えて。是枝監督の「三度目の殺人」見てきました!
[PR]
# by chocotto-san | 2017-09-22 14:25 | お裁縫(小物) | Comments(4)

MPL ♦︎ ワークパンツ

出費というものは、続くときは続くもので、9月はいろいろありました。

まず、車。

天井から、内布(?!)が剥がれてきた!ディーラーさんに持っていき聞いたところ、「国産車ではまず、購入7年目で、これはないからびっくりされちゃいますが、ドイツ車だと、仕方ないんですよね。結構、起こりうることなんです。廃棄する時のことを考えた材料で製造するので、どうしても、このあたりの作りが弱いのです。」とのこと。エコの国ドイツだから、仕方ないらしい。それに加えて、日本の亜熱帯化。暑さも一因らしい。 屋根付きの駐車場だったらこんなことはなかったのだろうが、仕方なし。

次に、掃除機が壊れました。

 掃除機のメーカーに持って行くと、中の部品の故障みたい。直すのに4万円掛かるというし、これ、一度過去にもお直ししてもらって、2回目の故障なので、もう寿命かな・・・といことで昨日新しいものを購入しました。 以前より、ちょっとお高めだけど、軽いし、音は煩くないし、いいお買い物をしたと思うのだけど。

お次は、カーテン。
(寝室部分のカーテンで、三ヶ所ある。いずれも斜めの屋根に合わせる作り。遮光と、防音を兼ねた生地を選びたいし、斜めな作りということで、素人には無理だろうと、プロに見積もりを出してもらっているところ)

そして、そして。 やっと、iPhoneデビュー。(これは、2年縛りを待って、のタイミングだったので、今月を逃す手はなかった)

その他に、これは、出費といっても仕方ない種類のものだけど、ふうすけの下痢騒動の後、また「お咳こんこん」が起こって、焦った私が病院に駆け込んだり。
(昨年同様「ケンネルコフ」にでもかかったかと思ったが、病院から戻ったら、咳はストップ。なんでもなかったらしい)





そんなドタバタな9月ですが、お裁縫生活も、それなりに充実♡
d0289980_16204431.jpeg
MPLさんの廃盤「ワークパンツ」を作りました。

ぐふふ。
数ヶ月ぶりのファスナー付けに挑戦です。

d0289980_16213916.jpeg
今回の新しい挑戦は「金属のファスナー」というところ。

下手とか、汚いとか、さておいて。
とりあえず、完成しました!
(ぱちぱち)
d0289980_16234357.jpeg
こういうポケットの「ワークパンツ」っていうのをあちこちの
パターン屋さんで見かけましたが、
私は、先日の(といっても春先のこと?)
廃止パターン直前のセール時に購入したものです。
(確か5000円以上で1パターンついてくる!という企画)



布はC&Sさんの力織機シリーズのシナモンです。
色は、一番上のものに近いかな?
(糸:シャッペスパン280番←追記)

見返しのドットは
ポランカのリネンさんで大昔買ったもの。
これ、結構、個性的すぎて、
「洋服にするには、斬新すぎるーー。
どうすればいいんだぁ」と
手を拱いていたので、見えないところで
サクサク使用。

まだまだ、あるので、今後も見返しやら内布で
せっせと使うことにしよう。

d0289980_16345140.jpeg

d0289980_09151408.jpeg

なんか、嬉しいなぁ。
私の中で、お裁縫を始めたばかりの頃は
「襟付けなんて、夢のまた夢。ファスナーなんて、絶対、無理」って
思っていたので、そこがクリアされている!!
嬉しい。

下手とかそういうのは、いいんです。
できた、ってことで、今は満足!

生地も、厚過ぎず、薄過ぎず、これからの季節に良さそうです!


(たった今、先日のMPLさんのスタンドオフカラーシャツと組み合わせて犬の散歩に行きましたが
顔見知りの方に、今日の服素敵ですねーって言われた。
この方、私が洋裁をしているのを知らないので、純粋に
すっごく嬉しい。)

話は戻りますが、スマホデビューのこと。
マーケティング用語で、「イノベーター理論」というのがあるらしい。

新製品が出たら、真っ先に買う人、その次の群、そのまた次の群・・・と購入順に5つに分類されます。



イノベーター:全体の2.5%(革新者たち)
アーリーアダプター:13.5% ・・・新商品の導入に積極的な人たち
アーリーマジョリティ:34.0%
レイトマジョリティ:34.0%
ラガード:16.0%(保守派)

で、夫からは、私は、ずーっと「ラガードだ」と言われていたのですが
(自分でも、その類だと思っていた)
先日、ニュースを見ていたら、スマホの普及率は77%というので、
どうやら、「レイトマジョリティ」あたりにいる人らしいです、わたし。

でも、周りはほとんど、スマホだし、
わたしが「アドレス変わったよ」と連絡すると
「祝・ライン」とか「祝・スマホ」なんていうのは
いい方で、
ひどい人(?)になると「やっと、世の中についてきたね!」と露骨なことを
いう人もいる(汗)

悪気はないと思うが、「おいおい」と突っ込んでおきました(苦笑)

でも、洋服に関しても、そんなところあるのかも?なんて思って見たり。
世の中は、お袖コンシャスな服が大流行りだし、
サコッシュベルトなんてのもあると、知ってはいるのだが、
ぼーっと横目で見ているだけ。
廃盤パターンでも、喜んで作ります。

どれだけ、流行遅れなんだか・・・。

そんなこんなの流行ラガードなブログですが、
今日も見てくださってありがとうございます。








[PR]
# by chocotto-san | 2017-09-19 18:07 | お裁縫(おとな) | Comments(8)