ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

「落葉」 朝井まかて

落陽

朝井 まかて/祥伝社

undefined

またまた 朝井まかてさん。題材に惹かれて読み始めた。
今回の主題は、明治神宮の森。この森は、「作られた森」である。これは、数年前にNスペでやっていたので、ご存知の方も多いであろう。


明治天皇が崩御された頃、今でこそ、東京の若者の中心地である原宿も、東京の外れであり、畑はあるものの、人もまばら。ほとんどが沼地だったという。
そこに、豊かな森を作りたい。天皇を祀る鎮守の森を作ろうという計画が立てられた。
神座としての風格は、針葉樹林でなくてならない、という考えが主流ではあったが、関東ローム層には不向きであったため、現在のような広葉樹林(どんぐり、樫、椎)の森を作る事とした。
それはこういうことだ。『目指すは、藪のごとき原生林だ、天然更新される森でなくてなならない・・・放っておいても、枯れない永遠に続く森でなくては・・・』という着想のもとに
“デザインされた森”を作ろう、ということなのだ。
150年後の完成を目指してデザインする、というのは、当時としては、ものすごい賭けだったと思う。
実際、まだ100年ちょっとしか経っていないのだが、どうだろう、もう、立派な森にしか見えないではないか。

さて。この神宮の森が、メインかというと、どうもそうでもないような気もする。(読解力なし。)
明治天皇の想いみたいなことも書かれていたし。
ともかく、明治が終わって、富国強兵・・・欧米に追いつけ、追い越せみたいな時代の雰囲気と新聞が庶民に広まりつつある時代の雰囲気みたいなのが
面白かったかな。

少し、話が脱線しますが、そのNスペ。
2年ほど前だったろうか。ぼーっと見ていたら、会社でお世話になった方が出てきたの!!!!いやぁ。嬉々として、森を探索しているあの笑顔。
会社を辞めて研究に没頭したい・・・という決断を聞いた時は、驚いたけど、やっぱり、ここでも、活躍してる!!
見つけた時は、笑っちゃいました。
楽しそうで、何よりー、って年賀状にコメント書いたのはいうまでもありません(^一^)





[PR]
# by chocotto-san | 2017-04-09 19:51 | | Comments(6)

「原っぱ×はらっぱ」さんの刺繍プチバッグ

「原っぱ×はらっぱ」のゆきさんから、こんな素敵な贈り物を頂きました。

d0289980_21451753.jpeg

イニシャル刺繍入り
bag in bag
です!!

ゆきさん、最近、ショップを開始しました。
サンプル品を作るにあたり、chocotto*さんのイニシャルを教えてくださーい、サンプル品をプレゼントしまーす、と言って、こちらをくださったのです!!!
d0289980_20251854.jpeg
内布は、こんなキュートなピンク! 女子力高し!

お好きなイニシャルを刺繍してくださいます! 私の名前は「m」で始まるのよ・・・(^一^)

d0289980_21581966.jpg

みて!こんなに綺麗な手しごと!!!!!


刺繍は、見よう見まねでしかやったことありませんが、確か、こういう風に埋めていくのって、難しいですよね。もう尊敬でしかありませんっっ。

お店でも、なかなか手刺繍のお品って、売ってないし、あったとしても、自分のイニシャルだけ完売してたり…。それが確実に自分の為だけに、注文を受けてから作って下さるなんて嬉しいですよね。

●底布はリバティです!
リバティは、3種類の中から選べます。
●刺繍も、色が選べます。(単色&2色使い。)

(詳しくは、「原っぱ×はらっぱ」さんのブログを見てね)

これね、とっても可愛いサイズなの。
d0289980_20243593.jpeg
ガラケーと比べると、こんな感じ。
(スマホとの対比は、やはり ゆきさんのブログを見ていただければ分かります!)


d0289980_22314676.jpeg
文庫本も、すっぽり入ります。

d0289980_22322384.jpeg
ゆきさんは、私の印象では、素敵なものをたくさん見て暮らしているような気がします。
綺麗なもの、緻密なもの、可愛いもの、愛のあるもの、ほっこりするもの。
そういうたくさんのものを愛ある眼差しで見つめてブログでご紹介してくださっているんですよ〜。

だから、こんなに可愛い作品が出来上がったんだろうなーっておもわず、納得です★

お母様の畑で採れた花豆と鎌倉の有名店のジャムもいただきました!

d0289980_22461753.jpeg

花豆・・・高いんですよね・・・。大好物なのに、なかなか買えなかったので、嬉しいっ!(思いっきり主婦的感想)
いちごとフランボワーズも好物です♪
そうそう。この花豆の入ってる缶もね、私、Cinqさんで見て気になってたの! 
おしゃれな缶。これも、お豆を食べ終わったら、大事に使おう♪

