ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

カテゴリ:お裁縫(コドモ服)( 57 )

Rick Rack / モンキーパンツ・・・⑦⑧

甥っ子服です。 三男坊くんに。サイズ80。
d0289980_04491120.jpeg
「もう、新しい生地を買うお金がな〜い(涙)」と思って、家にある生地と生地で組み合わせて出来るもの・・・と考えたらこれになりました。このジーンズ生地。コットンのほか、数パーセントアクリルが入ってました。伸縮性があります。
(大昔、Rick Rackさんのセールで、買ったもの。まだ、お裁縫を初めて2ヶ月とか、そういうときで、何を買っていいか、分からず、その場の雰囲気に圧倒されていたら、お世話になっていた先生が、「これ、とてもいい生地だから、買ったほうがいいよ!」と手に握らせてくださったものです、笑)
2枚パンツ作って、綺麗に使いきれました。すっきり。
d0289980_04540657.jpeg
数年前に行った台湾で買ったワッペン。アイロンで貼るタイプですが、周りをチクチク糸で縫いつけてます。


こういうワッペンも、甥っ子たち大きくなると、貼る場所無くなっちゃうし、どんどん、使っていかなきゃ!と思った矢先・・・。

なんと!義理の妹ちゃんのお腹の中には4人目がいることが、昨日、発覚!!
しかも、来月には、産まれてる〜!! (当然、実家の両親は知ってたのですが。)

今までと違って、男女、どちらが産まれるのか、聞かない方針だそうです。
女の子だったら、お洋服作りも、また違って楽しいんだろうなぁ。
男3人の後の女のコ、って「待望の!」って感じで溺愛されるんだろうなぁ・・・などと、要らぬ妄想までしたり、
でも、ここまできたら、男4人、っていうのも、なんかこう、逞しく皆、育ちそうでいいかも! と思ったり、
一人くらい、東京の叔母さん(←あたし)のところに下宿しに来たりして、と、数年後の妄想をしてみたり・・・と、勝手にワクワク・・・。

とか書いてますが、何より、驚きが優って、眠り浅い今朝。

早々に起きて、ブログ書いてしまいました・・・。




[PR]
by chocotto-san | 2018-04-07 05:15 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

mish*mash ラグランカットソー(110)(130)・・・②

羽生選手、すごいですね!ショート、釘付けになってみてしまいました。
カリスマ性すごぉい。(明日も楽しみ♡)
最後、テレビの前で思わず、拍手したら、わんこが驚いて、顔を覗きにきましたよ!

d0289980_15143462.jpg



今回は、またまた甥っ子に。
(ボーダーの位置、考えて作ればよかった・・・汗)

生地:全てsmileさん。身頃は、前に、お友達ワンコ用の服の余り布です!

先ほど、このあと、洋裁とは関係ないエピを書いたのですが(でも甥っ子ちゃんほっこり話だったので聞いて欲しかったのですが!笑)
よくよく考えたら、皆様には、うっとおしいかな?と思って削除しました。
アレ?さっきの変な叔母バカトークが無いっ!って思われた方、そういうわけです!!

簡単に書けば、もう、猫の柄など、幼いのは嫌だとついに小学1年生言い始めました。成長過程ですね!

[PR]
by chocotto-san | 2018-02-16 15:33 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

mish*mash ラグランカットソー


布の在庫スペースから、
甥っ子用の冬用の嵩張る布が無くなったばかりなのに、
またまた、新たに、買ってしまいました。


ネコニャン柄が可愛くって。
d0289980_17583057.jpeg
こちら、3歳の次男君に。
3兄弟で一番小さく生まれて、成長も、ゆっくりペースみたいだけれど、
110サイズになりました。
大きくなってきたね!


