ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

カテゴリ:お裁縫(小物)( 68 )

snappy life / くるくるサコッシュ

やっと、やっと、snappy lifeさんの
くるくるサコッシュ(トート?)作りました!
d0289980_16042825.jpeg
 キットなので、安定の可愛さ!自分だったら、こうも素敵な生地(くたっとしているの)と、柄の組み合わせ、できないと思う。

全て、「折り伏せ縫い」なので、裏返しても綺麗ですし、強度も増しているそうです。(HPより)

 
d0289980_16140748.jpeg
 で。調子に乗ってしまいまして・・・。 今度、ドイツに行く際に、お世話になるドイツ人の奥様に作ってみました。
(1日ゲストハウスに泊めて頂けるのです)

 

 因みに、生地は「かまわぬ」の手ぬぐいを3種類買って(「かまわぬ」さんには、無地の手ぬぐいもあるんですね!知らなかった・・・。東京だと、代官山店のみ、取り扱いしてます)作りました。


かまわぬさんの手ぬぐいは、他のものと洗濯できないし、アイロンは低アイロンだし、注意書きがたくさんあるから、プレゼントには不向きだったかしら?と、完成してから気付く…(^_^;)

d0289980_16174523.jpeg
 これは母に、プレゼント・・・です。縫い目を隠すグログランテープは、レモンイエロー。快晴堂さんまで、買いに行きました。(このグラグランテープ、いいですね!もっと買っておけばよかった!)
(追記)苺柄・・・Rick Rack さん。
    細かいチェック・・・ fog さんのmiiThaaiii(余り布と思ってハサミ入れちゃった!)
ブルーのストライプ・・・C&Sさんの紙袋の代わりに包んでくださる布
相変わらず、社長さん、可愛かった!麻子さんもお元気そうでした。 
 
d0289980_16195563.jpeg
こうして、使わないときは、くるくる・・・。カバンにポン、と入れておけます。

さて、ドイツこそ、エコバッグの国、というイメージですが、これは受け入れられるのでしょうか(苦笑)。

お土産といえば、今回は、3家族の方と、お会いする予定でいます。
一家族は日本人夫婦なので、「何が欲しい?」とダイレクトに聞いてみました。
(オット独身の頃、しょっちゅう、お宅に遊びに行って、奥様には、晩ご飯を食べさせてもらっていたなぁ。。という間柄です。)

「おいしーーいお茶と、小豆の入った羊羹と・・・」
「最新号の文春!」ってラインがありました(笑)

 あはは。文春って!!

 それにね。 「最新号の【すてきにハンドメイド】 もよろしくお願いしたいわー」だって!
ミシン系の方なのかしら?それとも、ちくちく手縫いを楽しむ系?
お話が弾みそうで今から楽しみです。→ ドイツのハンドメイド事情も聞けたら、お聞きしてレポしますね♩
 
 ドイツは硬水だから、新宿伊勢丹に駆け込み「硬水でも美味しく入れられるお茶くださいっ」ってお聞きしたら、さすが、天下の(?)新宿伊勢丹さん。
すぐに、海外のお水で美味しくいれられるのは、これです、と教えてくださいました。

他に、お茶漬け系、お菓子系、ふりかけなど買い足しました。
ドイツ人一家には、ベタですが、お寿司のキーホルダーと、千代紙セットを子供に。
あとは、お菓子と、この、エコバック(汗)。(←心配・・・)

さて。今回は、レンタカーや、列車を使ってドイツ周遊します。
アパートメントに泊まったり、ホテルに泊まったり、ドイツ人のお宅に泊めて頂いたり、内容は、盛り沢山です。
昔、夫が住んでいた街も訪れます。

出発は、まだまだ先ですけどね。「行ってきま〜す」



[PR]
by chocotto-san | 2018-04-12 17:54 | お裁縫(小物) | Comments(6)