そうそう。ゆきさんちの倫ちゃんは広報部長さんです。
倫ちゃんも可愛いので、犬好きさんにも、オススメブログです♪

原っぱ×はらっぱ ・・・harappa88.exblog.jp
シャチョー : ゆきさん
広報部長 : 倫ちゃん
モデル  : 七ちゃん
あたくし、広報課長のつもりー❤︎ 






[PR]
# by chocotto-san | 2017-04-06 22:56 | mono語り | Comments(2)

polka drops ♦︎ ルームシューズ

いやぁ〜。ルームシューズまで、手作りできるなんて、知らなかったー!!
そんなパターンが売ってるなんて〜。 おもしろーい。
欲しいなぁと思ったら、きょうび、お金さへ出せば何でも手に入るこの時代。

「作ってみたい!」「パターンを探そう!」「あった!作ってみよう!」「できた!」って、この一連の流れ、とっても幸せなことだなぁ・・・なんて思いました。 





d0289980_14171882.jpeg

先日、これからの職場に研修に行ってきました。
これがまぁ、寒いこと、寒いこと。底冷えするとは、このことだ!と思いまして。

「ルームシューズと、膝掛け、次回、持ってきてね!」とのことだったのです。

その時、「はい。」と返事しながら、「わー、ルームシューズかぁ。作りたいなぁ。帰ったらパターン探そう!」って、もう、帰宅後の自分を夢想してました(笑)
(もう、立派な洋裁バカになっている、と自覚した瞬間です、笑)。

パターン ♦︎ pola dropsさんの「ルームシューズ」
生地: この時の余り布
かかと部分は、J&Bさんの天竺。(いま、シャツを途中まで作ってるのですが、それが、終わったら、着手する予定の天竺)

作り方も面白かった。わー、「靴の表布と裏布を合体させてからの、どんでん返し」ってこうやるんだー!!ってちょっとばかり、興奮しました。

難しいところも、特にないし、縫うのも、難しい箇所なし。

裏地のメルトンフリースが縫いづらいかなぁというのは杞憂に終わりました。

ただ。 よくある、「ここは、最後に、手縫いするので、開けておいてー(つまり、どんでん返しする出入り口)」の箇所ですが、セコセコで、
少しでも手縫いする部分を短くしようゼと、狭〜く、したら、当然ながら、ひっくり返す時、「うう・・・キッツキツ。。。中身が出ないではないかぁ・・・」と、
産みの苦しむを味わうことになりました(笑)。

そうそう。お遊びで、片方だけ、アップルちゃん、かかとにつけちゃいました。 
ここで、ちょっとばかり、手作り感をアピール。

あ。あと。底は、滑りにくい生地で・・・と仕様書にはあったのですが、どんなものが滑りにくいのか、家にそんなものないよーとなりまして

d0289980_14424691.jpeg
普通に、裏毛の布にしました。これ、以前、smileさんで買ったフラミンゴ柄の生地なのですが、布の端(耳ちかく)は、フラミンゴがプリントされてなくて、その、無地の部分です。
そんな布端部分さへも使い切った自分、褒めてあげたい(笑)。


さぁて。本当は、もっと、時間を効率的に動かなければならない。
お天道サマが出ているうちに、シャツを縫ったり、予約している本を取りに図書館に行ったりして、暗くなってから、ブログをアップすればよかった・・・。

これからは、こういう時間管理をしっかりせねば・・・。だらけて暮らしていたツケと言いましょうか、今は、もう、一つやったら、はい、休憩・・・って感じで
まだ、まだ、効率的には動けません・・・。 







[PR]
# by chocotto-san | 2017-04-04 15:00 | お裁縫(小物) | Comments(12)

振り返ってみた・・・2015年ver.& 2016年ver.・・・

過去、どのくらい作って来たのか、みてみた。
2015年    大人  子供  雑貨
01月)    1   1   1
02月)    3   0   0
03月)    2   2   1
04月)    3   1   1
05月)    5   0   0
06月)    3   0   0
07月)    4   0   1
08月)    2   2   0
09月)    2   2   1
(10月)    1   0   1
(11月)    2   2   1
(12月)    4   0   3



後で振り返りやすいようブログのタイトルは、作品名を明記し、1作品に対して、1記事にしていたことと、「♦︎」マークをつけておいたことで、
数えやすかった。(ただし、見直ししてないし、数え間違いしてたら、ごめんなさい)


2016年    大人  子供  雑貨
01月)    1   3   0
02月)    3   0   3
03月)    1   2   2
04月)    3   4   1
05月)    1   1   0
06月)    2   1   1
07月)    2   2   0
08月)    3   0   1
09月)    3   2   1
(10月)    3   0   1
(11月)    3   2   1
(12月)    1   0   2