 生地: Basic plusさん(ねこにゃん)
     付属生地は全てsmileさん
スタンドカラーの内布は、メルトンフリース
    

d0289980_18041023.jpg
こちらは、長男君用。
長男君は平均身長、平均体重で、すくすく育っていて、やはり、同じくサイズが上がって130になりました。
この間会ったら、ものすごく足が長くなっていたので、びっくり!(← 今だけ、だと思うけど)

彼は容姿を褒められるのが大嫌いで、
「可愛い」も、同じく
嫌いな言葉みたいです。

ネコ柄着て、可愛い、って
言われちゃった日には、
もう着ないって言い出しちゃうかも・・・(汗)




次男君の組み合わせの色の方が正解だったかな?(ごめんね。長男君)


最近、気になっているものがあります。
d0289980_18175815.jpg
高麗屋の松本金太郎君改め、市川染五郎君です。

ぴったんこカンカンに始まり、阿川佐和子さんの朝の番組「サワコの朝」でも拝見し、さらに、静岡朝日テレビさんによる「高麗屋三代襲名スペシャル八代目染五郎密着3650日」の録画を実家で先週見てしまってから、どーも、気になる度がさらにアップ。


綺麗な容姿はともかくとして、犬丸座を結成したり、月に一度、新聞発行したり、仏像がお好きだったり、やることが、さすが芸術一家、な感じ。その上、赤ちゃんの頃からの手放せないぬいぐるみがあったり、なんかこう、母性本能をくすぐられるというか、がさつな我が弟、我が夫とは大違いです!

「気になるの」レベルだったのが、ちょっと「魅了されちまった」レベルになってしまったと思ったのは、「3650日密着」を見た実家の帰り、そのまま、まっすぐ、本屋によって、「週刊朝日」を買って帰ってしまったこと。

と、藤間園子さん(染五郎君のお母様)のインスタをお気に入り登録して、毎朝の更新を楽しみにするようになったこと。

d0289980_17565973.jpeg

そして、フットワーク重いわたしが、録画テレビ番組を見た翌日、夫を銀座に誘い、しばし別行動し、私は「高麗屋のコリャイイや」を見て、歌舞伎座ギャラリーで、染五郎君を特集していた雑誌(昨年末のものなのですが)を購入してみたよ。
最近、雑誌を買わない私にしては、珍事と言っていいです。

来月あたり、歌舞伎座デビューしてみたい。
正確には、大学生の頃、祖母に2、3回連れて行かれてるし、学校の授業で、歌舞伎の演出家が演出をつけている練習風景など、観たことはあるんだけどね・・・。もはや四半世紀前のことなので・・・(笑)




[PR]
by chocotto-san | 2018-01-23 18:42 | お裁縫(コドモ服) | Comments(10)

Rick Rack ★ ベビーTシャツ(サイズ80)・・・⑥

明けましておめでとうございます。

先ほど、uteさんのブログで「発信欲」という言葉を見つけました。
なるほど。なんだかんだで、書きたい人、話したい人、言いたい人、です、わたし、も。
今年も、欲望のままに、書き書きしますので、よろしくお願いしまっす!

まずは、お正月ネタから。
今年も甥っ子ちゃん家族、実家にやってきました。

ああ、なんて可愛いんだ。男の子って。
お兄ちゃんは、午前中に引いたおみくじの結果が弟より悪くて、やや、気にしている。
そして、弟君は、おみくじネタをお兄ちゃんが気にしていることを全く理解してない(笑)
ま、年齢的なこともあり、おみくじの意味が分かってないだけなんですが。

長男君に「chocotto*ちゃんは、自分が運がいいなぁと思った時ある?」と聞かれたので、長男君と同じ小学1年生の時のエピを話してあげたら、「それは運がいいなぁ」って感心してた。

もっと気の利いたことを言ってあげたかったけど、私の他愛もない運のよかったエピソードを聞いてきてくれるなんて、なんだかとっても感慨深い・・・。 私も小学生の時、今は亡き叔母に「クラスで一番モテる子と結婚できるのはたった一人だよ、他の女の子は、どうやって諦めるの?」と聞いたことがあった・・・(笑)。母親ではなくて、叔母に聞いたことをはっきりと覚えている(笑)。
(その答えは「他のこのいいところに気がつくようになるから、諦めるとかそういうことではなく、自然に、皆の意見がバラける」とかそういうものだったと記憶している・・汗)


次男君は、神経衰弱(カードゲーム)がすっかり得意で(お兄ちゃんより、たくさん取れたから)なんども、やりたがり、長男君は、自分が負けたので「運がいいだけで、勝った奴」と弟のことを評し、まだ、おみくじを引きずっていたことが判明(苦笑)。