贈り物 第2弾

あまり布があるの、ネックウォーマーを作りたいんだけど・・・
と義理の妹に話したら

「ネックウォーマーは絶対、使わないです。」
(←ここまでは、前回までの、あらすじ・・・笑)
と言われました。

そのあと、

「スタイなら嬉しいです」と言われたので、その手があったか!とスタイ作りました。


d0289980_09464057.jpg

これにて、完全にmaffonさん生地、使い切りました!!
ラ・スーラさんのパターンです。
3枚重ねになってます。

前回までは、間に挟む布は、
本当に、もう、処理に困るような布を使用していたのですが、
だんだん、在庫が減って、
どれもこれも、真ん中に挟むのは
惜しいような・・・(笑)

それだけ、在庫が減ってる証拠ですね!!
嬉しい。

お次は、お友達ワンちゃんに。
d0289980_13125982.jpeg
拙blogでも、「椅子」の驚き写真
登場したことのあるBOちゃんへ
クリスマスプレゼント。
(左の茶系の服がBOちゃん用。
右のホワイト&グレーがふうちゃん用。
お揃いにして見ました)

BOちゃんは、男のコでブラウン色をしています。


あ、ふうちゃんの服は、甥っ子ちゃん服のあまり布ですが、
BOちゃんには、ちゃんと、余り布ではなく、
ふうちゃんとお揃いになるよう、布を買いましたよ〜。

(↑わざわざ言わなくていい?笑)

d0289980_13191155.jpeg
なので、ふうちゃん服は、お腹側の身頃、足りず・・・。

なんとか、これまた余った布でお腹側の身頃にしました。

小さい布も、取っておいてよかった!!(^一^)


d0289980_13205955.jpeg
 着画デス。
あたし、お正月のために、年末、ギリギリに
トリマーさんを予約したから、
今、一番、もさ苦しいの。
恥ずかしいわっ(と、言ってます)。

d0289980_13221645.jpeg
寝姿も撮ってみましたよ。

もっと、恥ずかしい!と言われそうです。

でも、お股をパッカーンと開けてる写真は、載せるのを自粛したので
お許しあれ。


実は、今日は、ふうちゃんのお誕生日です。

めでたい、めでたい。

さて、話は、急に変わりますが、
最近見た映画

「オリエント急行殺人事件」

ポワロ役って、もっと、おじいちゃんを想定しているのかと思ったら
(役者さんは50代だけどさっ)
ものすごいアクションを披露してくれたっ。

見終わって、友達と開口イチバン、
ねぇねぇ、ポワロがジャッキーチェン並みじゃなかった?
と言ったら、
彼女も、そこが私も気になった〜と。

ポワロの年齢は何歳のつもりだったんだろう・・・。

他、観たビデオ
・プラダを着た悪魔
・グラン・トリノ
・SING

こんな感じ。

ああああ〜。
大掃除も、少しづつやってるのよぉぉぉ。

でも、もう一枚、大人服も作っちゃいたいっ。

色んなこと、年内に間に合うのか?

ドキドキ・・・。



[PR]
by chocotto-san | 2017-12-21 13:29 | お裁縫(小物) | Comments(6)

「余った布で贈り物」と「犬にまつわるエトセトラ」

クルールさんの大作が終わったら、すっかり気が抜けて、今や、何もやる気が起きません・・・。
実家に行ったり、週に一度のスポーツ教室に行ったり・・・くらいの、ユルユルな活動です。

そんな中、昨日、maffonさんの余った布で、ネックウォーマーに取り掛かってみました。
1日で5つできましたよ。
d0289980_22023056.jpeg
d0289980_13292073.jpeg
maffon × smile メルトンフリース キャメル
覚書です。 寒い地域に住んでいる友達のムスメちゃんに。

d0289980_13304895.jpeg
maffon×smile メルトンフリース・エクリュ

こちらも、寒い異国の地にて頑張っている友達に。
毎日、「今日はマイナス7度なの!」とかラインでお知らせがくる・・・(笑)。


d0289980_13323102.jpeg
maffon×smile メルトンフリース グレージュ
母からも頼まれたので、母に1つ。まだ、生地が余っていたので、義母にも一応、作ってみた。

友達二人には、余り布で作ったと言いますが、お義母さんには、なんとなく言えないなぁ(笑)、
そもそも、まだ、お義母さんにお送りするか、迷い中・・・。ドキドキするっ! 

