ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

filer♦︎4スタイルプルオーバー

今回は、昨年だったかな?今年開けて直ぐ、だったかな?ずっと、買おうか買うまいか迷っていたパターンを購入してトップスを作りました。

d0289980_12081212.jpeg
パターン : filerさん 4スタイルプルオーバー
生地  : ぽぷりさん (リネン・ウール・コットン フランネルの黒)





このパターン、大変気に入りました。
ドロップショルダーで、お袖ぷっくり、タック形式。
気になる要素満載です。

圧縮ウールみたいな厚みのある生地を必死に探したのですが、思ったものが
見つからなかったので、渋々(と言っては失礼ですが)
こちらのフランネルを購入しました。

手元に来た時は、C&Sさんのフランネルより厚みもないので、
ますます、イメージと違う・・・と、少々ショックだったのですが、服に仕立てたら
とっても素敵でよかったと思っています!

(生地の厚みどうこうよりも、形が綺麗なので、
どんな生地も受け止めてくれるのかも?!)

でもでも。やっぱり、初志貫徹で、厚手の生地とか、
ぽこぽこした生地で作ってみたいなぁ・・・。

そそ。黒はね、前に、kokoさんと遊んだ時に、
「海ブロの黒」を着ていて、素敵だったので、
生地の性質は、もちろん、違いますが、
黒って、使えるし、この冬こそは、
黒で何かトップス作ろう!って思ったの!

kokoさんのおかげで使えるトップスになりました。

ちなみにTシャツやタンクトップなどを中に着た場合、首元から、見えてしまいます。
でも、それは、「チラ見せをしてもいい」と思って♫ね!


d0289980_12234686.jpeg

前後がわかりやすいように、タグをつけて見ました。
(filerさんのタグ、そのまま!)

そそ。このリバティ、大好きすぎて、たくさん買って
まだまだ何メートルかあります!
今回は、見返しに使ってみました。

【作った感想】

全くもって、悩むこともなく簡単なパターンです!
ギャザーよりも、こんな風に、肩と袖口がタック・・・なので、
誰でも綺麗にできるところがお気に入りになりました!
スピードもまつり縫い意外は、めっちゃ早く出来ます。


ただし・・・。見返しも、裾も、「まつりぬい」なの!!
一瞬、ミシンでガガガーってやっちゃおうかな、と思ったけど
雰囲気ぶち壊しになっちゃう!と思って、裾は「陸王」たっぷり録画で溜め込んだ分見ながら
せっせと縫い縫いしました。
なんだー、テレビ見ながらだったら、楽勝じゃん!って思ったら、
見返しのところで、綺麗にカーブのまつりぬいができなくて・・・(涙)
結局、見返し部分のまつり縫いは省略し、縫い代同士をコバステッチかけて、立ち上がらないよう、誤魔化しちゃった。
(2枚目の写真で、わかりますかねー)

ああ、やっぱり、不器用なんだよなぁ。

さて。話題変わって・・・

ふうちゃんと一緒に
友達の家に遊びに行きました。
d0289980_15034274.jpg
気になるパン屋さんのパン♡に、
人参スープ。
そして、彼女から聞いて、気になっていた
「手作り豆乳チーズ」!
このチーズね、アボガドとかリンゴとものすごく相性がいいの!
おいしかったぁ。

d0289980_15101753.jpeg

私も一応、おかず作っていきました。
覚書として写真、自宅で撮りました。
(蓮根の挟み揚げ、レンズ豆のスパイシー煮)

前にもお呼ばれした時に、感動したのですが、
本当にお洒落なの!
広いキッチン、素敵な器
テーブルコーデ、何をとっても、うっとり。

d0289980_15160835.jpg
↑ご機嫌なふうちゃん。

しっかし、ふうちゃんも、友達ワンも、面白かった。
個性がそれぞれ。
ふうちゃんは、甘えん坊なので、私の膝の上から降りず、べったり。。
私、このご馳走をふうちゃんを抱っこしながら食べたのよ(涙)。

さてさて。今日はとても暑いけど、
明日からまた寒いんですってね!

