ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

佐藤かなさんの本から「Bー3 肩リボン結びチュニック」



帰省の時期ですね!
昨日、親友が弘前から、こちらに、帰省してきました。ご主人の実家と、ご自分の実家にそれぞれ数泊づつするそうです。

「帰省」憧れますー!
娘ちゃんと共に親に会う前の友達の顔。なんだか幸せそうだった♡



私も、子供の頃は岐阜県に住んでいて、8月は東京に住んでいる祖父母の家と、西宮市に住む祖母の家、両方に行くのが毎年の恒例行事でした。
普段は田んぼばかりの田舎から、都会に出向くのですから、もう、楽しくないはずがありません!
東京のおばあちゃんは、この日にこそ・・・と、東京でしかやっていない演劇やらミュージカルの観劇に必ず1つは連れて行ってくれましたし、東京の名所、デパートは言わずもがな、です。西宮のおばあちゃんも、ご近所商店街の皆さんに「長女の娘なの」と自慢げに(?)練り歩いてくれましたっけ(笑)。


絵日記は題材に困らないほど行事にあふれていました。

道中も楽しい思い出です。


もう、「帰省」は、楽しいものと刷り込まれてしまうのも無理はありません(笑)。


そして、私は、というと、従姉妹達に会える貴重な数日間です。

親戚全員で旅行に行ったり、別荘に出向いたり、我々親族、仲のいい方だったと思います。

しかし、結婚してからは疎遠になっていました。
電車で数駅しか離れていない一番近い従姉妹にすら、ここ10年ほど会っていません。

その一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに洋服を作ってプレゼントしたら?と母から提案がありました。

前置きが長くなりました。


今回はその、一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに、プレゼント服です。

d0289980_10455201.jpeg


デザインは、従姉妹に電話で相談しました。
「普通のワンピースにする?ノースリーブのワンピースにする?それとも、肩におリボンがあるチュニック丈にする?どれがいい?水泳の授業で、肩ひもの服を着ていけないから、それだけは、パスかな?」って。

そしたら、「肩におリボン・・・って着せたことがないから、それがいいな。」とのことだったので、こちらにしましたヨ。



d0289980_10465230.jpeg

本の見本では、見返し部分も共布にしていたのですが、セコセコで、別布にしたのですが、完成して、見本が共布にしていた理由がわかった!!!
おリボンを結ぶと、ひっくり返って、別布が見えちゃうのね!! これは、これで、可愛い、ってことにしちゃおう(笑)

ところで、そもそもが不器用なわたし。
おリボンが縦結びになっちゃうんですけど?と思ったら・・・

d0289980_10462789.jpeg
モデルの女の子も、肩にかけて、縦になってるから、これでいいらしい・・・、とホッとしました(笑)。



パターン: 「スタイリスト佐藤かなが作る 女の子に着せたい毎日の服」の「Bー3」タイプ。
生地は、リバティです。(それは、もう、勝手に決めてました)別布部分はC&Sさんのコットンリネンレジェール(だったような・・・)。
私の在庫布から選びました。
(わたし、これで、自分服、作る気だったんですよね、笑。いったい、こんな愛らしい生地で、何を作ろうと思っていたのだろうか・・・爆笑。
スカートだったような気もしますが、少女服にして正解でしたね。)


で。ハサミを入れて始めて気がついたのですが、どーも、これ、タナローンではないです。
もっと、ザラザラした感触です。
リネンが入ってるのかな????(「素人な目」もので、分からない)

ぺらぺらしていないので、秋までも着られるチュニックであることは間違いないです。

一度も会ったことのない従姉妹の娘ちゃん、喜んでくれますように。

ちなみに、おリボンをほどいたところ。

d0289980_10554776.jpg

この見返しを1センチで折り込んで表から縫う・・・っていうのって緊張しませんか?糸が落ちてしまうんじゃないか?って。今回は、奇跡の1回目で糸落ちーず★

d0289980_10561588.jpeg

難しいところはそのくらいです!
(きゃー、ギャザーは下手です、見ないでー)








先週末、ボリショイサーカースに夫婦で行って来ました。
チケットが当たったからです。
横浜だったので帰りに、中華街へ

d0289980_20195704.jpg
ヴィーガンの人が立ち寄れる店、好記苑へ。
ここは、普通のお肉料理もメニューにあるので、友達にも迷惑かけなくて済みそうです(笑)
聞けば、やはり、外国人観光客に重宝されているそうです。
味も美味しかったです。