表生地: maffonさん
裏生地: smileさんのフリース(今回使った3色、家の在庫にありまして、嵩張る系をかなり消費できて嬉しいっ!って思ってます!)

パターンは「アンの木」さん。 でもでも、ちょっと、チーケーなことを言っていいですか!
ネックウォーマーって、あっちの布屋さんでも、こっちの布屋さんでも、無料パターンを出してるのね〜。
しかもしかも、よーく見ると、無料パターンの方が、ちょっとこだわりがあったりして・・・。
うーー。なんか、悔しい〜。わざわざ買っちゃった〜、って、ケチなこと思ってます。
そもそも、このパターンは、帽子とネックウォーマーが繋がっているものと、セットで売られていて、甥っ子ちゃんに、そのパターンで何か作ろうとそちらのパターン目当てで購入したの!!でも、義理の妹から「帽子、絶対、使わないんですー。ネックウォーマーも、絶対、無理・・・・」って言われちゃったの。確認してから、買えばよかった!!  

ごめんなさい。 なんか、どうでもいいですね。

でもでも。たくさんのニットが消費できて、本当にスッキリ!嬉しい!!




犬にまつわるエトセトラ
[PR]
by chocotto-san | 2017-12-14 13:59 | お裁縫(小物) | Comments(8)

ふうちゃん服も maffonさんで♡

maffonさんの生地で、ふうちゃん服も。
d0289980_11003800.jpg
お友達の家に二人(1人と1匹)で招かれているので、慌てて、作りました。
ネイビーに赤のテリアの生地。 
この生地、一目惚れ〜♡

でも、大人の私には、おかしいかしら?と、ひとまず、ふうちゃん服にと50センチ買ったのですが、手元に来たら、ますます、自分服に作りたくなっちゃってます・・・。 
どーしよう!?

d0289980_11083336.jpg
ね。可愛い生地♡ 触り心地も抜群です。


[PR]
by chocotto-san | 2017-11-26 11:05 | お裁縫(小物) | Comments(0)

snappy life ★ くるくるback pack キット

今回は、私史上、一番、手こずったように思う、と、のっけから(時候の挨拶もそこそこに)書かせていただきます!


d0289980_17062154.jpeg
キット snappy ifeさんの くるくるback packキット

思えば、これに取り掛かろうと思ったきっかけは、今年の初めだったかしら?こね太郎さん(←ご存知、めちゃくちゃ上級者、洋裁界のカリスマ的存在)と、快晴堂さんに遊びに伺い、そこで、snappy lifeのあさこさんの人柄に触れ、『私も、こんな、素敵な、いかにも、手を使うお仕事の人独特の、素敵に近づきたい!』などと感化され、キットを買ったのだった。(その時の記事はこちら→

が。新しいものに、喜んで取り組めるタイプの勇猛果敢なタイプの人間とは真反対にいる人間でして、初めての仕様書を捲るだけでも、勇気がいる、買わなかったことにしてしまいたい・・・と何度も思って、届いた小包、開封もせずに、クローゼットの奥にしまいこんでしまいました。少し言い訳すれば、自分の中では、「この生地、秋冬モノっぽいし、秋になってから、作ればいいやー」と思ったのも事実である。

そうこうしているうちに、その小包は、クローゼットの奥の奥に、どんどん押し込まれていき、それでも、頭の片隅では、気になって、気になって、むしろ、存在は大きくなる一方・・・。 



