ブログトップ

chocotto*

chocottos.exblog.jp

タグ:Rick Rack ( 5 ) タグの人気記事

Rick Rack ♦︎ スマイリーリュック・・・④

2週間ほど前に、衣替えをしました。
その際、袖を通さなかった夏物をバッサバッサと(?!)処分して、ついでに、ときめかない秋物&冬物も廃棄していたら(←こんまりさんが「ときめくかときめかないか」を判断基準にして物を処分することをお勧めしていた)、これから先の服を作る気力が全く失せてしまった(^_^;)。
当分、ものは増やしたくない・・・と勝手に脳が判断してしまったのだろうか。

というわけで、(←なのか?)自分服はお預けにして、在庫布の中から、従姉妹の娘ちゃんに、リュックサックを作ってあげることに。
申し訳ないが、在庫布を減らしたい・・・という気持ちもあったので。(ごめんねー)

ではあるが、一応、本人の希望を聞きました。

polka dropsさんの裾がひらひらしたショートパンツと、リュックサックどっちがいいかなぁ?と聞いたら、即答で「リュック!」とのこと。(今回使用予定の花柄の布を念頭に置いて、このどちらかのパターンがいいのでは?と思ったの)


で、完成しました。

d0289980_10472083.jpeg
パターン:Rick Rack スマイリーリュック
布:Rick Rack(表布、裏布、バイヤス、すべて)

最初、夫に、布を見せながら、「これでリュックサックを作るんだけど・・・。ムスメちゃん、『ひよっこ』好き、って言ってたし、昭和レトロな感じが可愛いよね???」とさりげなく、夫の感触を聞き出そうとしたら、「へー、この生地で作ったら、キャスキッドソンみたいだね♪」なんて言うので「だよね、だよね、小学3年生だったら、こんな感じ、好きだよね!」と、かなり肯定的に夫の発言を良好的に捉えていたのだが、翌日、また、この布を見ながら、ぽつりとこう言ったのだ。

「それさー。中国で売ってる、キャスキッドソンって感じだよね(←にっこり)」


つまり、〝バッタモン〟っぽいよねーと言ってるのと同じではないか?

辞めろ、ということか?

と、あれこれ考えて、しばし、じっと、布を見つめて固まってしまいましたが、従姉妹の娘チャンは、リュックサックが手元に来ると思ってるだろうし、母に相談したら、「そんなことない!可愛いから大丈夫!」と背中を押してくれたので、作ることにしたのであった・・・。

裏はこんな感じ。リネン生地。ポケットが2つあります。
d0289980_10515626.jpg
 背中には、リボンのタグを。
d0289980_10525763.jpeg
d0289980_11302235.jpeg
リュックのトップに引っ掛ける紐もあります。
凝ったパターンだなぁ。しみじみ・・。

若干、ラブリー過剰気味な気もするが、先日お会いしたときに、とっても「女子〜&素直〜」な感じのこだったので、喜んでくれるはず、と思いたい・・・です。。

前置き長いですが、作った感想です。

実は、このパターンの使用は4回目です。
最初は、4回目だから、楽勝だろうとタカを括っていたのですが、なかなかどうして・・・全然、上達していないことが分かりました。
まず、前3回は、「ポケットには接着芯を付けないで(開けたら見えるから)」というレシピの元、代わりに、裏地を縫い付ける、という裏技(大袈裟)をやって、割と、しっかりしたポケットにしていたのですが、今回は、そのナイスなアイデアをすっかり忘れて、表布だけで作ったら、ポケットだけ、ペラペラ感が出てしまった。他が、中厚みの接着芯で、割としっかりしたボディなのに、ポケットだけ、ぺっらぺら。今回は、ガーゼハンカチを入れて膨らませたけど、何か入れないと、多分、変・・・(涙)。

あと、縫い代をバイヤステープで包む箇所。(今回はリックラックさんで売っていたリネン・・・色はローズピンクを使用)
ハンカチやらなんやらでバイヤス訓練していたはずなのに、厚みがあってカーブもあっての今回は、綺麗にできなかった。

でも、おおらかな従姉妹なので、そんな細かいこと、気にしないと思うので、このままオッケーにしちゃおう。
喜んでもらえるといいなー!!