やっと、冬服ボトムスに取り掛かります!












[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-29 12:41 | お裁縫(おとな) | Comments(12)

May Me 伊藤みちよさん「今日の大人服」より「ゆるネックカットソー」

続けて更新、失礼します♫
d0289980_11374168.jpg

先日、母がmaffonさんのHPをガン見して、自分で生地を選びまして・・・。

それが、これです!

パターンは、前回の伊藤みちよさんのパターンの、お袖、スッキリver.です。

70の母には、ぴったりなのではないでしょうか!
(自画自賛デス・・・すみませんっ)

そして、わざとらしく、お花を写してますが、
11月22日(いい夫婦の日)に、夫が買って来てくれました。
写真を撮ろうとしたら、
「もしかして、ブログに載せる?ダメだよ」と言ってたので、
今日、こっそり背景に入れてみました。

毎年、嬉しいです。

下に、ふうちゃん服も載せました。
よかったらみてね。

すっかり、maffonsさんづいてますが、
もう1着、トップス9割出来てます。
(布帛のトップスです。)
まつり縫いが、面倒で
ちょっと放置してました。

来週には取り掛かります!


[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-26 11:43 | お裁縫(おとな) | Comments(6)

ふうちゃん服も maffonさんで♡

maffonさんの生地で、ふうちゃん服も。
d0289980_11003800.jpg
お友達の家に二人(1人と1匹)で招かれているので、慌てて、作りました。
ネイビーに赤のテリアの生地。 
この生地、一目惚れ〜♡

でも、大人の私には、おかしいかしら?と、ひとまず、ふうちゃん服にと50センチ買ったのですが、手元に来たら、ますます、自分服に作りたくなっちゃってます・・・。 
どーしよう!?

d0289980_11083336.jpg
ね。可愛い生地♡ 触り心地も抜群です。


[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-26 11:05 | お裁縫(小物) | Comments(0)

「洋子さんの本棚」 小川洋子,平松洋子

洋子さんの本棚 (集英社文庫)

小川 洋子,平松 洋子/集英社

undefined

ついに読み終わってしまいました。
第二章までは、読書好きの小さな女の子の時代、母からの自立、母から子へ・・・みたいな部分も多くて、お二人の共通点も多く感じましたが、それ以降はやはり、個性が際立ってきており、それはそれで楽しかった。
子供のことを語るときに、佐野洋子さんの言葉を引用して「産んだだけなのよね」という一編の話になります。それで、二人は、そうだ、そうだ、産んだだけ、生まれただけ、って話の流れになるんだけど、「産んだことのない自分」を意識しないではいられなかった。まぁ、それだけ、女性性、みたいなのを意識した部分も多くありました。

そうそう。小川洋子さん、本を執筆する前に、どこの誰とも知らない方のブログを読むのだとか。しかも、同じ人の日常を追ってしまうとおっしゃてた。 
一方、平松洋子さんはお散歩のときに、ご飯の匂いが漂ってくると、、「これ、筑前煮かな」とか、想像しちゃうんですって。これ、私も同じ趣味!夏なんて、部屋の窓を開けっ放しにしているから、部屋の中も見えてしまう・・・そうすると脳内で物語が始まる・・・とあります。ホント、同じ、同じ! ワンの散歩のときに「あ、バターナイフや、お箸を揃えている音かしら?」とか、「おじいちゃんのステテコ姿、丸見え!」とか。

難しくて読書量が圧倒的に足りないし、知らない本もたくさん出てきたけれど、お話を聞けてとても楽しい、そんな対談でした。


[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-25 22:18 | | Comments(0)

May Me スタイル 「今日の大人服」より ボリューム袖のカットソー

机の輪じみが気になりますが・・・(汗)
そこは、お気になさらずに。

d0289980_12530630.jpeg
伊藤みちよさんの本からニットのトップス作りました。

伊藤みちよさんの本、お裁縫を始めたての頃にも
購入したこともあるのですが、
なぜか、数々トレースしても、作るには至らず・・・。

なんだか「ご縁のない関係」でした。

というわけで、今回、新しい本が出版された時も
きっと、作らないに違いない・・・と買うのをやめようかとも思ったのですが、

『ぷっくりお袖系のもの』に、とっても飢えてたので、
購入です!