そして、満を辞して、こね太郎さんが唯一苦心したとおっしゃった肩紐の簡単バージョンもオプションで販売されたのを機に、『簡単ならば、やってみるかー』と、挑戦を決めたのが3週間ほど前だったでしょうか。

d0289980_20140909.jpeg
▲ 簡単肩布バージョンは、裏がこんなアミアミ・・・

しかーーし。

もう、小包を開封したはいいけれど、何から何まで、私には意味不明だった。
型紙からして、この突き抜けた線は、なんだろう?とか、布目の印がないものはどうするの?とか、グログランテープって、折り目ないのね、ええっと、アイロンしたら溶けちゃうのね、ええっと、それなら指でシゴくのね・・・、指でシゴくの、って思ったより力仕事ね・・・と、何から何まで、初体験過ぎて、皆が簡単に進むであろうところも、こんな感じで、心の動揺を伴いつつの作業・・・。

おまけに、テープの厚みが私のミシンには耐えられないらしく、針こそ折れなかったものの、最初の時点で、ミシンが、ガガガがガーーーと変な音を立てながら、同じところを何度も、なんども針が上へ下へと抜き刺し抜き差しするところを目の当たりにしてしまってからは、ずーっと、足踏みしないで、プーリー回しながら、作品づくりです。(←ミシン、壊れるかと思った!それか、指を縫うという大惨事になるかと思った!) 足踏みできるような、やや薄手の箇所に来ると、ホッとする・・・、でも、ほぼ、プーリー・・・みたいな感じの用心深さで、進めて、おかげで毎日、肩こり併発。

グログランテープが縫い代の縫い目を覆い隠さない・・・というのも、わたし的には、プチストレス😅
しかも、そのテープの幅が均一に縫えないので、せっせとしつけ糸をするのですが、それも、結構な力仕事・・・。
肩だけでなく、右腕も、お疲れの悲鳴です・・・。


最初にも申しました通り、型紙裁断の時点で、突き抜けた線の意味がわからず、こね太郎さんに、メールしちゃう、という、なんとも、人騒がせな奴でありました・・・(ごめんね、こね太郎さん)
わたしは、明日のお休みの日にお返事くだされば結構なのよーと、早めに質問を送ったつもりが、心優しいこね太郎さんが、お仕事中にも関わらず、即答してくださったときは、『これで、途中で投げ出したら、こね太郎さんに申し訳が立たないっ』との思いで頑張りました!  しかもしかも、その後、疑問続出で、結局、こね太郎さんに聞くのは、おかし〜だろっ!と店主さんにお電話。
店主さんは、2度、3度と質問して、きっと、こんなおバカな人いるんだろうか?とびっくりなさったと思う・・・。

でもでも・・。ちょっと、言い訳すると、『記載漏れ』があったの!その後、仕様書を訂正して送り直してくださった。

てなわけで、こね太郎さんも、こっそり拝見しているブロガーの方も何の問題もなく、サクサク作られているものが、わたしには今年、一番大変な力作となったわけで、自分の力不足を痛感する次第です。

d0289980_17062154.jpeg

疑問、電話しまくって、最後の最後に、『もう、おいそれと電話できなーい』と思って、聞けなかったところ。
25番の高密度テープにバックルを縫い付けるとき、高密度テープの折り目は裏側?表側?とか、
そんな、ま、気にしなくてもいいか、と思った箇所。
この写真だと、一番てっぺんの部分。

わたしの悪い癖で、最後の最後に、『ま、もういいか』となるので、出来上がって椅子に置いて、
くるくる・・・と巻いた時、なんか、テープの折り目、逆になってたような気もする。

使っていて、『そーだよ、絶対逆だよ!』と気になり出したら、
直すことにしよう。

今回は、もう、これにて、終わりとする!!

お疲れ、自分!!
(そして、こんなぐちぐち、グダグダ・・・なつぶやき、読んでくださった方、
ありがとうございます!)