まぁ、次男君は、持って生まれた天性のものか、何をやるにもひょうきんな顔とかポーズとかで、私は、帰ってからも、あの表情を思い出しては、「ぷふふ」と笑ってしまう始末だった。
これぞ、「根明」と言うのだと思わずにはいられない人の典型的なタイプ。
そして、なにげに「ザ・男のこ」なので、縄跳びの縄を木に縛りつけるように私に依頼し、その縄を徐々に高くすることを要求。
どこまで飛べるか一人でチャレンジして、見えない敵と戦ってるみたいだった(笑)。

そんなこんなで、甥っ子たちが思った以上に昨年よりも成長していて、お年玉無し・・・なんてもう、通用しないことが判明したので(今までは、あげたことがなかったのだ・実を言うと)今年から、上2人にはあげることとし、末っ子(1歳1ヶ月)ちゃんには、お年玉無しに、申し訳ないがさせていただき、お年玉の代わりに「洋服」とさせてもらった。(それでもいいと言ってくれた妹に感謝)
d0289980_17423768.jpg

それがこれ。

本日、やっつけ仕事で、朝の10時半くらいから始めて14時半くらいに完了。 
慌てて、ゆうパックで送り、やっと自分の任務終了。
これにて、私のお正月気分も抜けましたとさ。

あ、これ、maffonさんの生地です。
始めてmaffonさんを知った時に買った生地で、ずっと温めていたもの。

自分服(途中まで年末に作りかけている)が完成したら、引き続き、この生地で甥っ子次男君にも何か作ってあげようと思っています。
何しろ、義理の妹ちゃん、気を利かせて、いつも私が作ったものを着せて遊びに来てくれるのですが、今回は、ブルゾン以外は、どれも、ツンツルテンに小さくなっていたから!! そろそろ、新しいのを作ってあげたい!って思ってしまうのは、義理の妹ちゃんの優しい心遣いを見てしまった時だったり、甥っ子ちゃん達が、あまりに可愛くて、ホントに懐いてくれて、ずっと名前を呼び続けてくれて、いつまでこんな風に呼んでくれるんだろうって思っちゃうとね・・・。 やれることはやってあげたいなぁ。
幸い、妹も喜んでくれてるしね。

d0289980_17501107.jpeg
さて。明日から、本格的に、自分服に取り掛かります。
今年も、甥っ子服やら、何やらで、休憩を挟みつつ、少しづつ自分服も増やしていきたいです。
「語り」が多くて、うざっ、かもしれませんが、(←自分が、時々、読み返すと、そう思う・・・)
何卒よろしくお願いします。



[PR]
by chocotto-san | 2018-01-04 21:51 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

MUNI さん ♦︎ any ブルゾン ① ② ③

ぐっと秋らしくなってきました。

今回は、「あー、早く、ミシン踏みたい!」「プーリー作業じゃなくって、ミシン踏みたいっ!」との思いが強かったために、血気盛んにもブルゾン3兄弟に取り掛かることにしました。

少し前の私なら、「そんなアウター3着なんて、ムリムリ」と尻込みしたであろうが、snappy lifeさんのリュックを作った後は、、少々のことなら、やり遂げられるような妙な自信に取り憑かれて(?)挑戦です。(← 強気、笑)

現に、ボタンをつける最後の工程までは、すすいのスイ、です。(←表現が昭和)

気持ちが漲っていると、こうも早く手が動くのかと、感動すら覚えました。(←単純)

が★ ボタンをつけるところ(長男くん用と三男坊用)と、次男くんのファスナー付けのところで、またしても、色々やらかして、今回も、いい勉強をさせてもらいました。(ああ、一度でいいから、「楽勝でした!」と言ってみたいものです。)


まずは、こちらを見てくださいませ。(あ、すみません、もったいぶった前振りで)
長男くん
d0289980_18475143.jpeg


パターン* MUNIさん any ブルゾン(120)

生地* 全てsmileさん
身頃はキルトニット(はい、昨年、母にトレーナー作った残りです)
リブも、お袖もsmileさん


次男くん
d0289980_18505735.jpeg
同じくMUNIさんパターン(100)
ちなみに、初めてのMUNIさんパターン。
お値段、手頃でいいですね!

