人気ブログランキング |
ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

【パタレさん*  ウォレットバッグ 】 中のポーチだけリベンジ!の巻

先日アップしたウォレットバッグ。パタレさんのHPで推奨されていた(?推奨しているわけではないのかも、ですが)リンク貼られてたお店の「レーヨンシャンタン」が、水のしずく跡が残る(水に弱い???)ことが分かり、せめてもの想いで、ポーチ部分、作り直すことにしました。ミナの生地の刺繍部分とファスナー縫い付けが下手だったので、どうせなら、その部分も帆布に変更。

d0289980_17301107.jpg
d0289980_17302959.jpg
d0289980_17304519.jpg
前回は、「裏は見せられない」という蛇行したミシン目でしたが、
今回は、まっすぐ、縫えて、リベンジ完了!!



ポーチ部分:11号帆布
カードポケット部分: コットンライトキャンバス
いずれも「生地の森」さんにて。

小物や帆布使いが初心者すぎて、何番の針を使っていいのか分からず、調べては、色々
試し縫いしてました。

パタレのユーカさんのインスタグラムでみた針(オルガンDB×1ーNY2)は
帆布でも目とびしない、とあったので、
こちらも試しに買ってみました。
私は14番でも縫えてしまったので、正直、何が劇的に違うのか
よく分かりませんでした。
(すみません・・・レポになってません)

あと、糸の番号。これはシャッペスパン60番でやっていて、
途中、ステッチのところだけ30番で縫ってみました。
30番は慣れないので、糸の調子合わせとかよく分からず
延々ダイヤル回し続けて、最終的に、なんだか疲れてしまいました。
これまた正解分からず。

少なくとも、生地の森さんの
帆布とコットンライトキャンバスの組み合わせだと
針を折ることもなく(笑)
縫い合わせることができるようです。

ファスナー抑えは、今、持っているものが
やや、取り付け時にグラグラしているので
何かお勧めのファスナー抑えがあったら
試したいなぁと思っていたら、
同じくユーカさんのインスタでお勧めのファスナー抑えの
ご紹介があったのでポチりました。

今まで、インスタをやっていなくて
当然(?)他の方のインスタグラムも見ることがなかったのですが、
もっと前から、色々みていたら楽しかったかも!と思うくらい
生地選びやら、お道具のことやら、なんやら勉強になりますね!

** おまけ * *

スマホが古いものなので
画像が悪いなぁ〜。













# by chocotto-san | 2019-04-21 20:45 | お裁縫(小物) | Comments(4)

パターンレーベル : ウォレットバッグ

発売と同時にすぐに完売したという噂のウォレットバッグの型紙。
この、どんくさいワタシが、初回でゲット。(たまたま、見たタイミングが早かったのと、迷わずポチった、だけですね・・・笑)

そして、初回にゲットした割に、出来上がったのが、やっとのことでございました(^一^;)
d0289980_16410253.jpg

パターンレーベル さんのウォレットバッグ
ミナペルホネン

d0289980_16414057.jpg

すでにアップされている方は皆さん優秀な方ばかりと見えて
楽勝です!!って書いてらしたけど、
私は中のポーチまでMinaの布にして、この刺繍のぽこぽこ部分と
ファスナーの縫い付けが綺麗に縫えないっ!!のでありまして・・・。
ミシン目が蛇行する、蛇行する・・・。
裏は見せられないという始末です。
(よくよく、縫い終わってからパタレさんの写真をみると
ポーチまでは、ミナペルホネンタンバリンの生地は使ってないのですね。
次回からは、私もポーチは別布で作りたいな)

あとね。
パタレさんのHPに載ってる生地(レーヨンシャンタン)。
これ、結構、クセものかも!?!?

ややオーバーに言えば、パリパリの生地で
一度折り目を間違えたら、ずっと、その折りじわが残りそうだったので、
必死にアイロン台の前で「丁寧」を心がけていたら・・・

同じ台に迂闊にも載せていた
60センチ物差しをアイロンで溶かし・・・(←大バカもの)

シェーと慌てた私は、アイロンにプラスチックがつかないようにと、
まずは、アイロンを濡れたタオルで拭き取って・・・

取り残されていた生地の元へ
駆けつけたところ・・・
d0289980_16502217.jpg
濡れた手の雫の跡が・・・

それ以降、決して、決して、消えないシミになったのでした。

そう。今の私の肌にあるような消えないシミに・・・(くすん・・・)

というわけで、裁断し直したり、
アイロン慎重に続けてみたり、
定規買い直したり、

と、なかなか、面倒なことを自分で巻き起こしておりました・・・。

いつもの私らしいと言えば、私らしい話でした。

で。ここからが肝心なのですが。
こんなポーチを開ける度に
「濡れてはいけない」
と緊張するようでは、おいそれとハンカチも出せないのではないか?!?!