また、いつか、お友達と一緒に、横浜ぶらぶらしたいなー。



[PR]
by chocotto-san | 2017-08-09 11:04 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)
Commented by uteomma at 2017-08-10 09:41
私も子どもの頃は大阪の従姉妹と叔母が2週間くらい実家である我が家に帰省してきてて、毎日近くの海に出かけたもんだわー。ま、でも結婚して嫁の立場になると、うちの母親にとってみると小姑が2週間もいたのか~とか大人の事情が理解できて複雑な気持ちになった(笑)でも、子どもにとってはそういう思い出って大事だよね~。うちの子らは従兄弟がいないのでなおさらです。

小さいとき、こんなワンピ着たかったよね~。もらったらすごくうれしいと思う!
この柄、ほんと可愛い!オリーブ少女のchocottoさんにもお似合いだよ、絶対。
相変わらずギャザーのが美しいな。どうしてこんなに均等に入れられるの?わかる!針落ち回避、私もたま~に成功することある!パンツのときは落ちるのが絶対嫌なので、この工程だけ真剣になるわ~。
よい夏休みを!
Commented by chocotto-san at 2017-08-10 11:29
★ uteさん
コメントありがとー!!さっき、uteさんのMパターンさんのところで、たくさん、たくさん、コメント書きたかったのに、(って、十分長く書きすぎてるんだけど)まだまだ書き足りなかったので、ここでもお話しできて嬉しいです!(^一^)
ここ最近、幼児服&小物ばかり作ってっるじゃない?
で、自分服にたどり着けないことがストレスかと思ってたら、そうではなくて、Mパターンさんみたいな「萌え〜」なポイントとか「山場」が無いことが不服なんだと、さっき、uteさんのお洋服を見て気づいたわ!!

萌えポイントがないので、せいぜい、この「糸落ちしなかった」ってことが、わたしの今回の一大イベントみたいになって、しかも、だらだらと昔話に思いを寄せて、暑苦しいブログになってしまいましたことを、お詫びします(笑)。

息子ちゃんたち、従兄弟さんいなかったのかー。ってことは、弟さんご夫婦にお子様がいらっしゃらないのね。ってことは、弟さんにとっては、大事な大事な、甥っ子達だし、長男くんがご自分に似ている・・となると、さぞかし、可愛いんだろうなぁ。
(すっごい昔のコメント欄で頂いた情報をここで持ち出す)
ホント、帰省って、迎える側は、ものすごいメンドーだよね(!!)母が、実家に帰った時に、家事放棄して、だらけまくって、実の妹(おばあちゃんと一緒に住んでる)に、イッー、ってなられてたのを思い出します(笑)。
Commented by k_tanpuh2525 at 2017-08-10 13:45
chocottoさんこんにちは。
従姉妹の子供さんのお洋服まで作られるなんて!!ほんとにやさしいchocottoさんですね。
そしてこんなに可愛いワンピースをプレゼントなんて喜ばれること間違いなしです。
すごく可愛いですね。生地とパターンがピッタリで私も子供のころこういうワンピース
憧れてました。いいですよね~。♪

ギャザーってほんとにどうやったら均等にうまくできるんでしょうか・・・。
もう何十回してもいっこうに上手くなりません。
なのでいつもこんなもんかな~てな具合です。(笑)
あと、見返しを糸が落ちないように縫うのも苦手です。
こんなにきれいに縫えたことありませんよ~。
いつも自分服だし裏側は見えないわ。なんて自分を甘やかせてます。
こちらもどうやったらうまくできるんでしょうか・・・。
まずは丁寧な仕事をすることが一番なのでしょうが。(汗)
いまだにこんなことを言ってるようではだめですね。

このワンピースに麦わら帽子、サンダルと勝手に妄想してます。
子供服のカタログに載ってそうでほんとに素敵です。
Commented by chocotto-san at 2017-08-10 15:22
★ けいたんさん
こんにちは〜。コメントありがとうございます!全然、優しくないですー。1年前にも母に言われて、軽くスルーしていたのですが、今年も思い出したように、また言ってきたので、作ったまでなの(あははー)。リバティって結構、高いし、リバティの価値が分からないであろう従姉妹なので、ちょっと、考えちゃったんだけど(←ね。出し惜しみした)、従姉妹のお母さん(わたしの伯母)は、ヨーロッパ暮らしの、目が肥えている人なので、やっぱり、リバティにしたのでした(^一^;)
でも、リバティを知らない人でも、花柄でマドラスチェックだったら、鉄板の可愛さだよね!大丈夫だと信じたいです!!
けいたんさんに、ぴったりのパターンと言っていただけて、ほっとしました♡