生地は、ぽぷりさんでロイヤルブルーのニットを購入したのですが、
気が変わって、本と全く同じmaffonnさんのこの柄の布を買うことに。
(芸がない・・・)



で。
いざ裁断し始めて、急に気付いてしまったのだが、

柄物ニット・・・って、
まず自分では買うことのないアイテムだったりして、
なんだか、おばちゃんっぽいんじゃないか?ってこと。


しかし

既に、リッパなおばちゃんなので、
おばちゃんっぽくなっても致し方なし・・・

と覚悟を持って作ることに。

で。作った感想。

まずは、形。

首が詰まった服(タートルネック)が苦手で苦手で、
体質的にムリ・・・なわたしですが、
これは、全然、気にならない襟の高さ&襟の開き具合だった。

詰まり過ぎもせず、当然、開きすぎもせず、
もちろん、ババシャツも見えないし、
首回りもスッキリ。


次に心配していた布のチョイス。

maffonさんは作例にあるだけあって、布の厚みもちょうどよかった。
ギャザーの形も綺麗に出るし、
膨らみすぎることもなく、その点ではもちろん、もちろん
大満足なんだけど、やっぱり柄物がダメだったかも・・・。



父→色がいいじゃない!(ムスメに甘い)
母→ なに、その柄物!!変わったものを選んだのね。
おばさんみたいよ!(予想通りの辛口)


でした・・・(ちーん)。

お母さんにあげようかな、って思うんだけど・・・って言ってみたけど
「要らない、要らない」とか言うし(涙)。

しかし、辛口の母も、maffonさんの布は、触り心地が良く、それ自体は気に入ったみたいで
自分で柄を選ぶわ!と、なんだか、自分服を作ってもらう気、満々で
好きな柄、好きな色を必死で選んでました。


辛口言われた挙句、この年の瀬も迫ったこの時期に
宿題ひとつ増えちゃったのか・・・。
とほほ・・・。

話は変わりますが・・・。


今、小川洋子さんと、平松洋子さんの対談本を読んでいます。

洋子さんの本棚 (集英社文庫)

小川 洋子,平松 洋子/集英社

undefined


まだ途中なんだけど、これ、すっごく面白い!
幼少期に読んだ本、少女時代に読んだ本など、お二人を形作った「本」を通して、
お二人の感じていることなどを語り合う形式。

まだ、わたしは、第1章の「少女時代の本棚」と
第2章の「少女から大人になる」しか読んでいませんが、
洋子さん、素敵!って思うのはもちろん、
W洋子さんを形作った、これらの本、読んでみたい!ってメモってしまったのは
当然でしょう。

まず、幼少期の頃を読むと、先日の
福岡博士の「センスオブワンダーを探して」に通じるものがあるのかな、なんて思ったり。



少女時代になると、こんな話も出てきます。
「自分は、母親の望むような娘じゃない、と母に言いたい気持ちが大いにあった・・・」と。

母親のセリフひとつひとつから、
母親の望む娘像が透けて見えてた、とかね。

母の手作り服を嫌々着ていた・・・とかね。

嗚呼、わたしだ。
わたし、そろそろ甥っ子長男くんに、服を押し付けるのは
そろそろ卒業した方がいいのかも。

それとも、男の子はまだまだ、その辺は
幼さが残ってるのかな?

と思ってみたり

この本からしたら、こんなエピは本の一瞬で通り過ぎる話題で
もっと、もっと色々奥深〜い話が語られてます!

面白すぎて、読み終わりたくないっ!
ちまちま読んでいます・・・♡







[PR]
# by chocotto-san | 2017-11-20 19:11 | お裁縫(おとな) | Comments(14)