同じく、身頃はキルトニット。
お袖はメルトンフリース(グレージュ)です。

最初に、「このキルトニットを使い切ってしまおう、身頃は兄弟分で使い切るとして
お袖はどうしよう?」と考えたとき、
真っ先に、「グレージュがいい!」とピンときました。

しかし、これ、the chocotto*テイスト、って感じで
義理の妹ちゃんの好みじゃないかもな?と思い、
長男くんは、義理の妹ちゃんが好きそうな
(あくまでも、予想)テイストにして見ました。

三男くん
(あと数日で1歳!)

d0289980_18574445.jpeg

サイズ80。なんだかお人形さんの服を作っているみたいだった。
こちらも、身頃はキルトニット。
お袖はメルトンフリースの白。
まだまだ、おとなしくしているかな?と思いお袖は白にしちゃったけど、汚すかなぁ(笑)。
まぁ、いいよね!大いに汚したまえ!!

でね。今回の失敗の話に戻ります・・・。
長くなります。

この手のボタンホールを必要としない、パッチン式のボタンって、
ドットボタン(又の名をロットボタン)と、バネホックがあるって知ってました?
あたしゃ、何も知らなかったのですが、
これら、見た目がそっくりなの!

最初、オカダヤさんにお出かけして、
ドットボタン(ロットボタン)を前に、いざ、買おう!という段階で
店員さんが横切られたので、
「このブルゾンに(←持ち歩いた!)これでも大丈夫ですよね?」と
確認したら
「あら・・、大変!こっちのドットボタンを使うと、生地が傷むかもしれません。
これは、もっともっと厚みのある生地、例えば革製品の時に
使われるものです!!」と親切に教えてくださり、
「キルトニットだったら、まぁ、こちらのバネホックでいいんじゃないでしょうか」と、
壁の反対側のバネホックをご紹介していただきました。

とても似ているし、紛らわしいですね!なんて話して
「そーなんです、間違えないように、私が、見ていてあげますよー」という
ありがたーいお言葉の元、
`正しくバネホックの方のボタン’と、〝バネホックの方の打ち具〟を店員さんにカゴに入れてもらいレジに行ったのですが・・・。

オーマイガーです。
家に帰ったら、
お約束通り、間違えたものを買っていたのだった(涙)。


決して、オカダヤの店員さんを責めるつもりはございません。

ただ、ただ、買った打ち具と、ボタンの形が合わず
「どーして???」「あの店員さんが間違えるわけないから、私の、ボタンの凹凸の組み合わせがおかしいのか?」
「そんなに図形できなかったっけ?」
と疑問符でいっぱいだったのですが、

単に間違えたボタンを買っていたのだと
分かってスッキリし、
凹凸が分からないほどのお馬鹿ではなかったらしい・・・という
その1点にホッとさへしたくらいです。

ただ、残念なのは、
ここに到達するまでに
「うーむ、うーむ」と
考えた時間がもったいなかったかも。

(* ちなみに、ドットボタンは打ち具は又、別になります。)



一方、次男くん用は
全く同じものを作るのは、
私の性格上、飽きてしまうだろうと、
前開きは、ファスナータイプをチョイス。
d0289980_19155426.jpeg
オープンファスナーって、
初めてかも?とドキドキです。
で。
ご覧になってお分かりかと思うのですが、
これまた、何も分かっちゃいない私が
ごっついファスナーを購入して帰ってきてしまったのです。

お店でも、「何やら、持ち手がデカいなぁ。しかも、かなりゴッツゴツ」と思わなくもなかったのですが
見渡せど、見渡せど、これ以外に妥当なものが見つからず
なぜか目に入るのは1本1500円もする高額ファスナーばかり。

えー、どえらい出費だよー(涙)
手作り服、ってそんなに高価になるもの?!?!と
かなり狼狽えて、
後は、もう、サイズのことが
頭から離れてしまい、必死に
その中で一番お安いもの(でも600円もしたのっ)を
見つけ出し購入。

取り付けてみるも、やっぱり
なんだか、バランスがおかしい。

後日、バネホック問題で、オカダヤさんに行った際に
冷静に店内を見てみたら、
もっともっと、子供服サイズにぴったりの
しかも、おやすーーいファスナーが
普通に、当たり前に並んでいたのだった。


d0289980_19242951.jpeg
家に帰ってから調べれば調べるほど、
この右と左の身頃の間は1センチくらいが理想と買いてあるものもあったりするなかで
堂々の2センチ超え。
(写真でアップで撮った部分)