と、思うに至り、現在、絶賛、ポーチだけ、別布で縫い直し計画中(笑)。







# by chocotto-san | 2019-04-18 16:55 | お裁縫(小物) | Comments(5)

犬服、初のオーダー、いただきました。

先日のことです。
犬服を買ってくださる方がいました。

以前から、たまに、お外で会うと「作って!」と言ってくださる方がいたのです。
d0289980_21554694.jpeg
d0289980_21560837.jpeg
d0289980_21562067.jpeg
このmocamochaさんの生地で作った
フード付きと

d0289980_21565505.jpeg
d0289980_21570762.jpeg
同じく、mocamochaさんの生地で作った
こちらをお買い上げいただきました。

たくさん作って、選んでいただきました。

多頭飼いの方で、
Lサイズのコにはぴったりだったのですが
Sサイズのコに、ふうちゃんサイズは合わなくて
(当たり前といえば、当たり前)
「Sで作って」と
再びご依頼があったので、
早めに取り掛かろうと思っています♡


★ 話はかわります★
私もついにインスタを始めました。
楽しい!インスタ!



# by chocotto-san | 2019-04-15 22:00 | お裁縫(小物) | Comments(2)

ヘビロテのモノ

作品がないので、最近(春の季節に)ヘビロテしている作品(?なんかオーバーだね、笑)をご紹介しますね。
なにしろ、お裁縫友達のkokoさんや、fujikoさんと一緒に遊んでいると、「それいいね!」とか「どこのパターン?」って教え合うことも多いので
これを読んでくださっている方も、共有しましょ!!(← ナニ様?笑)という趣旨のレポです。

まず、これ。
パターンレーベルさんのクチュリエラインTシャツ。生地はmaffonさんです。
d0289980_09464399.jpeg
Yoga教室に通ってるのですが、寒〜い冬は、このTシャツばかり
ヘビロテしてました。暖かいし、7分袖が動きやすいし、
なにより、同じクラスの皆に褒められるの!!

ドキドキしながら、作ったの〜っていうと
間違いなく作ったように見えない!って言ってくださいます。

最初は、「洋服を作るの?」っていう、そこの部分で
感動してくださってるだけなのかと思ってたけど、
先日、fujikoさんのyoga教室に参加した時にも
これを着てYogaをしたの。

kokoさんやfujikoさんが
「え?作ったの?!」
「どこのパターン?サイズは?
生地は、もしや、maffonさん!?」って
とっても食いついてくれて(笑、笑、笑)

とっても嬉しかったな。

当時、作った時の記事は
こちらです 

リンク先へ飛んで、読んでいただければ分かるのですが、
生地を変えて、何枚も作ってるんです。

左横に写っているネイビーのボーダーが、割とヘビロテですが、
それ以外は、洗濯の度に、少し小さくなっていったものと
首回りが伸び伸びになったもの(両極端だなぁ)があって
使用頻度ほぼゼロです。

パターンを生かすのも殺すのも
ぴったりの生地を選ぶことなんだなぁと思う例ですよね。

次に(というか同等に)ヘビロテなのが
こちらです。
d0289980_09581974.jpeg
これも、ニット作品だなぁ。
パターンレーベルさんのパーカーです!!
(生地 slowboat /マニアックヤーンスビン)

こちらは生地が気持ちよくて、ヘビロテしてるんだと思う!!

長さはね・・・もう少し短いバージョンがあればなぁって
思うことも多いんだー。

いつかクルール さんの丈の短いパーカー作りたい!

カジュアル路線が多いから、使用頻度が高い、っていうのもあるのよね。
あと、アウターで手作り作品って、私の場合、
これだけだから、っていうのも理由の一つ・・・(汗)

今後は、思い切って、アウターにも挑戦したい!!

最後に。

d0289980_10061270.jpeg
filerさんのキャミオールインワン
です。
これも、褒められる!!

お友達だけでなくて
nest robeの店員さんにも
お世辞かもしれないけど(絶対、そうだ)
「うちとfogさんでコラボで出したキャミですか?
速攻売れちゃって、わたし、よく、知らないんです」って
見せて〜、って近づいてきてくださいました。

嬉しい!!


そんなわけで、ヘビロテ中です。














# by chocotto-san | 2019-04-11 10:08 | ひとりごと | Comments(5)

「ナイフ」重松清

ナイフ (新潮文庫)

重松 清/新潮社

undefined



いじめがテーマの短編がいくつか集まったものでした。
読んでいて、辛くなりました。

この幾つかの物語は、今まで、違うところから、違うものを見ていた親が、子供の目線に寄り添おうとする、子供の新しい一面を知る。
そんな「相手を思い、歩み寄ろうとする」ところに、せめてもの救いがあるのかな、と思ったりしました。

気分を一新して、また新しい本を調達してきました。(ブックオフだけど。)




# by chocotto-san | 2019-04-08 07:35 | | Comments(0)