ギャザー、わたしも下手ですー。綺麗に縫っている方のブログやインスタを見ると、「もう2度と、自分のは載せられない」って思うんだけど、成長過程を載せるのも意味がある、ってことにして、思い切って載せちゃいました!
それにしても、そのうち上達するのかなぁ?先生のギャザーとか見ちゃうと、ホント、うっとりだったよ!!
けいたんさん、丁寧に縫われている印象があります!!絶対、謙遜しているよね!!


Commented by こね太郎 at 2017-08-11 09:00 x
うわぁ~とってもかわいいワンピ♪
見せていただけてうれしいです~♪
このワンピ私も本でチェックした時にとってもかわいい~なんて思いました。
きっと喜ばれると思いますよ!
そして縫製も大成功とはすごいですね。
私いつもちょっと落としちゃっても「ま、裏だからいいか~」なんて目をつぶってます(笑)
回数を重ねていろいろ縫っている経験が活きてきているんですね、きっと。

私も幼いころは両親の実家に帰省するのが夏の定番だったので、夏の思い出と言えばそればかりですね。
従姉妹とはみんなと年が離れていて、遊ぶというよりも遊んでもらう、というくらいでしたが、それでも楽しみでした。
息子くんたちは年数回と言わず、いつでも年齢の近い従兄弟に会えて遊ぶことができる距離に住んでいるので、うらやましいくらいの環境だな~と思いますね。
その代わり、夏のイベントを自力で考えなければ・・・というのが苦しいところです(;^_^A

Commented by chocotto-san at 2017-08-11 20:54
★ こね太郎さん
わー、こね太郎さんも、このパターン、気になっていたんですね!自分が気になっているパターンを誰かが作ってくれると、どんな生地で作ったんだろう?とか、リバティだとこうなるんだー、って分かって嬉しいですよね!いつか、こね太郎さんが姪っ子ちゃんに作ることがあったら、是非とも、参考にしていただければ嬉しいです!
喜んでいただけるかな?あら?意外なお言葉!こね太郎さんは、裏にも気を抜かないタイプだと思っていました!!意外です!

うふふ〜。こね太郎さん、お姉さまもいらっしゃるし、親戚の中でも、末っ子の位置だったのかな?そりゃあ、可愛がられたでしょう〜。そんな感じがする〜。
そうだよねー。里帰りする場所があまりに近くだと、(両家とも、お近くなんですよね?)自分たちで、イベントを考えるんですよねー。こね太郎さん、イベント作り、お上手そうです!!すでに花火大会にも海にも行かれてるし!!また、お出かけ情報なども楽しみにしています!
Commented by kuroyagie at 2017-08-11 21:02
肩におリボン、カワイー❤ おリボンほどくと、うさこみたいでこれまたカワイー❤❤(はいはい) 裏は見返し仕様だなんて、きちんとした造りなんですね。コットンリネンレジュールなら、全然セコセコじゃないよー。むしろ裏まで美意識が行き届いてる感じ。ギャザーもきれいに寄ってるし、見返しを表から縫って1針も落ちてないし、完成度高い! 従妹さんの娘ちゃん、きっと喜ぶと思うなあ。

うちは両親とも県内出身だったので、特に帰省というのはなかった記憶が。でも従妹の家に泊まりに行ったり泊まりに来たり、夏はやっぱりたくさんの思い出がありますね。
Commented by chocotto-san at 2017-08-11 22:29
★ 黒やぎさん
わー、おこんばんはー。黒やぎさんだー。(こう書こうとしたら、黒や義サンダー、と変換されました。沖縄のお菓子か?はたまたサンダーバードのお仲間か?)
ほんと、ほんと、うさこみたいですよねー。わたしも、うさこの耳の帽子を想像して、ニンマリしましたよー。
コットンリネンレジェール、もう、なんだか、切れ切れになっているので、大物は作れないのですよー。こんなん価値なしですわー。