そそ。最後に・・・
d0289980_18103261.jpeg
背中に当たるところは、
こんなファスナー付きなの!素敵だよね!!

出来上がりは、頑張った甲斐もあり
大満足です!!

お店のあさこさんも、何度
電話しても
嫌な顔せず、教えてくださり
(口頭で説明するのって、本当は、すっごーく、めんどくさいと思う!)
感謝でしかありません!!

あさこさんが
『何度作っても楽しいの!』といった言葉が忘れられません・・・。

凄い。わたし、いつも
なぜか、『洋裁が趣味です、って言えない・・・』って
思っちゃうんだけど、また、ことさら、
今回も、そう思いました・・・。






なんだか、読んでるだけで、疲れるわい!という方へお口直しネタ
[PR]
by chocotto-san | 2017-11-01 18:42 | お裁縫(小物) | Comments(12)

Rick Rack ♦︎ スマイリーリュック・・・④

2週間ほど前に、衣替えをしました。
その際、袖を通さなかった夏物をバッサバッサと(?!)処分して、ついでに、ときめかない秋物&冬物も廃棄していたら(←こんまりさんが「ときめくかときめかないか」を判断基準にして物を処分することをお勧めしていた)、これから先の服を作る気力が全く失せてしまった(^_^;)。
当分、ものは増やしたくない・・・と勝手に脳が判断してしまったのだろうか。

というわけで、(←なのか?)自分服はお預けにして、在庫布の中から、従姉妹の娘ちゃんに、リュックサックを作ってあげることに。
申し訳ないが、在庫布を減らしたい・・・という気持ちもあったので。(ごめんねー)

ではあるが、一応、本人の希望を聞きました。

polka dropsさんの裾がひらひらしたショートパンツと、リュックサックどっちがいいかなぁ?と聞いたら、即答で「リュック!」とのこと。(今回使用予定の花柄の布を念頭に置いて、このどちらかのパターンがいいのでは?と思ったの)


で、完成しました。

d0289980_10472083.jpeg
パターン:Rick Rack スマイリーリュック
布:Rick Rack(表布、裏布、バイヤス、すべて)

最初、夫に、布を見せながら、「これでリュックサックを作るんだけど・・・。ムスメちゃん、『ひよっこ』好き、って言ってたし、昭和レトロな感じが可愛いよね???」とさりげなく、夫の感触を聞き出そうとしたら、「へー、この生地で作ったら、キャスキッドソンみたいだね♪」なんて言うので「だよね、だよね、小学3年生だったら、こんな感じ、好きだよね!」と、かなり肯定的に夫の発言を良好的に捉えていたのだが、翌日、また、この布を見ながら、ぽつりとこう言ったのだ。

「それさー。中国で売ってる、キャスキッドソンって感じだよね(←にっこり)」


つまり、〝バッタモン〟っぽいよねーと言ってるのと同じではないか?

辞めろ、ということか?

と、あれこれ考えて、しばし、じっと、布を見つめて固まってしまいましたが、従姉妹の娘チャンは、リュックサックが手元に来ると思ってるだろうし、母に相談したら、「そんなことない!可愛いから大丈夫!」と背中を押してくれたので、作ることにしたのであった・・・。

裏はこんな感じ。リネン生地。ポケットが2つあります。
d0289980_10515626.jpg
 背中には、リボンのタグを。
d0289980_10525763.jpeg
d0289980_11302235.jpeg
リュックのトップに引っ掛ける紐もあります。
凝ったパターンだなぁ。しみじみ・・。