どうしてこうなったかというと、ファスナーには3センチ幅のものと、2.5センチ幅のものなど、いろんな幅があるのも知らず、
レシピ通り、前中心にファスナーを揃えて置き、端から0.5センチのところで縫った為。
もし、自分の買ったものが、3センチ幅の大きめだという認識がちゃんとあったのなら、
前端から、0.5センチ、ファスナーを飛び出させた態で縫うのだった。。。

そんなことは知らないので、こんなブザマな形となってしまった。

今回、わかったこと。

ファスナーの幅はいろいろある。
ファスナーのエレメントは①金属 ②プラスチック ③コイルがある
ファスナーのエレメントの大きさはNo.3〜No.8まであり、
数字が大きくなるほど1つの歯が大きくなる

ファスナー幅を考慮して、レシピを読んでおくこと。

と知った次第であります。


なにはともあれ、

ファスナー縫い直そうと、新たに
小さめのエレメントのファスナーを購入したのですが、
家に帰って、妹に聞いたら、


「息子たち、アウターの前は、いつも開けっ放しです!
閉めないで着ますから、なんでも大丈夫です!」なんていうのだから、
縫い直しはナシにしましたーーーー!!


ゴッツゴツも、出来上がりをみたら、そんなに
気にならないかな?


という感じで、わちゃわちゃと、
オカダヤに行っては、
店員さん捕まえて
あーだこーだと聞いて
たっぷり、おばちゃんっぷりを
自覚した次第です!

店員さんが、優しい人でよかった!
にしても、いろいろ失敗しながら学ぶものですね!

あ。あと。身頃が同じでも、お袖や襟・裾などを
変えると、結構イメージが違うものが出来て
楽しいな、って思いました♪

覚書
● バネホック (長男くん・・・15ミリ。シルバー)
次回は13ミリで良さそう
(三男くん・・・13ミリ。ゴールド)










[PR]
by chocotto-san | 2017-11-13 20:56 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)

佐藤かなさんの本から「Bー3 肩リボン結びチュニック」



帰省の時期ですね!
昨日、親友が弘前から、こちらに、帰省してきました。ご主人の実家と、ご自分の実家にそれぞれ数泊づつするそうです。

「帰省」憧れますー!
娘ちゃんと共に親に会う前の友達の顔。なんだか幸せそうだった♡



私も、子供の頃は岐阜県に住んでいて、8月は東京に住んでいる祖父母の家と、西宮市に住む祖母の家、両方に行くのが毎年の恒例行事でした。
普段は田んぼばかりの田舎から、都会に出向くのですから、もう、楽しくないはずがありません!
東京のおばあちゃんは、この日にこそ・・・と、東京でしかやっていない演劇やらミュージカルの観劇に必ず1つは連れて行ってくれましたし、東京の名所、デパートは言わずもがな、です。西宮のおばあちゃんも、ご近所商店街の皆さんに「長女の娘なの」と自慢げに(?)練り歩いてくれましたっけ(笑)。


絵日記は題材に困らないほど行事にあふれていました。

道中も楽しい思い出です。


もう、「帰省」は、楽しいものと刷り込まれてしまうのも無理はありません(笑)。


そして、私は、というと、従姉妹達に会える貴重な数日間です。

親戚全員で旅行に行ったり、別荘に出向いたり、我々親族、仲のいい方だったと思います。

しかし、結婚してからは疎遠になっていました。
電車で数駅しか離れていない一番近い従姉妹にすら、ここ10年ほど会っていません。

その一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに洋服を作ってプレゼントしたら?と母から提案がありました。

前置きが長くなりました。


今回はその、一番近くに住む従姉妹の娘ちゃんに、プレゼント服です。

d0289980_10455201.jpeg


デザインは、従姉妹に電話で相談しました。
「普通のワンピースにする?ノースリーブのワンピースにする?それとも、肩におリボンがあるチュニック丈にする?どれがいい?水泳の授業で、肩ひもの服を着ていけないから、それだけは、パスかな?」って。

そしたら、「肩におリボン・・・って着せたことがないから、それがいいな。」とのことだったので、こちらにしましたヨ。



d0289980_10465230.jpeg

本の見本では、見返し部分も共布にしていたのですが、セコセコで、別布にしたのですが、完成して、見本が共布にしていた理由がわかった!!!
おリボンを結ぶと、ひっくり返って、別布が見えちゃうのね!! これは、これで、可愛い、ってことにしちゃおう(笑)

