ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

snappy life / くるくるサコッシュ

やっと、やっと、snappy lifeさんの
くるくるサコッシュ(トート?)作りました!
d0289980_16042825.jpeg
 キットなので、安定の可愛さ!自分だったら、こうも素敵な生地(くたっとしているの)と、柄の組み合わせ、できないと思う。

全て、「折り伏せ縫い」なので、裏返しても綺麗ですし、強度も増しているそうです。(HPより)

 
d0289980_16140748.jpeg
 で。調子に乗ってしまいまして・・・。 今度、ドイツに行く際に、お世話になるドイツ人の奥様に作ってみました。
(1日ゲストハウスに泊めて頂けるのです)

 

 因みに、生地は「かまわぬ」の手ぬぐいを3種類買って(「かまわぬ」さんには、無地の手ぬぐいもあるんですね!知らなかった・・・。東京だと、代官山店のみ、取り扱いしてます)作りました。


かまわぬさんの手ぬぐいは、他のものと洗濯できないし、アイロンは低アイロンだし、注意書きがたくさんあるから、プレゼントには不向きだったかしら?と、完成してから気付く…(^_^;)

d0289980_16174523.jpeg
 これは母に、プレゼント・・・です。縫い目を隠すグログランテープは、レモンイエロー。快晴堂さんまで、買いに行きました。(このグラグランテープ、いいですね!もっと買っておけばよかった!)
(追記)苺柄・・・Rick Rack さん。
    細かいチェック・・・ fog さんのmiiThaaiii(余り布と思ってハサミ入れちゃった!)
ブルーのストライプ・・・C&Sさんの紙袋の代わりに包んでくださる布
相変わらず、社長さん、可愛かった!麻子さんもお元気そうでした。 
 
d0289980_16195563.jpeg
こうして、使わないときは、くるくる・・・。カバンにポン、と入れておけます。

さて、ドイツこそ、エコバッグの国、というイメージですが、これは受け入れられるのでしょうか(苦笑)。

お土産といえば、今回は、3家族の方と、お会いする予定でいます。
一家族は日本人夫婦なので、「何が欲しい?」とダイレクトに聞いてみました。
(オット独身の頃、しょっちゅう、お宅に遊びに行って、奥様には、晩ご飯を食べさせてもらっていたなぁ。。という間柄です。)

「おいしーーいお茶と、小豆の入った羊羹と・・・」
「最新号の文春!」ってラインがありました(笑)

 あはは。文春って!!

 それにね。 「最新号の【すてきにハンドメイド】 もよろしくお願いしたいわー」だって!
ミシン系の方なのかしら?それとも、ちくちく手縫いを楽しむ系?
お話が弾みそうで今から楽しみです。→ ドイツのハンドメイド事情も聞けたら、お聞きしてレポしますね♩
 
 ドイツは硬水だから、新宿伊勢丹に駆け込み「硬水でも美味しく入れられるお茶くださいっ」ってお聞きしたら、さすが、天下の(?)新宿伊勢丹さん。
すぐに、海外のお水で美味しくいれられるのは、これです、と教えてくださいました。

他に、お茶漬け系、お菓子系、ふりかけなど買い足しました。
ドイツ人一家には、ベタですが、お寿司のキーホルダーと、千代紙セットを子供に。
あとは、お菓子と、この、エコバック(汗)。(←心配・・・)

さて。今回は、レンタカーや、列車を使ってドイツ周遊します。
アパートメントに泊まったり、ホテルに泊まったり、ドイツ人のお宅に泊めて頂いたり、内容は、盛り沢山です。
昔、夫が住んでいた街も訪れます。

出発は、まだまだ先ですけどね。「行ってきま〜す」



[PR]
by chocotto-san | 2018-04-12 17:54 | お裁縫(小物) | Comments(8)

「カシオペアの丘で」重松清

カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)

重松 清/講談社

undefined

カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)

重松 清/講談社

undefined


ちょうど、今の私くらいの年齢の人たちの話。
4人組の幼馴染のうちの1人に癌が見つかる。テーマは、「許し」。
随所で涙が出てしまうような、重い物語なのだが、続きが気になって、一気に読めました。
私くらいの年齢は、そうなのだ。そろそろ、病気や死を意識せざるを得なくなることも出てくる。
許すものか、あるいは、許してほしい、などの軋轢を抱えながら生きている人もいるだろう。
(ここまでではなくとも)
これは、若い頃読んでいたら、また違ったかもしれません。ちょうど、40半ばで、この本に出会えて良かった。

[PR]
by chocotto-san | 2018-04-10 21:52 | | Comments(0)

Rick Rack / モンキーパンツ・・・⑦⑧

甥っ子服です。 三男坊くんに。サイズ80。
d0289980_04491120.jpeg
「もう、新しい生地を買うお金がな〜い(涙)」と思って、家にある生地と生地で組み合わせて出来るもの・・・と考えたらこれになりました。このジーンズ生地。コットンのほか、数パーセントアクリルが入ってました。伸縮性があります。
(大昔、Rick Rackさんのセールで、買ったもの。まだ、お裁縫を初めて2ヶ月とか、そういうときで、何を買っていいか、分からず、その場の雰囲気に圧倒されていたら、お世話になっていた先生が、「これ、とてもいい生地だから、買ったほうがいいよ!」と手に握らせてくださったものです、笑)
2枚パンツ作って、綺麗に使いきれました。すっきり。
d0289980_04540657.jpeg
数年前に行った台湾で買ったワッペン。アイロンで貼るタイプですが、周りをチクチク糸で縫いつけてます。


こういうワッペンも、甥っ子たち大きくなると、貼る場所無くなっちゃうし、どんどん、使っていかなきゃ!と思った矢先・・・。

なんと!義理の妹ちゃんのお腹の中には4人目がいることが、昨日、発覚!!
しかも、来月には、産まれてる〜!! (当然、実家の両親は知ってたのですが。)

今までと違って、男女、どちらが産まれるのか、聞かない方針だそうです。
女の子だったら、お洋服作りも、また違って楽しいんだろうなぁ。
男3人の後の女のコ、って「待望の!」って感じで溺愛されるんだろうなぁ・・・などと、要らぬ妄想までしたり、
でも、ここまできたら、男4人、っていうのも、なんかこう、逞しく皆、育ちそうでいいかも! と思ったり、
一人くらい、東京の叔母さん(←あたし)のところに下宿しに来たりして、と、数年後の妄想をしてみたり・・・と、勝手にワクワク・・・。

とか書いてますが、何より、驚きが優って、眠り浅い今朝。

早々に起きて、ブログ書いてしまいました・・・。




[PR]
by chocotto-san | 2018-04-07 05:15 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

「蜜蜂と遠雷」 恩田陸

蜜蜂と遠雷

恩田 陸/幻冬舎

undefined

直木賞を受賞した作品。
図書館で予約して1年以上待ちましたが、待った甲斐がありました!

ピアノコンクールの様を描いた話なのですが、作者の表現力に、驚くばかり。
たくさんのコンテスタントの音色の差を、こうも巧みに文章で描けるのか?しかも、飽きさせない!作家さんってすごいなぁと、ただただ、びっくり!

音楽に全く造詣のない私でも、引き込まれていきました。
また、嫌な人とかも出てこないので、楽しく読めます(笑)。



[PR]
by chocotto-san | 2018-04-02 13:26 | | Comments(0)