若干、ラブリー過剰気味な気もするが、先日お会いしたときに、とっても「女子〜&素直〜」な感じのこだったので、喜んでくれるはず、と思いたい・・・です。。

前置き長いですが、作った感想です。

実は、このパターンの使用は4回目です。
最初は、4回目だから、楽勝だろうとタカを括っていたのですが、なかなかどうして・・・全然、上達していないことが分かりました。
まず、前3回は、「ポケットには接着芯を付けないで(開けたら見えるから)」というレシピの元、代わりに、裏地を縫い付ける、という裏技(大袈裟)をやって、割と、しっかりしたポケットにしていたのですが、今回は、そのナイスなアイデアをすっかり忘れて、表布だけで作ったら、ポケットだけ、ペラペラ感が出てしまった。他が、中厚みの接着芯で、割としっかりしたボディなのに、ポケットだけ、ぺっらぺら。今回は、ガーゼハンカチを入れて膨らませたけど、何か入れないと、多分、変・・・(涙)。

あと、縫い代をバイヤステープで包む箇所。(今回はリックラックさんで売っていたリネン・・・色はローズピンクを使用)
ハンカチやらなんやらでバイヤス訓練していたはずなのに、厚みがあってカーブもあっての今回は、綺麗にできなかった。

でも、おおらかな従姉妹なので、そんな細かいこと、気にしないと思うので、このままオッケーにしちゃおう。
喜んでもらえるといいなー!!

そして、何より、またあの、ムスメちゃんに会えるのが楽しみだったりします。
ーーー 次回も、自分服ではなくて、自分雑貨(小物?)の予定です。洋服、なぜか、今は、作る気湧かず・・・。






[PR]
by chocotto-san | 2017-10-19 11:08 | お裁縫(小物) | Comments(10)

パターンレーベル ♦︎ ツインショルダーバッグ

迷っているところなのです。
お時間を頂きますが、まずは、これを見てくださいませ。

d0289980_13492678.jpeg
私もパタレさんのツインショルダーバッグ、作りました。
SとMサイズがあり、大きい方です。

先に作られたuteさんが帆布で作られていて、「なるほどー!!そっち系がお勧め布なのね!」と思ったのですが、時すでに遅し。
布、すでに買ってました。
帆布だと、あの硬さのおかげで、底のツイン部分が活きてくるのですが、私はこんな生地を購入していたの。


d0289980_13531724.jpeg
C&Sさんのアルチザンという、なんとも男前な名前の生地で、こんな感じで、透け感があります。
透けたザクザク感のある生地のバッグを肩掛けしたいなぁ、自転車乗る時とかにいいかなぁ、なんて思ったのです。


しかし、魅力的な布でしたが、チャコペンは、シャープペンシル型の細めタイプのものを使っているので、「点」で記す箇所、チャコペンの芯が、布を突き抜けます(汗)。太いペンタイプのチャコペンを持っていれば問題なかったのでしょうが、生憎、持ち合わせていないので、もれなく、しつけ糸で糸印つける作業が発生してしまったので、若干、イラっとしました(←こういうのも楽しむ余裕が欲しいものです・・・)

でね。迷っているのは、ここからなんです。

やっぱり、地味かなぁ。。。とふと思って、こんなものをつけたらどうだろう?と思い始めました。

(A案)

d0289980_14034475.jpeg

ちょっとフォークロアな雰囲気を醸すバッグに変身させる。

(B案)

d0289980_14044695.jpeg
台湾で買ったテープ。A案がチロリアンテープなら、こっちはチロチロテープ、って感じ。(←あんまり面白くない。ダジャレ下手なおじさんレベル)
イメージは、チェンマイのバッグ(←以前、黒やぎさんが、チェンマイで購入されたものを、ほんの少し、彷彿させる・・・と、本人は思っている)。

やはり、初心に戻って、無地のままかなぁ・・・。

うーむ。どうしよう。

洋裁人なら、リッパーという心強い小道具があるのだから、A案、B案、順番に楽しむことも可能なのだけど。
せっかく、お夕飯の準備をするまで、たっぷり時間があるから、さっさと決めて縫い付けてしまいたかったのだが、
迷いに迷って、ここで一旦、ブログアップすることにしました。