ところで、そもそもが不器用なわたし。
おリボンが縦結びになっちゃうんですけど?と思ったら・・・

d0289980_10462789.jpeg
モデルの女の子も、肩にかけて、縦になってるから、これでいいらしい・・・、とホッとしました(笑)。



パターン: 「スタイリスト佐藤かなが作る 女の子に着せたい毎日の服」の「Bー3」タイプ。
生地は、リバティです。(それは、もう、勝手に決めてました)別布部分はC&Sさんのコットンリネンレジェール(だったような・・・)。
私の在庫布から選びました。
(わたし、これで、自分服、作る気だったんですよね、笑。いったい、こんな愛らしい生地で、何を作ろうと思っていたのだろうか・・・爆笑。
スカートだったような気もしますが、少女服にして正解でしたね。)


で。ハサミを入れて始めて気がついたのですが、どーも、これ、タナローンではないです。
もっと、ザラザラした感触です。
リネンが入ってるのかな????(「素人な目」もので、分からない)

ぺらぺらしていないので、秋までも着られるチュニックであることは間違いないです。

一度も会ったことのない従姉妹の娘ちゃん、喜んでくれますように。

ちなみに、おリボンをほどいたところ。

d0289980_10554776.jpg

この見返しを1センチで折り込んで表から縫う・・・っていうのって緊張しませんか?糸が落ちてしまうんじゃないか?って。今回は、奇跡の1回目で糸落ちーず★

d0289980_10561588.jpeg

難しいところはそのくらいです!
(きゃー、ギャザーは下手です、見ないでー)






週末、横浜中華街とボリショイサーカース
[PR]
by chocotto-san | 2017-08-09 11:04 | お裁縫(コドモ服) | Comments(12)

Rick Rack 「七分丈パンツ」

腹黒chocotto*でーす。
何枚も、甥っ子ちゃん達に作ってあげるなんて、優しいとか決して、決して、決して思わないでください!!
下記のコメント欄にも書いた通り、「どんどん押し付けてきて、嫌な小姑だわ」、って思われてるかもーーです〜。

でも、幸い、義理の妹ちゃん、褒め上手で、喜びを表してくれるのがお上手で、乗せておこっかなーって思ってるのかも?
だったら・・・ということで、乗せられて作ってまーす。
d0289980_12552092.jpeg
パターン : Rick Rack 七分丈パンツ (サイズ100)

こちらのパターン、洋裁を始めた頃買ったパターンで、死蔵されてましたー。
いつか使わねば・・・使わねば・・・と、思っていたのですが、ちょうど、これ幸いと、先日のmiiThaaiiさんの生地の余り布があったので、こちらの布で作ってみました。

次男君用なのですが、自分のトップスと、次男君がお揃いで、何気に、ニンマリしています。


そうそう。

なんと、これ。パターン1枚です!!私史上初めての「パターン1枚」です!
ウエストゴムを先に丸く円にしてから、ウエストに縫い付けるのが、少々面倒でしたが、とても簡単でありがたいパターンでした!

昨日の三男君のTシャツと一緒に送ってしまいたくって、猛ダッシュで裁断して縫ったので(って言い訳なんだけど)柄合わせ、なってません。(後ろ)

お手紙にも「あくまでも家着にしてね!柄合わせ出来てないからねー!」と書いておきました。

これから、猛ダッシュで、次を縫わなければいけないものが待ってるの!!
そういう意味で、これ、早々にアップしちゃった。(載せないで、写真撮り貯めておくと、次のものに、取り組む気力が沸かないのだ。)


ではでは、頑張りまーす!



[PR]
by chocotto-san | 2017-08-04 13:08 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

Rick Rack ベビーTシャツ (サイズ80)

前回、甥っ子長男くんと次男くんにだけパンツを作り、三男坊君に作ってあげられなかったことが、気になっていまして、Tシャツを作ることにしました。
d0289980_14355778.jpg
記憶に新しいかと思いますが、以前、この生地で、「3兄弟お揃い服」をプレゼントしたのですが、三男坊君だけ、早々に、サイズアウトしちゃったとか。