そして、何より、またあの、ムスメちゃんに会えるのが楽しみだったりします。
ーーー 次回も、自分服ではなくて、自分雑貨(小物?)の予定です。洋服、なぜか、今は、作る気湧かず・・・。






[PR]
by chocotto-san | 2017-10-19 11:08 | お裁縫(小物) | Comments(10)

Rick Rack 「七分丈パンツ」

腹黒chocotto*でーす。
何枚も、甥っ子ちゃん達に作ってあげるなんて、優しいとか決して、決して、決して思わないでください!!
下記のコメント欄にも書いた通り、「どんどん押し付けてきて、嫌な小姑だわ」、って思われてるかもーーです〜。

でも、幸い、義理の妹ちゃん、褒め上手で、喜びを表してくれるのがお上手で、乗せておこっかなーって思ってるのかも?
だったら・・・ということで、乗せられて作ってまーす。
d0289980_12552092.jpeg
パターン : Rick Rack 七分丈パンツ (サイズ100)

こちらのパターン、洋裁を始めた頃買ったパターンで、死蔵されてましたー。
いつか使わねば・・・使わねば・・・と、思っていたのですが、ちょうど、これ幸いと、先日のmiiThaaiiさんの生地の余り布があったので、こちらの布で作ってみました。

次男君用なのですが、自分のトップスと、次男君がお揃いで、何気に、ニンマリしています。


そうそう。

なんと、これ。パターン1枚です!!私史上初めての「パターン1枚」です!
ウエストゴムを先に丸く円にしてから、ウエストに縫い付けるのが、少々面倒でしたが、とても簡単でありがたいパターンでした!

昨日の三男君のTシャツと一緒に送ってしまいたくって、猛ダッシュで裁断して縫ったので(って言い訳なんだけど)柄合わせ、なってません。(後ろ)

お手紙にも「あくまでも家着にしてね!柄合わせ出来てないからねー!」と書いておきました。

これから、猛ダッシュで、次を縫わなければいけないものが待ってるの!!
そういう意味で、これ、早々にアップしちゃった。(載せないで、写真撮り貯めておくと、次のものに、取り組む気力が沸かないのだ。)


ではでは、頑張りまーす!



[PR]
by chocotto-san | 2017-08-04 13:08 | お裁縫(コドモ服) | Comments(6)

3 brothers 1dog

映画のタイトルみたいじゃない???
「three brothers ,one dog」
ちょっと、泣ける系の。

でも中身は、甥っ子とふうちゃんだから、ちっとも素敵な映画ではない。
ドタバタ喜劇になってしまう。


d0289980_21450121.jpg

長男くん(右): muniのロックミシンで作る子供服(120)
次男くん(真ん中):Rick Rack 「こどもTシャツ」(100)
三男くん(左): ラ・スーラ 「カバーオール」(70)

背中側は

d0289980_07554254.jpeg
こんな感じです。 上に見えるは、ワン服。
d0289980_08381486.jpg
↑ ↑ ↑ 並べていたら、覗きに来たけど、食べ物じゃないので、すぐ飽きたお嬢さん。


生地: ドット・・・puririさんの「くれよんドット」
緑色・・・smileさんの「ラフィーリバー天竺のフォレストグリーン」
「40スパンフライス/フォレストグリーン」



この白い壁に貼り付けて写真撮影をしていたら、
夫「草間彌生さん的だね」と。

しかし、実物は、そんなスンバラシイ芸術的なものでもないし、
ましてや、「個性的すぎて、ちょっと・・・」
っていうほどのものでもなく、
割と可愛いと思う。
(あくまでも、私見)

★お裁縫ネタとして気になること★
以前、リックラックさんのTシャツを作った時から思っていたのですが、襟布が、本体に比べて
高さがありすぎる気がする。
なので、本体から、急に、襟布が反り立っているような印象を受ける。
一方、muniさんの本の方は、襟の高さも、120の長男くん用が、100サイズのリックラック次男くんより、高さも低くできている。
なので、本体に綺麗に沿っているように見えるような。