黒やぎさん、そっかー。ご家族皆さん、名古屋の方なんですねー。(←薄ぼんやりした、あやふや情報。)名古屋弁、好きですー。おばあちゃんが名古屋出身なので、テレビで名古屋弁聞くと、おばあちゃんや、おばあちゃんの兄妹を思い出して、うるっとしますー。
今日のニュースも、帰省ラッシュの話が出てましたね。あれに揉まれて大きくなりましたー(笑)。
Commented by fujiko at 2017-08-13 17:32 x
chocottoさん、こんにちは。
帰省の想い出、大人になって強烈に懐かしく
想い出しますよね!
私は宮崎のおじいちゃんちに行って、朝の鶏小屋の
卵チェック(何個産んでるか卵をチェック)が大好きでした。
鍵がしまってしまって、鶏小屋にとじ込まれたことも
あったな〜(^ー^;)。

女の子のワンピース! 肩がリボンで可愛いですね♡
子供って暑がりさんだから上にカーデとか着ずに
そのまま1枚、肩のリボンがポイントになって
すごく可愛く目立ちますねー(^ー^)。
リバティの生地もすごく可愛くて素敵♪
Commented by chocotto-san at 2017-08-14 09:07
★ fujikoさん
わー、こんにちは〜。素敵ー!!宮崎におじいちゃまの家があったんですねー。宮崎、行ってみたーい!!いいなぁ。南国。鹿児島に旅行に行った時に、地元の人が、昔は、皆、庭で鶏飼ってたものですよー、と言ってましたー。お庭で卵をとるなんて、物語の一コマみたいだな。そういう経験したことないから、憧れるやら、鳥が怖いやら・・・(笑)。にしても、閉じ込められる・・・って(笑)。なんか、「物語の一コマ」から、「漫画の一コマ」に変わった(笑)。

肩におリボンなんて、なかなか可愛いですよね!本のモデルさんは、Tシャツとパンツの上にこれ、着てたのー。早く渡したいです!!(でも、お互い、お盆休みで、バタバタ中で、会えてないのだ。)fujikoさんもお盆休みですか?
また、お会いしたいな!
Commented by ゆき at 2017-08-15 13:58 x
chocottoさんの夏の思い出話しに、うんうんって同じ思いで読みましたー♪ 私は、海の近くに住んでいた祖母の家に従兄弟たちがみんな集まって過ごす夏が多かったです。当時は都会の子でしたが、毎年真っ黒になっていました(笑)。そして、確かにあんなに毎日夏を過ごした従姉妹たちともあう機会がめっきる少なくなって来てる〜。

そんな事より、すーっごく可愛いワンピース♡ 派手派手どころかメチャメチャ可愛いです♡ 肩のリボンは女の子心くすぐります♪ きっと気に入って着てくれていますね♪ 裏地を共布にしなかった方が私は好きです♡ やっぱりリバティワンピースはかわいいな♪
Commented by chocotto-san at 2017-08-15 21:22
★ ゆきさん
こんばんはー!ありがとう!同じ想い、ってなんか嬉しー。従姉妹たち、集まりましたよねー。夏の思い出といえば、「おばあちゃまの家with従姉妹達」です!!うふふ〜。真っ黒に日焼けするほど、夏を堪能かぁ。そういえば、そうだったなぁ。黒くなる、って全然、嫌じゃなかったし、なんなら、競ってたくらいだった(笑)。たくさん、プールや海に行った証拠だー、みたいな(笑)。

で。そーなんですよ、この間、言ってたのは、これなんです。ゆきさんのあの清楚なワンピースを見てしまったら、次回からは「ブルーかグレーか、はたまたニュアンス色だな」なんて思ってしまいましたよ!!
でも、まぁ、夏ですし、出来上がりを見たら、「これはこれで可愛い!」って割と単純に自画自賛してます。(←いつものこと)
だけど、大人たちが、昔、ブルーのワンピースとか、グレーのボレロとか着せたがるわけが分かりましたよねぇ・・・(笑)。もう、子供は、そこにいるだけで可愛いから、派手なのって、too much だったりする場合もあるしねー。

お盆休みに突入し、まだ渡せてないのー!!(あちらの予定とこちらの予定がうまく調整できず・・・)来週、お渡しするので、その時が楽しみです!
<< 大人のワイドパンツ(C&Sさん... Rick Rack 「七分丈パンツ」 >>