どうしても3人のお揃い姿を見たい・・・と思ったわたくし、残り布を駆使して(というのもオーバーですが)こちらを作りました。

d0289980_10125909.jpeg

これで、また3人お揃いで着られるかな?。


d0289980_14415267.jpeg
あとオーガニックの生地で、同じ形のTシャツを。
地味な顔だちなので、赤いポイントを持ってきました。



長男くんと次男君は、我が家の血が濃厚なのですが、三男君は、どうみても義理の妹ちゃんにそっくり。コピペしたみたいに、そっくり。優しそうな、ほっこり顔。

なにしろ、三兄弟には、見えないの(^ω^)
DNAがここまで、パッキリ分かれて出てくるなんて、おもしろいなあ。

もうすぐ会えます。楽しみです。


● またまた覚書 ●

先日「フォレスト・ガンプ」を久々に観ました。(←先日観た「キャスト アウェイ」と、同じ監督&主演の組み合わせだったもので)
当時は、ここまで面白いと思っただろうか?と思ってしまうほど、今回、やけに心に響いた。
つまり20年経っても色褪せてないってこと。普通、「なんか、古さを感じる」ってことも多いんだけど。
フォレスト・ガンプ自体がアメリカを体現しているのかなぁって思った。
前へ前へと振り返ることなく走り続けるガンプ。なんだか通じるものがあるのかな。

他「アンノウン」・・・記憶喪失になった男の話。これもなかなか面白かった。ドイツが舞台。脇役ではあるが、とある老人が出てきて、どこかで観たことのある人だなぁと思って、最後に調べたら先日観たヒトラーの役をやった人であり、数ヶ月前に友達と観た「手紙は憶えている」に出てきた老人役の人でもあった。

1年に3度もこの人の作品を見るなんて!ブルーノ・ガンツというらしい。覚えておこう。
(いやはや。もう2年ほど前に観た「リスボンに誘われて」にも出ていたらしい!ちょっとしたファンみたいだ・・・)












[PR]
by chocotto-san | 2017-08-03 21:34 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

PALLETE ♦︎ クロップドサルエルパンツ(120&100)

続けて投稿失礼します✨
先週作ったもの第二弾

d0289980_09124192.jpeg
PALLETEさんの「クロップドサルエルパンツ」(120&100)
生地 : smileさんのヒッコリーデニム (この時の見返しに使ったものの、あまり)
ウエスト布と裾布は、Jack & Beans の布のマリーン色(これ、なかなか、いい色、いい生地。気に入った!)

お兄ちゃんは、ブラウンのポケット。次男くんはグリーンのポケット。お兄ちゃんは、あまーい顔立ち(弟の小さい頃にそっくり!お目目ぱっちり。まつげ長〜い)なので、洋服の色はどちらかというと渋めに。でも、本人、グリーンが好きみたいだから、グリーンにしてあげればよかったかな。

こちらのパターンは今回で3着目です。1着目は、次男くん(90サイズの時)に作りまして、わたくし、大変、気に入ってます。(→)で、時折、着用しているのを目にしていたのですが、やんちゃな次男くんが、ソファの上でぴょんぴょんするたびに、ポケットが、飛び出していたので、今回は、裏で留めました。

d0289980_09223330.jpeg
ロープ的なものって、探せばいろいろあると思うのですが、面倒だったので、一番上にあったレースの紐を使ってしまったのですが、これが、なかなか、厚みがあって、三つ折りしてから縫ってたら、針、1本、折りましたー(えーん。怖かった・・・。)

どーでもいい情報ですが、先日、ボタンホールを縫った時も、針を折ってしまったー。
えーん。「怖い」が続いているー。 ふうちゃんがいるから、余計に「こわ〜い」のである。
(なんでも、下に落ちたのを、舐めるからー。汗。なんなら、口に咥えて、見せにくるのー。見せてるうちに、飲み込んじゃったら、大変!)
d0289980_09291174.jpeg
今回、同封してあげるのは、ドラえもんクッキー。(ママの判断で、あげるか、あげないか決めてね、と、毎回メモを入れます)


さてー。今回は、三男くんの分は、なし。
毎回、揃えてあげねば・・・と思うと、私の「楽しみ」が「負担」に変わっちゃうので、手抜きもさせてもらうね。
それに、在庫布、消費月間で、もう、ヒッコリー生地は、使い切っちゃったのだ。ごめんよー。

義理の妹ちゃんは、時々、「うーむ。私のこと、無料の洋服屋さんって思ってるのかなぁ」って思う時があります。
「お姉さん、そろそろ、70じゃあ無理です!」とか「お姉さんに作ってもらう服以外に1枚も買ってないので、そろそろ、ボロボロです」とか
嬉しいような、催促されてるような?と思わなくもないことを言ってくれる・・・(^一^:)

ま★ お礼のお電話で声が聞けることがわたしの楽しみだし、喜んでくれるのは、嬉しいよね!