しかし、着てみたところを見たわけではないので
なんとも言えない。

これが、ママの手作り服との違うところ。

感想が、皆さんの参考になれなくて
すみません。
d0289980_09245404.jpeg

そうそう。カバーオールのボタンは、こんな色にしてます。

三男くんは、「どすこい系赤ちゃん」だったのですが、
先日のGWで会ったら、
「金太郎さん系」になっていた。
この服、とっても似合うと思う125.png

d0289980_09281018.jpeg
週末、野川公園に行って来ました。(夫の弟家族と)

夫の母校の横にあり
ここに来ると落ち着くそうです。


d0289980_09312809.jpeg
我が家のお弁当は、これ。
ピタパンに、ファラフェル(中東のコロッケみたいなものね!)を挟んで。
奥に見えるは、簡単サモサ(餃子の皮で作る)。
姪っ子家族が摘めるように。
d0289980_09304097.png

義理の弟さん家族と行きました。
夫、弟くんとキャッチボール。

姪っ子ちゃんに、あのリバティの服、やっと
渡せました。
息子ちゃんである甥っ子くんは、
ちーっとも、
動かない子で。

親が遊ぶぞーって言っても
「めんどくさ〜い。」と。

サッカーやるか。
やだ。
キャッチボールやるぞ。
やだ。
あっちまで行ってみよう。

それも、やだ。
お弁当だけ、食べてゴロゴロしたいとか言う。

授業参観で、鬼ごっこをやったらしいのだが、
見ていたら、
真っ先に
捕まって(走らないからこうなるのだ)
しかも、誰も追いかけないので、
鬼ごっこにならなかったそうだ。

すごい。

ある意味大物だ。

夫は、家に帰ってから、
「あれ、大丈夫かぁ?」とか
言ってたけど
私たちの常識で測っちゃあ、ダメだよー。
きっと、大物になる。

もしくは、蛭子さんみたいな。





[PR]
by chocotto-san | 2017-05-29 09:41 | お裁縫(コドモ服) | Comments(8)

Rick Rack ♦︎ グラニーバッグ(大)

在庫布をどうしよう・・・しまう場所がない・・・とぼやいていたら、母が「私にバッグを作って」と。
そこで、「大昔に買ったまま寝かせてあったパターンを使うチャンスは今だ!!」とばかりに、リックラックさんのグラニーバッグのパターンを使用してみました。

d0289980_20362730.jpeg
パターン : リックラック グラニーバッグ(大)
生地 :C&S ツイード(ブラック)と、帆布 (生成り)

コットンテープは、仕様書の指示通り、2.5ミリの厚さのものを近所(でもないけど)の洋裁やさんで買いましたが、これは、あまりお勧めできないかも。何しろ、硬い・・・。今日、C&Sさんのお店に行き、使ったものと、お店で売られているものと触り比べてみたら、厚みは同じなのに、柔らかくて、しなやかで、扱いやすそうだった。
かろうじて、針折れませんでしたが、ドキドキしたので、次回からは、C&Sさんのを使うつもり(←覚書として)


脇と底布を帆布にしたのは、表のウール生地との「異素材」の組み合わせが、案外、可愛いのでは?!と思ったから・・・なんだけど、どうなんでしょう?!?! 

イマイチ、新鮮でも斬新でも、可愛くもなんともない組み合わせなような(笑)。
d0289980_20572551.jpeg
帆布のところには薄手の接着芯を貼り、表面のツイード生地のところは、それよりは、少し厚手の接着芯を貼るつもりだったのだが、その厚手の接着芯。使い慣れない接着芯だったためか、なぜか、アイロンするたびにヨレる、ヨレる・・・。
作業している時は、変なのを摑まされたか?と商品のせいにしてしまいましたが、もしかしたら、温度が高すぎたのかも・・・と、今さら思い当たる節がないわけではありませぬ。
剥がして、(使ってないものも含めて)「こんなもーん!」と腹立たしい思いをしながら捨ててしまったことを反省中です。

結局、こんなふうに、薄手の接着芯を貼ったのですが、バッグの形があまり綺麗に出てないですね・・・。
でも、私は、クッタリ系も好きなので、これはこれで良し!ということにします。