皆さんは、どちらがお好き?と、もし聞いてしまっても、結局、最終判断は、自分だし。
うーむ。本当に、悩みます。




そんな時は、話題を変えて。是枝監督の「三度目の殺人」見てきました!
[PR]
by chocotto-san | 2017-09-22 14:25 | お裁縫(小物) | Comments(4)

C&Sさん (おまけレシピ) Tトート



またまた赤いものになりました。

d0289980_15065013.jpeg
C&Sさんのおまけレシピ 「Tトート」です。

実は、作ってまだ載せてない(← ボタンをつけてないので)服が1枚ありまして、「その服には、絶対、赤いバッグが必要!!」と思って、慌てて作ったものです。

「赤いバッグで、簡単そうなものなら、なんでも・・・」って感じで作ったのですが、これ、作って正解!  
可愛い!!!


d0289980_15092697.jpeg
内布をつけました。 
その内布はポランカのリネンさんです。
表はC&Sさんのオリジナル帆布です。

d0289980_15101218.jpeg
ちょっと、遊んでしまいました105.png

子供っぽくなっちゃった(汗)

そのくだんのボタン付きブラウスのためのハズが、私の普段のお洋服にもコーデしやすくて、すでに何度も活躍しています。

近所だけではなく、車に乗るとき、電車で都内に行く時すらも!(「人種のるつぼ」で、色んな人がうようよ歩いている秋葉原でも、口が開いたままで緊張したけど、
全然、大丈夫)

お財布、携帯、文庫本、サングラス、ポーチは、綺麗に収まりました。

夫も「え?それ、作ったの?」とびっくりしてました。(← このリアクション、珍しい!)











[PR]
by chocotto-san | 2017-09-06 15:25 | お裁縫(小物) | Comments(2)

母に頼まれていたもの・3点

毎日暑いですね。暑いの苦手です・・・。

母に頼まれていたもの数点ありましたので、作りました。

まずは、病院に行く時に持って行くあれこれを入れるポーチ
d0289980_10352433.jpeg
Rick Rack さんのフラップポーチです。

d0289980_09543661.jpeg

d0289980_10372176.jpeg
在庫布消費のため、りんごちゃん(コットン)とかなり厚手の茶色の布(コットン)と、リネンを合わせました。りんごちゃんの部分には、接着芯を貼ったのですが、リネンの部分は、貼らなかったら、生地がタポタポしちゃいました。 家族用だし、許してもらえると信じてます✳︎
ところで、こんなところに、何かを入れるスペースがあるのですが(今、日焼け止めを挟んだスペース)、こういうスペースって便利なのでしょうか?
ファスナー部分と、この部分、上下が反転しちゃうので、ものが落っこちそう・・・などと、ちょっと、思ってしまいましたー。
(母には、何度も、このパターンでいいの?と聞いたのですが、いいよーということだった。)

続いて・・・
d0289980_11164414.jpeg


 母の趣味は刺繍です。孫(私にとっての甥っ子)が生まれた時に、名前とお誕生日と、体重、身長を書いたコレ(↑)を作って、プレゼントしていました。
刺繍までは自分でやって、あとは、専門業者の方に、表装(?)を依頼していたみたいなのですが、今回の三男坊くんのものは、私がやることに。
(って言っても、裏地をつけて、吊るし棒みたいなものが外れないように縫っただけ、です。刺繍は、母よ!人の作品に、ハサミ入れるときは、緊張しますねー。親といえども、こんなに緊張するのだから、友達に、頼まれたりしたら、ハサミ入れるだけで、丸一日悩みそうですー。)(←ここ追記しました)。

参考までに・・・と、長男くんのものと次男くんのものを預かりましたが、随分、黄ばんでいますねー。(左と真ん中のもの)
義理の妹ちゃん、ちゃんと、飾ってくれてるんだな、とこういうところで分かります。ありがとね。
気を遣ってくれて(^一^)。
姉からもお礼言いたいですー。