最近、面白かった映画!(ビデオだけどね)
[PR]
by chocotto-san | 2017-07-04 09:55 | お裁縫(コドモ服) | Comments(4)

3 brothers 1dog

映画のタイトルみたいじゃない???
「three brothers ,one dog」
ちょっと、泣ける系の。

でも中身は、甥っ子とふうちゃんだから、ちっとも素敵な映画ではない。
ドタバタ喜劇になってしまう。


d0289980_21450121.jpg

長男くん(右): muniのロックミシンで作る子供服(120)
次男くん(真ん中):Rick Rack 「こどもTシャツ」(100)
三男くん(左): ラ・スーラ 「カバーオール」(70)

背中側は

d0289980_07554254.jpeg
こんな感じです。 上に見えるは、ワン服。
d0289980_08381486.jpg
↑ ↑ ↑ 並べていたら、覗きに来たけど、食べ物じゃないので、すぐ飽きたお嬢さん。


生地: ドット・・・puririさんの「くれよんドット」
緑色・・・smileさんの「ラフィーリバー天竺のフォレストグリーン」
「40スパンフライス/フォレストグリーン」



この白い壁に貼り付けて写真撮影をしていたら、
夫「草間彌生さん的だね」と。

しかし、実物は、そんなスンバラシイ芸術的なものでもないし、
ましてや、「個性的すぎて、ちょっと・・・」
っていうほどのものでもなく、
割と可愛いと思う。
(あくまでも、私見)

★お裁縫ネタとして気になること★
以前、リックラックさんのTシャツを作った時から思っていたのですが、襟布が、本体に比べて
高さがありすぎる気がする。
なので、本体から、急に、襟布が反り立っているような印象を受ける。
一方、muniさんの本の方は、襟の高さも、120の長男くん用が、100サイズのリックラック次男くんより、高さも低くできている。
なので、本体に綺麗に沿っているように見えるような。

しかし、着てみたところを見たわけではないので
なんとも言えない。

これが、ママの手作り服との違うところ。

感想が、皆さんの参考になれなくて
すみません。
d0289980_09245404.jpeg

そうそう。カバーオールのボタンは、こんな色にしてます。

三男くんは、「どすこい系赤ちゃん」だったのですが、
先日のGWで会ったら、
「金太郎さん系」になっていた。
この服、とっても似合うと思う125.png

d0289980_09281018.jpeg
週末、野川公園に行って来ました。(夫の弟家族と)

夫の母校の横にあり
ここに来ると落ち着くそうです。


d0289980_09312809.jpeg
我が家のお弁当は、これ。
ピタパンに、ファラフェル(中東のコロッケみたいなものね!)を挟んで。
奥に見えるは、簡単サモサ(餃子の皮で作る)。
姪っ子家族が摘めるように。
d0289980_09304097.png

義理の弟さん家族と行きました。
夫、弟くんとキャッチボール。

姪っ子ちゃんに、あのリバティの服、やっと
渡せました。
息子ちゃんである甥っ子くんは、
ちーっとも、
動かない子で。

親が遊ぶぞーって言っても
「めんどくさ〜い。」と。

サッカーやるか。
やだ。
キャッチボールやるぞ。
やだ。
あっちまで行ってみよう。

それも、やだ。
お弁当だけ、食べてゴロゴロしたいとか言う。

授業参観で、鬼ごっこをやったらしいのだが、
見ていたら、
真っ先に
捕まって(走らないからこうなるのだ)
しかも、誰も追いかけないので、
鬼ごっこにならなかったそうだ。

すごい。

ある意味大物だ。

夫は、家に帰ってから、
「あれ、大丈夫かぁ?」とか
言ってたけど
私たちの常識で測っちゃあ、ダメだよー。
きっと、大物になる。

もしくは、蛭子さんみたいな。





[PR]
by chocotto-san | 2017-05-29 09:41 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)