翌年もそんなにペースは変わってないかなぁー。

普通、こういうことは、年末とか、年始にやることだと思う。
では、なんで、今、こんなことを急にしでかしたか。

それは、4月から、生活のペースが少し変わる予定で、お裁縫のペースダウンは必至です。
なので、ちょっと、今まではどんな感じだったのか、ふと、振り返って見たくなって。

お仕事を始めるんです。
あ。と言っても、アルバイトです。

ご近所の犬友さんに、「お仕事を手伝って欲しい」と頼まれまして。
決して、犬関係でも、もちろん、お裁縫関係でもないのですが、
前のような会社員でもないので、今までとは、ちょっと違った景色が見られるかと思うと、
少し、ワクワクもし、少し、緊張もしています。

最初の頃は、慣れなくて、とっても疲れちゃいそうですが、
幸い、私の望む条件で(通勤電車に乗らない!→ よって、お仕事着とか着なくていい)
短時間で、お昼は家で食べられる!という感じで、慣れさへすれば、とても好条件だと思っています。

一応、軽い面接みたいなのが、あって「なぜ、私に声をかけてくださったのですか」とお聞きしたら
「公募して17人の人が来てくださったのですが、どの方もイメージと違って・・・。
そしたら、ふうちゃん連れてるchocottoさんが歩いているのを見かけて、この人だ!って思ったの」

なんて、過剰なくらいのリップサービスをいただいたので、期待に添えるよう頑張りたいなーって
思ってます。

でも、こんなこと最初から言ったらダメだけど、過剰なストレスがあったり、陰険な職場だったら、
早期撤退しちゃうかも(汗)。

早々に辞めていたら、陰でこっそり笑ってやってください。

先にも書いた通り、通勤着を用意する必要はない環境なので、、これからも、
今までどおり、カジュアル服ばかり作ります!
そして、ふうちゃん時間(散歩。遊ぶ。)を減らすことはできないので、やっぱり
ミシン時間が減っちゃうだろうけれど、細々と、ブログは続けたいと思うので、
今後も覗きに来てね!













[PR]
# by chocotto-san | 2017-03-30 17:33 | ひとりごと | Comments(10)

fktk ♦︎ pull shirt

やっとこさ、自分服に取り掛かりましたー。
d0289980_14342648.jpeg
生地はC&Sさんのフランネル(ソイラテ)です。
裁断したのは、ずいぶん前だったのですが、甥っ子の入学準備グッズに思いの外、
時間がかかってしまったものですから・・・

なんだか、ちょっとばかり、季節感がありませんーー。

(言い訳でしたー)


d0289980_14460881.jpeg
(写真では、包みボタンーーー快晴堂さんで買ったものーーーを
仮り置きしていますが、実際はプラスチックのボタンです)
台襟の裏は、リバティで。
(リバティ案は、C&Sでお世話になっているソーイング教室の先生より
「この生地は厚みがあるから、フランネルが重なる台襟となると縫いづらいですよー」と
教えていただいたのでリバティにしました。
ご参考までに)



そのリバティ。
今回は、カペルで。
(実は、わたし、初カペル。)
馴染みのあるグレーにしちゃったけど、自家製レフ板で、反対色の明るい色を持って来てもよかったかも!です。
年齢的に・・・ね(^一^)

d0289980_14504910.jpeg
普通のシャツが似合わない方向けのパターンと
いうだけあって、わたしでも大丈夫でした。
というか、むしろ、子供体型なので、
お得意分野(?!)




そそ。作った感想。
パターンを買ったばかりの昨年の今頃は、「わー、前立ても襟もあって、難しそうー。できるかなぁ」とドキドキだったのですが、
スタートしてみたら、思ったより、簡単だった!
だったら、もっと早く取り掛かればよかったかも!なんて思うくらい。

背中の襟の部分に、小さなタックがあります。
(写真②をご覧ください)
そのタック。雑で、よく見ると長さが統一されてませんが。。。(汗)
そんなわたしが、楽だった、とか言って申し訳ないですが、
頭悩ますことなく、楽しく縫えます!

ポケットもついていて、可愛いパターンですね!

次回は、ダンガリー生地で作りたいなーとか、
ギンガムチェックも可愛いなぁとか
そんな「次回作」を想像しちゃうパターンでしたー。

さてさて。冬っぽい生地で作っちゃったーとか、一々言い訳書いてますが、
まだ家に、リネンウールがありまして。
これも、滑り込みセーフで形にしちゃってもいいのだろうか?
はたまた、来秋以降に回した方がいいのか、
目下、悩み中〜!






[PR]
# by chocotto-san | 2017-03-29 15:14 | Comments(8)