裏布あり仕様でした。ポケットの口部分は、ゴムでクシュクシュ・・・とします。
d0289980_21060220.jpeg


ポケットの布は、ポランカのリネンさんの生地。

母にあげる前に、2日使っちゃった。 明日、プレゼントするつもり・・・なんだけど、さっき、写真を送ったら「え?!肩からかけたかったのに・・・」と言われてしまった。
オーマイゴーッ。 また近いうちに、肩からもかけられる持ち手長めのバッグ作りますからねー、ひとまず、これでー。
ちなみに、ツイードも帆布もリネンも、余り布ですが
在庫量はさほど変わらない〰😞💦




[PR]
by chocotto-san | 2017-02-25 21:10 | お裁縫(小物) | Comments(4)

Rick Rack ♦︎ ベビーTシャツ・・・④

今日は、寒かったですねー。東京は、12月末ほどの気温しかなかったのだとか。
雨も降っていたし、今日は、一歩も外に出なかった。

ワンの散歩ですか? それがですね・・・・ワンには、 「雨だよ」と 言うと、なぜか、彼女、散歩の催促を一切しないのであります。


そうなのです。うちのワン、「雨」の意味を理解しているようなのです。

犬の言語理解力の話が出たついでに。こんな言葉もわかります。

それは 「ちょっと、どいてて?」 です。

お台所にやって来て、じーっと手元を見ていることがあるのですが、邪魔だなぁ・・・と思って、試しに「ちょっとどいててくれる?」と言って見たら、ササッと下がった。

まぐれかな?と思ったのですが、それ以降、何度も試すけど、やっぱり 「ちょっと、ふうちゃん、どいてて。」っていうと、下がる。 健気なくらい、聞き分けがいい。  なんなんだ? この聞き分けの良さ。

(私が犬だったら、口ごたえ、とか、言い訳、とか、一回はする、と思う)


と。 随分、お裁縫ネタとは関係ない話になってしまいましたが、今日は、そんなわけでお裁縫を黙々とやっておりました。

おかげで 甥っ子次男君に完成させることができました。

甥っ子(90サイズ)。

d0289980_113206.jpg


先日、長男くんに作ったので、次男くんにも・・・と慌てて作成。
(なぜなら、明日、遠路はるばる、実家に弟家族が来ることになったので。)


さて。作った感想。

接結の生地は、気持ちいい肌ざわりなのですが、縫うのは少し、苦手意識があり、今回も、それが払拭されたわけではありませんでした。 

それから、襟から肩に掛けてのパイピング。 これは、接結の生地に比べて、とても厚みがあり、さらに、生地を包む(4つに折る)うちに、その厚みの、さらに4倍になるわけで、「そういえば、私、ニットのパイピングって苦手だったんだった!」と思い出したのですが 明日のプレゼントに間にあわせるには、パターンの変更は不可! というわけで、強行突破。


とはいえ、今回は、強い味方があります。

それは、段付き押え(抑え?)。


実は、最初、段付き抑えの存在を軽視しており、買ったはいいが、使わず縫って見た。 納得いか〜ず。

不承不承、リッパーで糸をほどき(接結の糸ほどきは、縫うこと以上に苦手)段付き抑えに変えて縫って見たところ、「使用しない」よりは、綺麗に縫うことができました。
あくまでも、自分レベルの話なのですが・・・。

当時、何もわからず、右1、右、1.5ミリ、右5ミリ・・・と買ったのですが、左こそ、欲しかったかなー。

なんとか1日で完成させた服は、冬服というよりは、下着みたいな、薄着のものですが、在庫布も少し減ってやれやれ・・・です。 (ところで、布はどこのかな?C&Sさんだったかしら? )

さてさて。

今日は、この引き籠りした1日のおかげで、自分用のボトムスも一つ完成させることが出来ました。

明日、お天気が良ければ、写真を撮ってアップ
したいと思います。

お時間があれば、見てやってくださいませ。
[PR]
by chocotto-san | 2016-11-12 09:39 | お裁縫(コドモ服) | Comments(0)