ちなみに、今回のは、こんな柄です。3人とも全部、ピエロで統一したみたいです(^一^)。デザイン、探してくるのも大変なんだろうなー。
d0289980_10493912.jpeg
そうそう。これを準備するにあたり、母と京橋にある刺繍趣味の方の聖地(?)みたいなお店に行ってきました。
たくさんの刺繍本やら、糸はもちろん、キット、小道具、たくさん売っていましたー。

知らないだけで、「○●に特化したお店」って、いっぱいあるんですねー。刺繍と洋裁、親戚みたいな世界だし(?)楽しかったー♡。


最後は。

d0289980_10505470.jpeg


パタレさんのボックスティッシュカバーです。(おまけレシピ)
実家用に、一つ押し付けまーす(依頼されたわけではない・・・)

在庫布、着々消費中!!



[PR]
by chocotto-san | 2017-08-01 10:54 | お裁縫(小物) | Comments(10)

タオル de リバティ 

布の在庫が〜〜〜!!と、いつもいつも、わめいています。
でも、その割に、減らそう!という努力が足りていないわたしです。

今回は、お裁縫を始めた頃から、気になっていたタオルづくり。
満を持して、溜め込んだ(?)リバティを使って、タオルを作りました。

d0289980_13444266.jpeg
頑張れた理由。それは、恒例のマンションの女子会が予定されていたのですが、「もしかしたら、ランチの後のお茶会の会場は、そろそろ、うちの番かなぁ〜。家を綺麗にしなきゃ!それから、タオルも新しくしておかなくっちゃ!!」という目標があったから。


タオル地(ガーゼ)は、リックラックさんで、大昔(?!)セール価格で買ったもの。
四分の一サイズにカットして、そのうちの二つが形になりました。(残りの二つ分は、また、次回、気力がある時にやろう。)

【タオルA】

d0289980_13493256.jpeg
d0289980_09093246.jpeg
【タオルB】

d0289980_13495467.jpeg


d0289980_09095823.jpeg

タオル地の周り4辺にロックミシンをかけて、その後、バイヤスで囲みました。


結局、お茶会の会場にはなりませんでした。

8月に、札幌のお義母さんがいらっしゃる時まで、
大事にとっておこうと思います。

(もったいなくて、普段使いにデキナイ貧乏性のわたし、笑)


そして。

これが、わたしの大掃除と、タオルづくりの促進剤となった
「マンション女子会」の模様
d0289980_14063444.jpg
タイ料理@下北沢を食べに行きました。ここ、注文時に「ヴィーガンにしてくださーい」というと、動物性のものナシで、なんでも作り替えてくれるありがたーいお店です。
わたしだけ、ヴィーガンに変更です。

そして、斜め前にあるお茶専門店に移動。まぁ、よく、喋る、喋る。
わたしは、おそらく、この中で、一番、おっとり。(←よく言えば。)(悪く言えば、なんだか、いつも「へー、そうなの?」「えー。知りませんでした」「そうだっけ⁉」って、言いっぱなし。情けなし・・・)
もう、何も、口を挟めないほど、皆さん、元気で、次から次へと、話されるし、問題意識を持って生きていらっしゃるんだなぁって感心しっぱなし。

でも、いい刺激が貰える!


そうそう。最近、マンションの植木問題やら、なんやら、かんやらで、男子陣が家に来ることが多い。
そのあまりの回数に、悪い意味でお客様が来ることに、慣れてきてしまっていたけれど、「女子が来るかも!?!?」と思ったら、かなり、焦って、細か〜い気になる所の大掃除が捗りました。

たまに、「主人の代わりに」と奥様も来ることもありますし(←その時は、かなり、焦る)、もう少し、気を引き締めて、普段から、お掃除頑張らなくちゃ、って思いましたー。

毎回、言っている…。






[PR]
by chocotto-san | 2017-07-03 14:19 | お裁縫(小物) | Comments(6)